記事掲載のお知らせ

感謝と地域の想いを伝えるローカルマガジン「ゆざわ人」に記事が掲載されております。ふるさと納税をした方に送られる湯沢市発行の季刊誌になります。湯沢で暮らす人に焦点を当て様々なジャンルの人たちに焦点が当たっています。そのため七代目・高橋のインタヴューが中心となっておりますが、ヤマモの商品や取り組みのみならず、ファクトリーツアーについても詳しくご紹介をいただいております。記事内容を以下にご紹介をいたします。ぜひ、ご覧ください。


Notice of Article Posting

An article is posted on the local magazine "Yuzawa-Jin" who communicates appreciation and local feelings. It will be a quarterly magazine issued by Yuzawa City sent to those who have taken taxes. I focus on people living in Yuzawa and focus on people of various genres. For that reason, interviews with Takahashi are the centerpiece of the seventh generation, but not only for Yamamo's products and efforts, but also for factory tours are introduced in detail. I will introduce the content of the article below. Please take a look._mediainfo


文章發表的公告

一篇文章張貼在當地的雜誌“湯澤人”上,他們傳達了感恩和當地的感受。 這是由澤澤市發給那些已徵稅的季刊。 我專注於生活在湯澤的人,專注於各種流派的人。 因此,與高橋的訪談是第七代的核心部分,不僅對於Yamamo的產品和努力,還對工廠參觀進行了詳細的介紹。 我將介紹以下文章的內容。 請看看







◎感謝と地域の想いを伝えるローカルマガジン「ゆざわ人」

”伝統産業である日本の醸造業、その価値を世界に伝えたい。”

ヤマモ味噌醤油醸造元 / 睫亶臾床饉
常務取締役
盒供‖戮気鵝37歳)

醤油・味噌の蔵元として150年続く老舗で、代々継承される名跡「盒玉仆」の7代目。地域で愛され続けてきた味を守りながら、世界市場への新たな展開を目指している。


◎ Local magazine that conveys appreciation and local feelings "Yuzawa people"

"I want to tell the world the value of the brewing industry in Japan, which is a traditional industry."

Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / TAKAMO & Corp.
Managing Director
Yasushi Takahashi (37 years old)

It is a long-established store lasting 150 years as a sauce and miso brewer, the seventh generation of the famous race "Mosuke Takahashi". While pursuing the taste that has continued to be loved in the region, we are aiming for a new development to the global market.


◎傳達欣賞和當地情感的本土雜誌“湯澤人”

“我想告訴世界,在傳統產業的日本的釀造行業的價值。”

Yamamo味噌醬油釀造商 / 睫亶臾床饉
董事總經理
盒供‖戞37歲)

這是一個長達150年的醬油和味噌釀造商,著名種族“盒玉仆”的第七代。 在追求在該地區繼續受到愛好的品味的同時,我們也致力於全球市場的新發展。





”伝統産業ベンチャーの礎”

 幕末の時代から、「盒玉仆」という名跡を代々受け継ぐ老舗の味噌醤油醸造元が、秋田県湯沢市にあります。そんな家系に生まれながら、「若い頃は、全く継ぎたいと思いませんでした。」と言う、盒兇気鵝しかし、心のどこかで「罪の意識」のようなものがあったそうです。
 盒兇気鵑蓮高校卒業後に千葉大学のデザイン工学部に進学。故郷から離れ、様々な刺激を受け、バックパッカーとして海外へも旅行し、やりたいことや好きなことに没頭したと言います。それが後に、家業の新規市場開拓や海外展開に大きな影響を与えることになります。
 大学卒業後、秋田の家業を継ぐことを見据えて、東京農業大学の短期大学部(短期醸造学科)に入学。2年間、醸造学を学んだ後、大手醤油メーカーに入社。社会人として商品開発を学び、実家へと戻りました。その時、27歳。そこで、故郷の現実と向き合うことになります。実家の現場は、これまで学んできたことと違うことばかりで、苦悩したと言います。


"Foundation of traditional industrial venture"

From the end of the Tokugawa period, a well-established Miso soy sauce brewer that inherits the famous "Takahashi Mosuke" from generation to generation is in Yuzawa City, Akita Prefecture. While born in such a family, Takahashi says "When I was young I did not want to succeed at all." However, somewhere in my heart there seemed to be something like "consciousness of sin".
Takahashi entered the Faculty of Design Engineering at Chiba University after graduating from high school. Saying away from home, being stimulated variously, traveling abroad as a backpacker, he said he was absorbed in what he / she wants to do and what he likes. It will have a major impact on the development of new markets in the family business and overseas expansion later.
After graduating from university, I entered the Department of Junior College (short-term brewery course) of Tokyo Agricultural University with a view to succeeding Akita's family business. After joining a major soy sauce maker after studying brewing studies for two years. I studied product development as a society and returned to my parents' house. At that time, 27 years old. Therefore, it will face the reality of my hometown. I say that my parents' site is distressed from what I have learned so far and suffered.


“傳統工業創業基金會”

從江戶時代起,“盒玉仆”繼承代代相傳的名跡是歷史悠久的味噌醬油釀造源,位於秋田縣湯澤。在這樣一個家庭出生的時候,高橋先生說:“年輕時,我根本就不想成功。”然而,在我心裡,似乎有一些像“罪的意識”。
高橋畢業後,高橋先生進入千葉大學設計工程系。出門在外,接受各種刺激,還到國外作為一個背包客,它說,沉浸在你想要做什麼和喜歡它。這將對以後的家庭企業和海外擴張的新市場的發展產生重大影響。
大學畢業後,由於預計接管家族企業的秋田後,他就讀於農業(短期醞釀部)東京大學短期大學。在研究醞釀研究兩年後加入主要醬油生產商之後。我研究產品開發作為一個社會,並回到我父母的家。那時候,27歲。因此,它將面對我家鄉的現實。我說我父母的網站對我迄今為止所學到的東西感到困擾,





”後継者としての苦悩と進展”

 「最初の1年が特に辛かったです。住む空間と働く空間が同じ環境であることも、ストレスでした。今思えば、自分で選択したはずなのに、色々なことをどこか親や家のせいにしていました。」と、塞ぎ込んでいた当時を盒兇気鵑録兇衒屬蠅泙后E豕での新規市場開拓や海外での事業展開というビジョンがまだ無い状態の中で、自身がそれまで学んできたことと現場のギャップを日々感じながら過ごしたと言います。
 そこでまず、盒兇気鵑呂任ることから行動を起こし始めました。 “ これまでのやり方や在り方に固執する人たちを説得し、古いものを改革し続けることでしか、前に進めません。苦しみが伴うプロセスだからこそ、それにチャレンジする意義があります。 ”最初は、会社のホームページやパンフレットの制作に取りかかりました。
 商品の味を変えたり、パッケージを新しくしたりすることは、既存の顧客・ファンがいるため、急にできることではありませんでした。一方、販売促進のツール開発なら会社としても問題無いということで一任され、自由にできたそうです。そこで、海外への販売を想定し、架空のデザインで外国人に向けてのホームページを展開したところ、お客様から反応があったと言います。
 “ アウトソーシングせずに、自分でやり始めたのが良かったです。会社のフィロソフィーや大切にしていることは、自分たちの言葉で伝えるべきだと考えています。特に私たちのように、製品が似通っている業界では、尚更その部分が重要になります。ワイナリーのように、自らの趣向と産業をミックスさせ、生き残っていくブランドづくりをしていきたいです。 ”


"Suffering and progress as successor"

"The first year was particularly painful, it was also stressful that the living space and the working space are the same environment.When I think now I think that I should have chosen by myself, but my parents and house owing a lot of things to something Takahashi will look back at the time he was occupied. In the absence of the vision of developing new markets in Tokyo and developing business overseas, he says he has spent the day feeling the gap between the scene and what he has learned until then.
First of all, Mr. Takahashi started taking action from what I can do. "Only by persuading those who adhere to past practices and manner and continuing reforming old things is not going forward because it is a process accompanied by suffering and there is significance to challenge it." At the beginning, We started on making homepage and brochure.
Changing the taste of products and renewing packages was not a sudden thing to do because there are existing customers / fans. On the other hand, if you develop tool for sales promotion, it was decided that it was OK as a company so that it could be done freely. Therefore, assuming sales to overseas, we developed a homepage for foreigners with imaginary design, it says that there was a reaction from the customer.
"It was good that I started doing it myself without outsourcing.I think that the philosophy of the company and what I care about should be conveyed in their own words.In particular when the product In similar industries, that part is more important, I would like to make brands that will mix my tastes and industries like a winery and survive.


“作為接班人的痛苦和進步”

“第一年特別痛苦,生活空間和工作空間是一樣的環境也是壓力的。當我想,我認為我應該自己選擇,但我的父母和房子因為很多事情高橋將回顧他被佔領的時間。在沒有在東京發展新市場,開拓海外業務的願景的時候,我說我花了一天時間感受到現場與我之前學到的差距。
首先,高橋先生從我能做的事開始採取行動。 “只有說服那些堅持過去的做法和做法,繼續改革舊事的人,才不會因為痛苦過程而有所改變,而且是有挑戰的。”一開始,我們開始製作主頁和小冊子。
改變產品的味道和更新包不是突然的事情,因為有現有的客戶/粉絲。另一方面,如果您開發銷售促銷工具,則決定將其作為公司可以自由完成。 因此,假設在海外銷售,我們為想像設計的外國人開發了一個主頁,表示有客戶的反應。
“我自己做的很好,沒有外包。我認為公司的理念和我所關心的應該用自己的話來傳達,特別是如果產品 在類似的行業,這一部分更重要,我想使品牌將混合我的品味和行業,如釀酒廠,並生存下來。





”世界に誇れる日本の醸造業”

 5年前から動き始めた、海外展開。その後、海外の市場調査を経て、ロゴマークやパッケージのリデザインを行い、外国語対応のオンラインショップも展開。その活動は、2013年度「グッドデザイン賞」にも選ばれました。海外を視野に入れた活動を続け、世界における日本の醸造業を客観的な視点で捉えるようになったと言います。そして、盒兇気鵑砲錬韻弔了般心兇生まれました。
 “ 日本人は、まだ醤油や味噌の魅力を海外で伝えきれていません。「味噌・醤油をつくる」という日本の伝統産業を日本人の手によって、もっと世界に誇れる文化的価値の高いものにできると私は信じています。先人たちの想いと共に、地域の自然・歴史・文化を受け継ぎながら、現在の日本の醸造業は成立しています。それを踏まえ、これから世界と共に生き残っていくのであれば、「自分たちが何者であるか?」という問いに改めて向き合うべき時だと考えています。 ”
 その中で、盒兇気鵑蓮嵬A后醤油をつくる」という営み自体に価値があると考え、醸造工場の体験を売る「ファクトリーツアー」を展開しています。醸造業の伝統を受け継ぐだけに止まらず、イノベーションを起こし続けるための取り組み。100年企業の新たな挑戦です。


"Japan's brewery industry proud of the world"

It began to move from five years ago, overseas deployment. After that, after overseas market research, we redesigned logo marks and packages, and also developed online shops for foreign languages. Its activities were also selected for the "Good Design Award" in 2013. We continue to engage in overseas activities and say that we have caught the world's brewing industry from an objective point of view. And Mr. Takahashi was born a sense of mission.
"The Japanese have not yet been able to tell the charm of soy sauce and miso abroad.The Japanese traditional industry of" making miso and soy sauce "to be more proud cultural value proud of the world by Japanese hands I believe I can. Together with the desires of the predecessors, the inheritance of the local nature, history and culture, the current brewing business in Japan is established. Based on that, if we are going to survive with the world from now on, we think that it is time to face the question "Who are we?"
Among them, Mr. Takahashi thinks that" creating miso and soy sauce "has value in itself, and develops a" factory tour "that sells the experience of a brewery factory. Efforts not only to inherit the tradition of the brewing industry, but to continue innovation. It is a new challenge of a company for 100 years.


“日本啤酒業為世界而自豪”

從五年前開始,海外部署。 之後,經過海外市場研究,我們重新設計了商標和包裝,並開發了外語網絡商店。 其活動也在2013年被選為“優秀設計獎”。 我們繼續從事海外活動,說我們從客觀的角度來看世界的釀造行業。 盒鏡萓乎太故算般心供 “日本人還沒有能夠說出醬油和味噌在海外的魅力。
日本傳統的製作味噌和醬油的傳統產業,以日本手為世界而驕傲的文化價值觀 我相信我可以。連同前輩的願望,地緣性,歷史文化的傳承,目前在日本的釀造事業已經建立起來了。 基於此,如果我們要從現在開始與世界一起生存,我們認為現在是時候面對“我們是誰? “
其中,盒鏡萓固О戞廟什醬油和醬油“本身俱有價值,並開發出售啤酒廠經驗的”工廠參觀“。 努力不僅繼承釀造行業的傳統,而且繼續創新。 這是公司100年來的新挑戰。



記事掲載のお知らせ

ローカルメディア3紙に記事が掲載されております。いずれも商品だけではなく、体験をパッケージにした“YAMAMO FACTORY TOUR”についても取り上げていただいています。弊社ヤマモを古くから知る地元の方々からも、ツアーにご参加いただければと思います。ぜひ、記事をご覧いただきたいと思います。


Notice of Article Posting

Yamamo's products were posted on "BEST OF PACKAGINGING IN JAPAN 2017 / Package Design Overviews 34". Miso's package does not have unified standard in the world, I think that we can improve still more. This package is a revolutionary type that can be used repeatedly with a tapper type, yet it can be degassed. We support overseas shipping. By all means, I would like to see the products posted._mediainfo


文章發表的公告

Yamamo的產品發佈於“BEST OF PACKAGINGING IN JAPAN 2017 / 包裝設計概述34”。 味噌的包裝在世界上沒有統一的標準,我認為我們可以提高更多。 這種包裝是一種革命性的類型,可以使用Tapper類型反複使用,但它可以脫氣。 我們支持海運。 總而言之,我想看到產品發布。





◎take up!

“伝統と革新。”

今年で創業150年目を迎えた、湯沢市岩崎にある味噌と醤油の老舗蔵元「ヤマモ味噌醤油醸造元」。目の前を流れる皆瀬川の伏流水を用い、7つの土蔵を利用して天然醸造で作り出された伝統的な秋田の味は、国内の他、ヤマモブランドと価値観を共有する海外の取引先とのパートナーシップで世界へ届けられている。2016年秋には、後継者の7代目高橋泰さんが事前予約制の有料見学ツアー「ヤマモファクトリーツアー」を開催。代々受け継がれてきた蔵や100年以上前に造られた日本庭園と、蔵のある岩崎地域や蔵元としての高橋家の歴史を紹介、約30年ぶりに復活した原料である大豆畑の見学などの企画が話題となり、海外からの見学者も増えている。「このようなツアーの取り組みをビジネスモデルとして確立し、将来的には周辺地域の蔵元にも呼びかけて、フランスなどのワイナリー巡りのように地域全体を観光できるような形にしていけたら」と、高橋さん。「単に商品を売るだけではなく、この土地ならではの景観や情緒、世界観を体験し、日本の醗酵調味料を文化的な存在として認知してもらうことで、新たなブランド価値を生み出し、観光地として発展できれば」と、伝統を受け継ぐだけではなく地域活性への貢献にも取り組む意気込みだ。次の休日は小さな町の蔵元で、五感を使って歴史や文化を体験してみては。


◎take up!

" Tradition and innovation. "
A 150-year-old founder of this year, Miso and soy sauce's old brewery located in Iwasaki, Yuzawa City, "Yamamo Miso Soy Sauce Brewer". Traditional Akita's taste produced by natural brewing using sea chestnut using underflow water of Minasegawa flowing in front of you is domestic and other overseas suppliers who share values ​​with the Yamamo brand It is delivered to the world with partnership with. In the autumn of 2016, Yasushi Takahashi, the seventh successor, held a Yamamo Factory Tour fee-based tour with advance reservation. We introduce the history of Japanese lanterns that have been handed down from generation to generation and over 100 years ago, the history of the Takahashi family as the Iwasaki area and warehouse of the warehouse, tour of soybean field, the raw material that was revived for the first time in about 30 years, etc. Planning has become a topic, visitors from abroad are also increasing. "If we can establish such a tour initiative as a business model and in the future call on the brewer of the surrounding area and make it possible to sightsee the whole area like a tour of a winery such as France, Mr. Takahashi. "We not only sell products, but also experience the landscape and emotions unique to this land, the world view, to have the Japanese fermented seasonings recognized as a cultural presence, thereby creating new brand values, selling tourist spots If we can develop as ", we are willing to work not only to inherit the tradition but also to contribute to local activity. The next holiday is a small town brewery, try using the five senses to experience history and culture.


◎take up!

"傳統與創新。"

今年慶祝其成立150週年,它是在歷史悠久的啤酒廠“Yamamo味噌醬油釀造源”的湯澤岩崎醬和醬油。使用皆瀬川流經眼睛前部的底土水,那是在天然釀造使用,除了國內,國外供應商共享Yamamo品牌和價值創造的味道7倉庫傳統秋田它已經與合作夥伴被傳遞到世界。在2016年秋天,我們舉行了7代高橋裕提前接班人唯一保留的付費之旅“Yamamo工廠參觀”。和日式花園,這是大象和超過100年以前建造的,已經從一代傳一代,引進高橋家的歷史岩崎區域和釀酒廠與大象,如大豆田,這是一種原料這是在大約30年復活首次之旅規劃成為一個熱門話題,而且有越來越多來自國外的遊客。 “這種努力的巡演的建立作為一種商業模式,在未來的呼喚各地啤酒廠的區域,形式做的時候,比如可以探索整個地區的酒莊,如法國”,高橋先生。“我們不僅銷售產品,還體驗到這片土地獨特的景觀和情感,世界觀,將日本發酵調味品認定為文化底蘊,從而創造新的品牌價值,銷售旅遊景點 如果我們能發展成為“,我們願意不僅繼承傳統,而且為當地的活動做出貢獻。 下一個假期是一個小鎮啤酒廠,嘗試用五種感官體驗歷史和文化。









◎marimari

“150年の歴史を体験”

「製品を買うだけでなく体験できる場を提供していきたい」と話す7代目の盒饗戮気鵝新しい取り組みとして、蔵元内を見学できる「ヤマモファクトリーツアー」を昨年からスタートした。 ツアーでは、「江戸末期から続くヤマモの創業者は、なぜ湯沢市の岩崎地区に蔵元を作ったのか。」その原点を、秋田三大伝説の一つである「能恵姫伝説」からひもとき、その手掛かりとして敷地内にある回遊式庭園を回り、当時に思いをはせる。さらに、150年の歴史を感じる蔵内を巡り伝統的な醸造工程をたどる。ツアーの最後は自社製品でつくった温かなスープとともに、みそ、しょうゆをガーデンカフェで試食。製品の詳細のみならず、創業から現在に至るまでの、1世紀半にわたる壮大な物語をじかに体験できる。 「弊社を取り巻く人々や土地に刻まれてきたルーツを尊重しながら、現代の視点を取り入れて、次世代に つないでいきたい」と盒兇気鵝


◎marimari

" Experience the history of 150 years "

"We would like to provide a place where you can experience not only to buy products," says Mr. Yasushi Takahashi, 7th generation. As a new initiative, we started "Yamamo Factory Tour" which we can see inside Kuramoto last year. On the tour, "Why did the founder of Yamamo that continued from the end of the Edo period make a brewery in the Iwasaki district of Yuzawa City?" The origin was taken from "Eikami Densetsu" which is one of the three major legends of the Akita, As a clue to that, I went around a grand garage in the premises and I thought at that time. Furthermore, it goes through the traditional brewing process around the warehouse where you feel the history of 150 years. At the end of the tour, we cook miso and soy sauce at the garden cafe, with a warm soup made with our own products. You can experience not only the details of the product, but also the magnificent story of the century and a half from the foundation to the present. "I will respect the roots engraved on the people surrounding our company and the land, and incorporate the modern viewpoint, I want to connect to the next generation," Mr. Takahashi said.


◎marimari

"體驗150年的歷史"

第七代高橋大山說,“我想提供,您可以體驗不僅購買產品的地方。”作為一個新的舉措,我們去年在Kuramoto看到了“Yamamo Factory Tour”。巡演,“Yamamo創始人隨後從江戶時代後期是,為什麼作出啤酒廠湯澤的岩崎區。”它的起源,從爆破是秋田三大傳奇“NoMegumihime傳奇”之一,作為一個線索,我在這個房間裡去了一個豪華的車庫,當時我想。此外,它經歷了傳統的釀造過程,圍繞著您感受150年曆史的倉庫。在遊覽結束時,我們在花園咖啡廳裡煮醬油和醬油,用我們自己的產品製作溫暖的湯。不僅沒有產品的詳細信息,從成立之初到現在,它可以直接體驗到壯觀的故事,在一個半世紀。 “在尊重已刻入人民和我們公司周圍的土地,納入來看現代點的根源,我想連接到下一代,”高橋山說。









◎秋田タウン情報

“若き当主が営む伝統×現代の味”

約150年、味噌・醤油造りを営む老舗醸造元。徹底した温度管理から旨み・甘みを調整する麹など、伝統の技が成せる味わいは、今なお地元の食卓に不可欠なものになっている。若き7代目・盒兇気鵑蓮◆屮筌泪發量と商品を県外や海外に広めよう」と、伝統の味はそのままに、手頃な容量でデザイン性の高いパッケージの商品を考案。新製品の開発にも余念がない。蔵元の営みを一般の人にも体験してほしいと、ファクトリーツアーも受け付けている。


◎Akita Town Information

" Tradition that young principal runs × Taste of modern times "

About 150 years ago, a long-established brewer who makes miso · soy sauce making. Traditional techniques such as koji to adjust taste and sweetness from thorough temperature control are now indispensable to the local dining table. Mr. Takahashi, a young generation, devised a product of a highly-designable package with affordable capacity, leaving the traditional taste intact, "let's spread the flavor and products of Yamamo to outside the prefecture and overseas." There is no doubt about the development of new products. We also accept factory tours if we want people in general to experience the work of Kuramoto.


◎秋田鎮信息

" 年輕主宰的傳統×現代口味 "

大約150年前,一個悠久的釀造商製作醬油醬油。 傳統的技巧,如曲子調整口味和甜度,徹底的溫度控制現在是當地餐桌必不可少的。 最年輕的高橋先生設計出了一款價格實惠的高品質產品,讓傳統的口感完好無缺,“讓我們將山藥的味道和產品傳遍國外。 對新產品的開發毫無疑問。 如果我們想要一般人來體驗倉木的工作,我們也接受工廠參觀。




記事掲載のお知らせ

「BEST OF PACKAGEGING IN JAPAN 2017 / パッケージデザイン総覧34」にヤマモの商品が掲載されました。味噌のパッケージは世界で統一された規格がなく、まだまだ改善の余地があるものと考えています。今回のパッケージはタッパータイプで繰り返し使うことができ、尚且つガス抜きができるという革新的なものです。海外輸送にも対応しています。ぜひ、掲載商品をご覧いただきたいと思います。


Notice of Article Posting

Yamamo's products were posted on "BEST OF PACKAGINGING IN JAPAN 2017 / Package Design Overviews 34". Miso's package does not have unified standard in the world, I think that we can improve still more. This package is a revolutionary type that can be used repeatedly with a tapper type, yet it can be degassed. We support overseas shipping. By all means, I would like to see the products posted._mediainfo


文章發表的公告

Yamamo的產品發佈於“BEST OF PACKAGINGING IN JAPAN 2017 / 包裝設計概述34”。 味噌的包裝在世界上沒有統一的標準,我認為我們可以提高更多。 這種包裝是一種革命性的類型,可以使用Tapper類型反複使用,但它可以脫氣。 我們支持海運。 總而言之,我想看到產品發布。










_Creative Director / Yasushi Takahashi
_Art Director / Yasushi Takahashi
_Designer / Yasushi Takahashi




◎BEST OF PACKAGEGING IN JAPAN / パッケージデザイン総覧

多種多様なパッケージ商品の最新パッケージデザインを収録
生活者にもっとも身近なコミュニケーションメディアとしてパッケージは再評価されています。「パッケージデザイン総覧」は多種多様なパッケージ商品の最新デザイン1,062点(協力会社255社)をオールカラーで一冊に収録。クリエーター、メーカーの商品開発担当者、デザインを学ぶ学生の方々もぜひご活用ください。

欧文対訳つきA4判/540ページ
【掲載している商品カテゴリー】化粧品・美容関連・トイレタリー、菓子・食品、医薬品・ヘルスケア、飲料・アルコール飲料、電気製品、日用品・雑貨・その他
【掲載情報】商品名、メーカー・販売会社名、容器・資材会社、デザイナー名、パッケージの素材


◎BEST OF PACKAGEGING IN JAPAN

Includes the latest package design of a wide variety of package items
The package has been reevaluated as the communication medium most familiar to the consumers. "Package design comprehensive" contains 1,062 new designs (255 subsidiaries) of a wide variety of package products in a single volume in an all color. Please also make use of creators, product development personnel of manufacturers, students who are studying design.

European translation accompanying A4 size / 540 pages
【Category of products listed】Cosmetics · Beauty · Toiletries, Confectionery · Food, Pharmaceuticals · Healthcare, Beverages · Alcoholic drinks, Electric appliances, Daily necessities · miscellaneous goods · others
  [Publication information] Product name, Manufacturer · Sales company name, Container / material company, Designer name, Package material


◎BEST OF PACKAGEGING IN JAPAN/包裝設計概述

包括各種包裝項目的最新包裝設計
該包已被重新評估為消費者最熟悉的通信媒體。 “包裝設計綜合”包含1,062個新設計(255個子公司)的各種包裝產品在一個單一的顏色。 還請利用創作者,製造商的產品開發人員,正在學習設計的學生。

歐洲翻譯A4尺寸/ 540頁
【產品類別】化妝品·美容·化妝品, 糖果·食品, 藥品·醫療保健, 飲料·酒精飲料, 電器用品, 日用品·雜貨·其他
  [出版信息]產品名稱, 製造商·銷售公司名稱, 集裝箱/材料公司, 設計師名稱, 包裝材




記事掲載のお知らせ

「日本VE(ヴァリューエンジニアリング)協会誌」に澤口学代表と七代目・高橋が巻頭対談で掲載されました。澤口さんとはかつてのイヴェントでお話ししたところ意気投合し、「不便益」という学問を伝統産業から語るという構想が実現しました。対談当日は工場や庭園をご案内しながらのお話が続き、要所要所で多くの共感があり、不便益と長く続く産業や文化の親和性を感じました。以下に長文となりますが、PHP出版の太田記者の記事全文を掲載しております。次世代に向かい何が必要となるのか、そのような領域まで話は続いていきます。ぜひ、ご覧ください。


Notice of Article Posting

A dialogue between former professor Sawaguchi and the seventh generation · Takahashi was posted on "Japan VE (Valie Engineering) Association magazine". When I talked with Mr. Sawaguchi in the former event, I realized the idea of speaking from the traditional industry the science of "unprofitable" by spiritual confrontation. On the day of the talks, the story continued while informing the factory and the garden, many empathy was found at the required points, I felt incompetence and affinity of the long-lasting industry and culture. It will be a long sentence, but I am transcribing the whole sentence. We will continue talking about such areas as what will be needed for the next generation. Please take a look._mediainfo


文章發表的公告

“日本VE(科爾多瓦劉工程)協會雜誌”於肇澤口靖教授,七代高橋採訪的出版。澤口的一拍即合是講在事件過去在談論得知,實現“不利於”從傳統產業,想法。聊天之後的演講,同時引導您完成整個工廠和花園,有很多的關鍵點同情,我感到一種親和力持久的產業和文化,而不是受益。它成為一個長句,但在其全部轉錄。什麼向下一代是需要什麼,聊到這些地區將繼續緊隨其後。通過一切手段,請訪問。




















◎日本VE協会誌『バリュー・コンピテンシー』2017夏号

【巻頭対談】
ローカルから世界へ「伝統」の価値を届ける


バリュー・イノベーション研究所代表
早稲田大学招聘研究員・兼担講師
CVS
澤口学

ヤマモ味噌醬油醸造元・7代目
睫亶臾床饉匸鑢骸萃役
盒饗

 秋田県南東部、山形や宮城と接する湯沢市は、冬は数メートルもの雪が積もる豪雪地帯であり、雪解け水を集める皆瀬川の周辺には古くから酒や味噌・醬油などの醸造元が設けられてきた。この地に慶応3(1867)年から続く「ヤマモ味噌醬油醸造元」がある。
 その7代目・盒饗抻瓩蓮天然醸造にこだわってきた老舗蔵元が秘める価値を掘り起こし、現代に通じる文脈で再定義(リブランディング)することで、伝統の継承・革新の両立を実現した人物として注目を集めている。蔵人として伝統に則った“つくり”を担うだけでなく、デザイン性に優れる商品開発も手掛け、さらにそれらの原点にある土地の文化や歴史、価値観を国内のみならず、世界に向けて積極的に発信している。こうした取り組みが高く評価され、2013年度グッドデザイン賞も受賞している。
 伝統産業の新たなモデルを打ち出し、ローカルと世界を結ぶ取り組みに邁進する盒胸瓩法■孱邸Γ圍劭稗擇離┘スパートであり、近年はこれらと「不便益」との融合に関する研究を行う澤口学CVSが迫った。


◎Japan VE Association magazine "Value Competency" 2017 Summer Edition

【Beginning Interview】
Deliver the value of the "tradition" from the local to the world


Representative of Value Innovation Research Institute
Waseda University invited researcher · cum attendant
CVS
Manabu Sawaguchi

Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company · 7th generation
TAKAMO & Corp. Managing Director
Yasushi Takahashi

Akita Prefecture, southeastern, is Yuzawa in contact with Yamagata and Miyagi, winter is a heavy snowfall that few meters of snow piled up, in the surrounding area of ​​Minase river to collect snowmelt been brewing source, such as sake and miso and soy sauce is provided for a long time It was. In this land continues from 1867 there is a "Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company".
People its seventh generation, Yasushi Takahashi is, dig the value of long-established has been stuck to the natural brewing brewery is conceal, by re-defined in the context leading to the modern (re-branding), which we achieve both of the tradition of inheritance and innovation It has attracted attention as. In addition to being responsible for tradition-based "making" as a warehouse, we also work on product development that excels in design, and also actively towards the world not only in Japan but also on the culture, history and values ​​of the land at their origin . These efforts have been highly evaluated, which also won the Good Design Award 2013.
Sakaguchi CVS, who is an expert in VE · TRIZ who is working on a new model of traditional industry and strives for efforts to connect the local and the world and recently conducts research on fusion of these with "unfriendly" It approached.


◎日本VE協會雜誌“價值競爭力”2017年夏季

[簡介講座]
從本地交付“傳統”的價值走向世界


價值創新研究所的代表
早稻田大學特邀研究員肯擔講護士
CVS
澤口學

Yamamo味噌醬油釀造商・七代
睫亶舖酘〇總經理
盒饗

秋田縣東南部,是湯澤與山形縣和宮城接觸,冬天大雪那雪幾米堆放,在皆瀬川的周邊地區,收集融雪已經醞釀源,如酒,味噌醬油提供了很長一段時間這是。在這片土地上,從1867年持續存在著“Yamamo味噌醬油釀造商”。
人到第七代,高橋靖是,挖掘老字號一直停留在天然釀造啤酒的價值是隱藏,通過上下文通往現代(重塑品牌)重新定義,這是我們達到既繼承和創新的傳統它已經受到關注。不僅負責“製造”符合傳統的啤酒製造商,還致力於產品的開發具有優異的設計,在其原籍的土地沒有進一步的文化和歷史,只有在日本的價值觀,積極向世界他們被送到。這些努力得到了很高的評價,這也獲得了優秀設計獎2013。
啟動傳統產業的新模式,以高橋,誰正努力連接本地和全球的努力,是VE的專家·TRIZ,做押尾澤口靖CVS是近年來這些“非利益”上的核聚變研究即將出台。





”変化を起こすために「ルーツ」に立ち返る”

:ヤマモ味噌醬油醸造元は、大政奉還が行われた慶応3(1867)年に創業しました。湯沢市岩崎という場所は、鎌倉期には岩崎城の城下町、その後は宿場町として栄え、そばを流れる皆瀬川では古くから水運業や問屋業が盛んで、清らかな水や米どころという土地の特性を活かし、酒や味噌・醬油の醸造も広く行われてきました。初代・盒玉仆はこの地で事業を興し、150年後を生きる私がその7代目となっています。
 しかし、私自身は元々、家業を継ぐつもりはありませんでした。建築家に憧れていた私は、大学で建築を学び、休みになれば、バッグ1つ持って様々な国を旅するなど、自由気ままに過ごしていました。やがて就職を考える時期になり、自分の夢と家業を継ぐことの間で揺れ、最終的に後者を選んだ私は、東京農大に再入学し、大手醬油メーカーを経て、27歳の時に秋田に戻ってきました。しかし、最初の1年はローカル、老舗、家業といった様々なものをネガティブに捉えて理想と現実のギャップに苦しみました。
 転機となったのは、会社のパンフレットを自作したことでした。業者のデザイン案に満足できず、自分の感性を信じてより良いものを作り上げたことがきっかけとなり、以後はあらゆることを自分で変えていくようになったのです。
 しかし、変化させるにも、最初は思考の軸がなかった。そこで目を向けたのが「ルーツ」でした。地域の醸造元が廃業していく中、150年も事業が続いてきた理由に思いを巡らせ、創業から現代に至る歴史をはじめ、地域の風土や食を含めた文化、人々の思いなどについて学び、思考の軸を作り上げていきました。


”Return to "Roots" to make a change”

Takahashi:Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company was founded in Keioi 3 (1867) where the Great Government was held. The location called Yuzawa Iwasaki is a castle tower of Iwasaki castle in the Kamakura period, and then prosper as a lodging town. In the Minasegawa where it flows by soba, water transport industry and wholesale business are thriving for a long time, and the characteristics of the land called clean water and rice fields Utilizing sake, miso · soy sauce has been widely brewed. The first generation · Mosuke Takahashi established business in this area, I am the seventh generation who lives 150 years later.
However, I myself did not intend to take over my family business. I longed for an architect, I learned architecture at the university and, when I was on holiday, I had a bag and traveled in various countries, I was living freely. Eventually, it was time to think about employment, swayed between my dream and succession of my family business, and finally choosing the latter I re-entered at Tokyo University of Agriculture, after a major oil maker, at the age of 27 in Akita I'm back. However, in the first year I suffered from the gap between ideal and reality by grasping various things such as local, long-established store, and family business negatively.
The turning point was that I made my own pamphlet. I could not be satisfied with the design proposal of the vendor, believing in my own sensibility and making better things became a trigger, after that I changed all things myself.
However, even at the beginning, there was no way of thinking at the beginning. That's why I turned my eyes to "roots". While local brewers are going out of business, learn about the reason why the business has continued for 150 years, learn about the history from foundation to modern day, the culture including local climate and food, the thoughts of people , I built up the axis of thought.


”返回到“根”,以引起變化”

高橋:Yamamo味噌醬油釀造油源,成立於1867年,其大政已經取得進展。湯澤岩崎的位置,是在鎌倉時代四郎岩崎城下町,然後蓬勃發展的驛站,蕎麥從遠古時代的皆瀬川流經興旺水路運輸企業和批發業,清潔水和產地大米的土地服用性能的優勢,它已被廣泛執行也在醞釀清酒,味噌,醬油的。主高橋茂助已經引起了企業在這方面,我住之後的150年間成為其第七代。
不過,我自己本來,並不意味著接管家族生意。我一直渴望的建築師,在大學學習建築,如果剩下的,如旅行到不同的國家有一個袋子1,度過無憂無慮的自由。很快成為一個時間去想工作,之間的接替他們的夢想和家族企業搖曳,最終我選擇了後者,並在東京農業大學在27歲的時候重新註冊,通過大醬油廠商,在秋田我回來了。然而,第一年很痛苦的地方,歷史悠久的,理想和現實捕獲的差距各種事物的否定,比如家族企業。
它成為了轉折點,是你自己的公司的宣傳冊。不能滿足於設計方案的供應商,我們已經創建了一個更好的相信自己的感性是一個機會,我後來才打算自己改變了這一切。
然而,也改變,最初有沒有軸向的想法。所以是一個眼睛是“根”。在釀造源區走出去的企業,投機思想,為什麼連的150年間一直跟著業務,包括歷史,導致從成立之初的現代化,學習文化,包括文化和食品領域,比如有人會想到,我去彌補思想的軸。





”革新の上に成り立つ伝統産業”

澤口:そこで得た気づきとは何でしょうか?
:例えば、仕込み水について探るうちに、室町時代から伝えられる皆瀬川の「竜神と能恵姫(のえひめ)の伝説」に出会い、当社の敷地内にある日本庭園に設けられたお社とのつながりに気づき、先人が水の恵みに感謝し続けてきたことを知りました。また、中興の祖でもある4代目・彦四郎は、晩年、味噌や醬油を売るべく全国を行脚し、旅を通じて自らの人生を豊かにしていました。
 何より、昔から何も変わらないと捉えていた味噌や醬油造りが、実は先代や蔵人たちが連綿と紡いできた革新の上に成り立っていることを知りました。伝統産業でありながら、多分にベンチャースピリットにあふれていたのです。こうした気づきから生まれたのが、「Life is Voyage〜人生は航海である」という企業理念です。
澤口:しかし、醬油や味噌といった調味料は、時代のニーズに合わせて微調整することはあっても、基本的に「昔から変わらない味」が求められる、つまり使用者は変化を望まないという特徴があります。こうした矛盾する条件がある中で、どのように革新を進めていったのでしょう?
:時間をかけて少しずつ、ですね。基本的にお客様の大半は昔から使い続けてくれている地域の方々です。冬が長い秋田では保存食に大量の塩が使われていましたが、反面、脳卒中の割合が高く、早くから塩分控えめの商品が作られていました。「減塩」に加え、土地柄好まれる「甘み」といった当社のアイデンティティはぶらさないよう、定番商品は昔ながらの味を大切にしています。
 一方で、私が自らの力を活かせると考えたのが「海外」でした。「日本のローカルのものづくりが世界でどう評価されるのか」という問いを起点に、様々な国の展示会に参加し、そこで厳しい指摘を受けつつ新たな商品開発に取り組み、パッケージデザイン、容量、ブランドの伝え方なども模索しました。また、日英中の三カ国語によるブログやオンラインショップなどを通じて、私たちが大切にしてきた様々な価値を世界に向けて発信しました。
 さらに、価値の伝え方ではリアルな体験も重要だと考え、蔵元の歴史ある建物の中にショップを設け、実際に醬油や味噌の香りに包まれながらローカルのものづくりの臨場感や雰囲気を体感してもらう「見学ツアー」を始めました。また、自分自身で日本庭園の改修も行い、こちらも見学ツアーに組み込み、商品の背景にある北国の自然や文化を体感してもらっています。こうした取り組みが各所で注目されるようになり、私たちのものづくりに共感してもらえる国内外のパートナーが少しずつ増えていったのです。


”Traditional industries based on innovation”

Sawaguchi: What is the awareness I got there?
Takahashi: For example, while exploring about stock water, we met "Legend of Ryujin and Noehime" from Muromachi period, and we founded a company established in the Japanese garden in our premises I realized that the forerunners continued to appreciate the blessing of the water. In addition, the fourth generation, Hakushiro who is also the founder of Chungxing, went throughout the country to sell miso and oil and later enriched her life through traveling.
More than anything, I have learned that miso and soy sauce brewed which I regarded as not changing from long ago is actually based on the innovations cotton and spinning by the past and the Kuran. Despite being a traditional industry, I was probably overflowing with venture spirit. What came born from this awareness is the corporate philosophy of "Life is Voyage".
Sawaguchi: However, although seasonings such as kerosene and miso may be fine-tuned according to the needs of the times, basically "a taste unchanged from the past" is required, that is, the user does not want change There is a feature. Amid such contradictory conditions, how did you proceed with innovation?
Takahashi: Little by little, over time. Basically most of our customers are people from the region who have been using for a long time. In Akita long in winter, a large amount of salt was used for preserved meals, but on the other hand, the proportion of stroke was high, and products of salty lower prices were made early from the beginning. In addition to "reduced salt", the classic products cherish the old taste so that our identity such as "sweetness" preferred by the land pattern is not hanging.
On the other hand, I thought that I could make use of my own power was "overseas." Based on the question "How will local local manufacturing in the world be evaluated in the world" starting from the question of participating in various national exhibitions, undertaking a new product development under severe points there, packaging design, capacity, brand I also sought how to tell. In addition, through various blogs and online shops in three languages ​​in the UK, Japan, we have disseminated the various values ​​we have cherished to the world.
Furthermore, thinking that a real experience is also important in the way of communicating value, we set up a shop in the historic building of Kuramoto, and actually experienced the presence and atmosphere of local manufacturing, wrapped in scent of soy sauce and miso "Factory Tour" began. In addition, we also carried out renovation of the Japanese garden by ourselves, we also incorporated it in factory tours, and experienced the nature and culture of the north country which is the background of the product. These efforts became noteworthy in various places, and domestic and foreign partners who can sympathize with our manufacturing are increasing little by little.


”這對創新的頂部擁有傳統產業”

澤口:因此獲得什麼意識到?
高橋:例如,在一個探索充電的水,在你的公司,這是提供給日本庭園在公司的網站連接從室町時代“龍和能恵姫傳奇”,發送皆瀬川會議注意到,我們了解到,我們的前輩已經持續升值的水的恩典。此外,第四代,彦四郎,這也是蘇聯,晚年的復興,為了賣醬和醬油在全國的朝聖之旅,已經通過旅程,豐富自己的生活。
最重要的是,味噌和醬油的建築,已被視為沒有什麼從舊時代的變化是,其實前任和啤酒生產商,我們了解到,它是建立在創新,這已經脫離不間斷。然而傳統產業,這是充滿了冒險精神也許。從這種意識誕生是企業理念“Life is Voyage〜人生是一個旅程。”
澤口:但是,其特徵在於,調味品,如醬油,味噌,即使是微調,以適應時代,基本上是“味道並不很長一段時間而改變”的需求是必需的,換句話說,用戶不希望改變有。在這樣的矛盾存在的條件,我將如何去推動創新?
高橋:一點一點隨著時間的推移,它是。大多數主要的客戶是在社區表示願意繼續使用很長一段時間的人。雖然冬季已經在漫長的秋田使用了大量的鹽來醃製食物,而另一方面,中風的比例高,它已月初鹽少量產品。除了“低鹽”,以免被如選擇土地格局我們的身份模糊的“甜頭”,規範項目珍惜老式的味道。 在另一方面,我認為能夠利用自己的力量是“海外”。從這個問題開始“如何在日本本土世界製造業正在評估”,參加了此次展會各國,存在強烈的指出了新產品開發的努力,同時接收,包裝設計,容量,品牌也有人探討諸如如何分辨。此外,如通過英日在三國語言的博客和在線商店,我們對各種各樣的價值已在世界上被重視被送往。
另外,認為是如何傳遞的價值,在啤酒廠的歷史建築提供的店,居然裹著醬油,味噌而香味體驗的現實感和氛圍的地方生產具有重要的現實經驗得到了“遊”開始。此外,我們還修在自己的日式花園,在這裡也被納入了旅遊,我們得到了體驗北方各省的自然和文化產品的背景。這些努力是為了吸引眼球在不同的地方,我們的國內和國際的合作夥伴,我同情使事情發生了多一點。





”不便益と改善”

澤口:私は今、専門であるVEやTRIZとともに、日本VE協会を通じて「不便益」の研究も行っています。これは不便の中にひそむ様々な効用(不便の益)を考えるものですが、北国の自然や昔ながらのものづくりは、不便なことも多いと思います。
:「不便益」は私が考えてきたことと非常にリンクしており、大変興味があります。例えば、この地域では、時には軒の高さまで雪が積もることもあり、そうなれば人々は何もできなくなり、長い時間、雪かきや雪おろしという非生産的な作業に力を割かなければなりません。たしかにメリットもありますが、生活する場所としては合理的ではない。しかし、北国の人々はこの不条理な自然を受け入れ、暮らしてきました。
 また、売上や効率を考えれば、機械化して量産することが合理的です。しかし、私たちは時間と手間のかかる一見不合理な作り方を続けてきました。こうした矛盾や不合理・不条理を肯定し、そこから創造性を働かせていく姿勢の中に、次の時代につながるヒントがあるように感じています。
 例えば、日本庭園を公開したこともそう。従来は古くさいとネガティブに捉えていたものをポジティブなものとして捉え直し、定義を転換した結果、海外からの見学者には喜ばれ、私たちのブランドを伝える意味でもいまや大きな役割を担っています。
 あるいは、豪雪地帯というネガティブに捉えられがちな要素も、一方では雪の下で農作物を貯蔵・熟成させる雪中貯蔵・雪中熟成という手法がある。物事の見方や発想を転換することで、ネガティブな要素をポジティブに変えていくことができれば、今までになかった価値をたくさん生み出せると考えています。
澤口:例えば、昭和の頃、大量生産・大量消費の方向に流されて、合理的な生産方法を導入していたら、「ヤマモ」ブランドの価値は失われていたかもしれません。当時は時流に乗れていないと批判されたかもしれませんが、それが失われずに済んだことで、今は最大の強みとして活かせていますね。
:ひとくちに伝統といっても良いものばかりではなく、維持していくために骨の折れるものもたくさんあります。しかし、先代である父が残してくれた膨大な素材があるからこそ、私はそこに創意工夫をのせられるわけで、その意味ではとても感謝しています。
澤口:それもまた「不便の益」と言えるかもしれませんね。


”Inefficiency and Improvement”

Sawaguchi: I am currently conducting research on "unfriendly" through the VE Association of Japan, together with specialized VE and TRIZ. This thinks about various utilities (inconvenience gains) that make you feel lost in the inconvenience, but I think that it is inconvenient for nature and old-fashioned manufacturing in northern countries.
Takahashi: "Unprofitable" is very linked to what I have been thinking, and I am very interested. For example, sometimes snow accumulates to the height of the eaves in this area, people will not be able to do anything, and we must devote ourselves to unproductive work such as snow plowing and snow melting for a long time. There are certainly merits, but as a place to live it is not reasonable. However, people in northern countries have accepted this absurd nature and have lived.
Also, considering sales and efficiency, it is reasonable to mechanize and mass-produce. However, we have continued to make time-consuming and time-consuming seemingly irrational ways. I feel that there is a hint leading to the next era in affirmation of such inconsistency, irrationality / absurdity, and the attitude to work creativity from there.
For example, it seems to have opened a Japanese garden. As a result of redefining what was conventionally considered as old and negative as positive and transforming the definition, it is pleasing to overseas visitors and now has a big role in conveying our brands.
Alternatively, there are techniques that are often caught as negative in heavy snowy areas, on the one hand storage and aging of agricultural crops under the snow, storage in the snow, and ripening in the snow. We believe that if we can change the negative elements positively by changing the way of thinking and thinking of things, we can generate a lot of values that we have never had before.
Sawaguchi: For example, in the Showa era, the value of the "Yamamo" brand might have been lost if it was swept in the direction of mass production and mass consumption, introducing a reasonable production method. It may have been criticized as not being able to ride in the current time at the time, but as it was done without losing it, we can make use as the greatest strength now.
Takahashi: There are not only good things to say about tradition alone, but there are also many things that can be painstaking to maintain. However, because there are huge materials left by my father who was the predecessor, I can devise ingenuity there, and I am very grateful in that sense.
Sawaguchi: That may also be said as "inconvenience benefits".


”改善,而不是效益”

澤口:我現在,隨著VE和TRIZ是一個專業,我們也研究了“非利益”,通過日本VE協會。這是你認為的各種工具潛伏在不便(甕彭不便),但性質和北部老式工藝常常認為不方便。
高橋:“沒有益處”鏈接,非常,我一直在想,有很感興趣。例如,在這方面,也有,有時積雪堆積到屋簷的高度,人們將不再能夠做任何事情,如果這樣,時間長了,必須在鏟雪除雪的非生產性工作奉獻一份力量。當然也有一個好處,它是不是合理,是因為住的地方。然而,北部的人民接受這個荒唐的性質,我一直在看家。
此外,考慮到銷售和效率,這是合理的大規模生產和機械化。然而,我們繼續看似不合理如何使時間和勞力。這樣的矛盾,肯定不合理的,荒謬的,在一個姿勢,將發揮創造力從那裡,感覺就像有一個暗示,引出了下一個時代。
例如,因此也已出版了日本庭園。按照慣例,重新捕獲什麼在負和老式作為一個積極的事情拍攝,作為定義的轉換的結果,令人高興的是來自國外的遊客,現在也起著意義上的重要作用,告訴我們的品牌。
備選地,捕獲元件趨向於負的是大雪也,在另一方面還有一個技術,雪在存儲和雪的老化的存儲和在雪地成熟的莊稼期間。通過轉換的事情的看法和想法,如果你能在地方的積極和消極因素的走了,我們認為填補了很多的價值是不是到現在為止。
澤口:例如,昭和左右的時間,在大量生產和大量消費的方向流動,當我介紹了一個合理的生產方式中,“Yamamo”的品牌價值可能已丟失。但有可能被批評為沒有在當時就趕上拿到,難道是他沒有丟失,我已經開始利用作為最大強度的就是現在。
高橋:不僅什麼可以說,傳統咬,也有很多事情,為了艱鉅的維護。然而,正是因為有我父親給我留下了前任材料的大量的,我在那裡不能在別出心裁的說,在這個意義上,我們非常感謝。
澤口:你可能會說這也是“有益的不便”。





”味噌・醬油の文化的立ち位置を引き上げたい”

澤口:お話を聞いていると、時代に合わせて変えていくもの、変えないものを見極めながら、改善・革新を続けられてきたように感じます。現場の「改善」についてはいかがしょう?
:1つは、見学ツアーを始めたことで、新たに採用する職人には「蔵元という舞台で活躍する役者のように、新しい蔵人像をつくってほしい」と話しています。酒蔵では従来から見学など外部の人間を受け入れ、杜氏にもフォーカスが当たっていますが、味噌・醬油蔵は、人も場所もフォーカスされる機会はほとんどありません。近年は従事者不足の問題もはらんでいるため、職に対するイメージや働き方を改善していきたいと思っています。
 特に、蔵人は最終的なお客様を含め外部との接触が少ないため、ここ数年は様々なイベントに蔵人を連れていき、内面の変化も促しています。例えば、2016年3月に日本橋三越本店で、新商品販売とともに、当社の歴史や企業理念、商品づくりに関する展示を行いました。こうした場でお客様やバイヤーなどと会話を交わすことで、新たな気づきや発見、あるいはニーズを見いだしてもらう。今後も蔵人には様々な体験を提供していきたいと考えています。
 見学などを通じて海外の方々と接点を持つことも新たな気づきにつながります。例えば欧州には、ワインのように生産地やワイナリーごとに特徴が異なり、それらの違いを楽しむ文化があります。日本の場合、全国に醬油や味噌の蔵元がありますが、日常の中にある「当たり前」の商品であり、その地域だけで消費されることも多いため、日本酒のように「違いを楽しむ」という文化はそれほど根づいていません。こうしたところにもまだ開拓する余地・余白があると考えています。
 海外の方々にとっては、昔ながらの日本のローカルの味を提供するだけでは「使う」というところまで至らないため、彼らの食文化にも乗せられるような提案をすることも海外展開のポイントだと考えています。例えば、ニンニク、バジル、セージ、トウガラシ、ローリエを漬け込んだ醬油『焦香』(こがれこう)などの商品を肉料理やパスタ、フライなどと一緒に提供する、といった提案を行っています。
澤口:7代目として新たに手掛けられた商品についてはどのように展開されているのでしょう?
:こちらに関しては、国内向け・海外向けと区分けせず、全方位に対して訴求できる統一したコンセプトやデザインで提案しています。グッドデザイン賞をいただいた小振りな瓶につめた商品は、スーパーなどで売ることは想定していません。
 元々、食事の延長線上にあるライフスタイルを提案することまで考えてデザインしているため、アンティーク家具のお店など、従来の味噌や醬油のイメージとは異なる場所で販売したいと考えています。味噌や醬油は実用性ばかりに目が向けられてきましたが、「新しく暮らす場所には、こういったデザインの醬油があったら良いよね」など、部屋のテイストにも合わせて選んでもらえるような商品にしたいと考えています。
 私は、味噌や醬油の文化的立ち位置を総合的に引き上げていきたいと考えています。そうすることで、味噌や醬油の価値もより広がりを見せていくと思うからです。
澤口:そのような斬新な提案も、蔵元の「ルーツ」から連綿と続いてきたイノベーションの延長線上にあるわけですよね。基本にはローカルのものづくりがあり、それを研ぎ澄ますことで差別化を図っている。さらに、見せ方や伝え方の改善を通じてブランドとしての価値を強化し、文化的立ち位置を総合的に引き上げていこうと。素晴らしいですね。


”I want to raise the cultural standing position of miso and soy sauce”

Sawaguchi: As I listen to the story, I feel that I have continued improvements and innovations while looking at things that change according to the times, those that do not change. What about "improvement" on the site?
Takahashi: First, as I started the tour tour, I am talking to a craftworker who newly adopts, "I want you to make a new collection of figures like actors who are active in the stage called Kuramoto." In the sake brewery traditionally accepted outside people such as a tour and focused on Duji, but there are few opportunities for focusing on people and places in Miso / Oil Storage. In recent years there are also problems of insufficient workers, so I would like to improve the image and work way for jobs.
In particular, since the warehouse has little contact with the outside including the ultimate customer, in the last few years we have brought the warehouses to various events and encouraging change in the inside. For example, in March 2016, Nihonbashi Mitsukoshi head office exhibited new products and exhibited our history, corporate philosophy and product creation. Have conversation with customers, buyers, etc at these places to have new awareness, discovery, or need found out. I would like to continue providing various experiences to Kuran in the future.
Having contacts with overseas people through tours will also lead to new awareness. For example, in Europe there are cultures that differ in production characteristics and winery characteristics like wine and enjoy the difference between them. In Japan, there are sauces and miso brewers nationwide, but it is a commodity of "Natural" in everyday life, and because it is often consumed only in that area, like "Japanese sake" it is called "enjoy the difference" Culture is not so rooted. I believe there is still room and margin to explore in these places.
For overseas people, thinking that it is also a point of overseas development to propose suggestions that can be put on their food culture as it does not reach "use" only by providing traditional Japanese local taste It is. For example, we propose to offer items such as garlic, basil, sage, capsicum and rice cracker oil "Kogareko" together with meat dishes, pasta, fries and so on.
Sawaguchi: How are the products being newly handled as seventh generation deployed?
Takahashi: In this regard, we are proposing a unified concept and design that can appeal to all directions without distinguishing between domestic and overseas. Goods that are placed in a small bottle that got the Good Design Award are not supposed to be sold at supermarkets.
Originally designed to think about proposing a lifestyle on an extended line of meals, I would like to sell it in a place different from the image of traditional miso and oil, such as shops of antique furniture. Although miso and oil oils have been directed only to practicality, it seems like they can choose according to the taste of the room, such as "If there is oil of these designs in the place where you live a new life" I want to make it a product.
I want to raise comprehensively the cultural standing position of miso and oil. By doing so, I think that the value of miso and oil will be expanding more.
Sawaguch: Such innovative proposals are also on the extension line of innovation that has been continuous with the brewery's "roots". Basically, there is local manufacturing, and differentiation is aimed at by sharpening it. Furthermore, by improving the way to show and how to communicate, we intend to strengthen our brand value and totally raise cultural standpoint. It is wonderful.


”我想提出味噌的文化站立姿勢醬油”

澤口:當聽故事,將隨著時代的變化,同時評估那些不改變,你會覺得一直持續的改進和創新。如何為商在該領域的“改進”?
高橋:一,即開始了巡演,“作為演員誰是啤酒廠的階段活躍,我們要創建一個新的啤酒製造商形象”的工匠採用新的,我們談談。接受外部的人如在酒窖過去考察,我們打的焦點釀酒師,但味噌醬油大象,人們也將有機會也成為焦點幾乎沒有。近年來,因為它是充滿也是人才匱乏的問題,我們想提高作業的形象和工作風格。
特別是啤酒製造商,因為與外界,包括最終客戶的聯繫較小,過去幾年參加了各種活動的釀酒商,我們也鼓勵內表面的變化。例如,在日本橋三越總店在2016年3月,隨著新產品的銷售,我們我們的歷史和企業理念以來,展覽相關的產品開發。通過在這樣的地方交換與客戶和買家這樣的談話,得到發現了一個新的認識和新發現或需求,。我們希望提供各種經驗,在未來的啤酒釀造商。
也導致了新的通知通過這些訪問有人民和海外接觸。例如,在歐洲,每個生產區,如酒酒廠不同的特點,有一種文化享受他們的區別。在日本的情況下,在全國范圍內有醬油和釀造的大醬,是“自然”的交易是在日常的一天,該命令只也經常在該地區的消費,“享受上的差別”作為日本清酒文化是沒有這麼多紮根。此外,在這個地方我們相信仍有利潤的挖掘。
對於海外人士,相信老式僅提供日本當地的味道會不會導致所謂的“使用”,海外擴張的點處的建議,如把自己的飲食文化你有。例如,我們有大蒜,羅勒,鼠尾草,胡椒,商品肉類菜餚和麵食,如醬油醃即月桂葉“Aseko”,提供這樣的比翼雙飛,提案等。
澤口:對於新的工作獲得的貨物為第7威爾部署如何呢?
高橋:在這裡,不設國內和海外,在概念已經被提出和統一的設計,可以針對各個方向提出上訴。裝在小尺寸瓶子的產品,我收到了優秀設計獎,銷售超市不是預期的。
原來,因為如古董家具的商店想出提出一種生活風格,是在吃飯,延長線的設計,傳統的味噌的形象和醬油我想在不同的位置進行銷售。味噌和醬油一直在針對眼睛只是實用,但“新生活的地方,這樣我好,如果有醬油說設計的”之類的,如人們選擇以適合口味的房間裡有什麼我們想要交易。
我,我們想全面提高醬和醬油的文化站立姿勢。通過這樣做,是因為醬和醬油的價值,我認為,這將表現得更加蔓延。
澤口:這樣創新的建議,但它不是位於從持續不間斷的啤酒廠的創新的“根”的延長線上。基本有本地製造和區分自己磨它。此外,如何展示,並加強通過如何告訴的提高品牌的價值,讓我們全面提高文化站立的位置。這是美妙的。





”テクノロジーの変化と伝統産業のあり方”

:話はかなり飛躍しますが、今後は「人類が塩分を手放す可能性もある」と考えています。人類は煙草を手放し始めていますし、いずれはアルコールも手放すかもしれません。実は、秋田の老舗酒造『新政』の代表が同世代で、普段から親しくしていますが、彼とはよくそんな話をしています。
 彼は、人類がお酒を手放す可能性があるけれど、お酒を造り続ける。私も、人類が塩分を手放す可能性があるけれど、味噌や醬油を造り続ける。「手放す」という価値の大転換が起こっても必要とされるブランドであり続けるためには、どうすればいいのか? そんな問いについて議論しています。
 従来はイノベーションの起きるサイクルが長く、「変化の先」を想像するようなことはあまり多くなかったと思います。しかし近い将来、高度なAIが開発され、それによって「塩分ゼロでも塩気が感じられるスーパーフード」「アルコールが入っていなくても酔いが体感できるスーパードリンク」などが生まれるかもしれない。健康志向の行き着く先に、栄養が完全にコントロールされた液体を摂りつつ、脳に直接、ラーメンやステーキなどの味を感じる信号を送ったり、バーチャルに「食べる」というイメージを補完したりする可能性もある。そうなれば、もはや調味料やアルコールが存在する意味はなくなりますよね。
澤口:身体的にはそれでOKかもしれませんが、心理的には満足できなさそうですね。「便利益」の話で言えば、それは便利が行き過ぎることでもたらされる「便利害」と言えるかもしれません。私たちは食を通じて様々な価値を得ていますが、今後はテクノロジーの進化が食文化に与える影響も考えていかねばならないですね。
:その一方で、現代はテクノロジーが進化し、100年前に比べると改善のスピードが格段に速くなり、「自分が生きている時代にできること」も増えています。
澤口:様々なテクノロジーがもたらされたことで、使用者によって作り手の意図しなかった使い方が見いだされ、そこから新しい価値が生まれるケースも増えていきそうですよね。
:味噌や醬油にも、そうした可能性がたくさんあると考えています。今後、私たちが多様な人々と接点を増やしていけば、従来の文脈に則った使われ方のほかに、現代日本の食文化、あるいは、海外の食文化に合わせた使い方が新たに見いだされていくはずです。
澤口:伝統的な和食にこだわる人は「そんな使い方はおかしい」と言うかもしれませんが、本来、食文化も時代に合わせて変化してきたはずですよね。
:歴史を振り返れば、伝統や文化といったものも、コアにある思想、フィロソフィは大切にしながらも、目に見える部分は時代に合わせて変化し続け、その中で多様性や価値観の広がりも生まれてきました。変化を禁じてしまったら、その先には衰退と消滅しかありません。価値の背景を学び、それをどう現代に合わせて変えていくのか。あるいは、変えないという判断を下すのか。時間軸を点ではなく、線で考えなければ、伝統や文化といったものの本質はつかめないと思います。


”Changes in technology and traditional industry”

Takahashi: Although the story will make a significant leap forward, I believe that "there is a possibility that mankind will let go of salinity" in the future. Humanity is starting to give up smoking and neither may let go of alcohol. Actually, the representative of Akita's long-established brewery "Shinsei" is the same generation and I am closely related to him, but he often talks about such a story.
He has the possibility that mankind will give away alcohol, but he continues to make sake. I also have the possibility that mankind will give up salinity, but I continue to make miso and oil. How can we continue to be a required brand even if a major change in value of "let go" happens? We are discussing such questions.
In the past, the cycle in which innovation occurred was long, and I think that there was not much to imagine "the destination of change". However, in the near future, advanced AI will be developed, which may result in 'super food' which can feel salty even with zero salt content ',' super drink that you can experience sickness without alcohol '. Before reaching a health-conscious destination, it is possible to send a signal that tastes such as ramen or steak directly to the brain while taking nutrition completely controlled liquid, possibility to supplement the image of "eat" virtually There is also. If so, the meaning of seasonings and alcohol no longer exists.
Sawaguchi: It may be okay with it physically, but it seems psychologically unattainable. Speaking of "convenience profit", it may be said that "convenience harm" brought about by too much convenience can be said. We get various values ​​through food, but from now on we have to think about the influence of technology evolution on food culture.
Takahashi: On the other hand, in the modern era, technology has evolved, the speed of improvement is much faster than 100 years ago, "The things that can be done in the age when I am alive" is increasing.
Sawaguchi: By bringing in various technologies, it seems that cases where users are unintentionally used by the user and cases where new values are born from there will be increased.
Takahashi: I believe that there are many such possibilities for miso and oil. In the future, as we increase contacts with diverse people, new ways of using it in accordance with modern Japanese food culture or overseas food culture are newly found in addition to how to use according to the conventional context It should go on.
Sawaguchi: A person who sticks to traditional Japanese food may say "Such usage is strange", but originally the food culture should have changed according to the times.
Takahashi: Looking back on the history, while keeping the thoughts of the core and philosophy important, traditional and cultural things continue to change in accordance with the age, the visible part continues to change, and the spread of diversity and values I was also born. If we forbid the change, there will be only a decline and extinction beyond that. Learn the background of value and how to change it according to the present age. Or will you make a decision not to change? I think that you can not grasp the essence of things such as tradition and culture unless you consider the time axis with points rather than points.


”技術的變化和傳統產業自然”

高橋:故事頗有戲劇性,我們在未來被認為是“人類有放手鹽的可能性”。我們有人類開始放手煙草,人們可能會放手,甚至酒精。事實上,有代表性的是同一代秋田最古老的釀酒廠“新生”的,但我們從平時的好朋友,他經常被這樣一個故事。
他是,但是有一種可能性,即人類放手成全,繼續做飲料。我也是,但有一種可能性,即人類放過鹽,繼續打造味噌和醬油。為了繼續成為品牌的“放手”的價值的巨大轉變,還需要怎麼回事,該怎麼辦?我們討論這樣的問題。
出現創新的傳統週期長,東西喜歡想像的“變化進取”我認為這是不太多。但在不久的將來,先進的AI已經研製成功,它可能是由諸如“鹽超級食品咸是覺得即使在零”,“超級喝好,即使他們不含有酒精可以體驗”的誕生。健康意識,同時服用營養已經完全控制液體,直接入腦,或將信號發送到覺得不是滋味,如麵條和牛排,或者可能補充的形象“吃”的虛擬結束之前也有。如果出現這種情況,它不再意味著不再有調味料和酒精。
澤口:物理,但它可能在OK,這很可能是心理上的滿足能力。在“便利收益”的故事來說,你可能會說這是一個“便利的傷害”造成的方便走的太遠。雖然我們通過食物獲得了廣泛的應用價值,它必須伊嘉認為也影響在未來技術的發展給飲食文化。
高橋:在另一方面,現代科技的發展,相對於速度的提高是非常快於100年前,也甓知察伐聴陛時候,他還活著。”
澤口:通過各種技術已經帶來了,找到如何使用不是由用戶做出的手打算,但它有可能繼續從那裡誕生了一個新的價值的案件越來越多。
高橋:即使是在醬和醬油,這樣的可能性,我們認為這是一個很大。在未來,如果我們甓嘆耒酩堝嬰人接觸器,除了與傳統語境的方式,現代的日本飲食文化符合被使用,或找到了新的如何使用量身定做的飲食文化海外你應該去。
澤口:誰固守傳統的日本料理人可能會說,“這種用法是有趣的”,原來,我覺得飲食文化也應該有與時代變遷。
高橋:回顧歷史,即使之類的東西的傳統和文化,認為在核心,而哲學是很重要的,可見部分將繼續隨著時代改變其傳播的多樣性和價值,我也誕生了。如果等待時間過長,禁止改變,只有在第一下降消失。學習的價值的背景下,將如何改變,以適應現代吧。或者說,是什麼使這並沒有改變決定。沒有時間軸,點到行被認為是,事情像傳統和文化精髓不認為我掌握。





”人間は連続性の中で生かされている”

:私が最近よく考えるのは、「人間は連続性の中で生かされている」ということ。例えば、100年にわたり使われてきた味噌・醬油の仕込み蔵、あるいは日本庭園も代々維持されてきたものです。雪深い自然環境の中で、よくこれだけのものを残してきたと驚きますが、私自身も今では次世代に残していきたいと考えています。
 さらに、私たちの醬油や味噌は地域の食文化の中で長く生かされてきた。その意味では、時代ごとに使用者との関係性を維持・連続させてきたと言えます。こうした人の想いを中心にした様々な連続性の中で、私自身も生かされていると思うのです。
 企業も同じだと思いますが、自分自身のルーツやアイデンティティを知らないままに価値を考えようと思っても、本質は捉えられません。自分達がどこから来て、どこへ進んでいくのか。過去を正視してこそ、未来を考えることができるのだと思います。
澤口:毎日、毎年、同じことを繰り返しているように見えても、時代は刻々と変化している。常に想像性・創造性を働かせなければ、より良い商品を作り続けることはできない。変化に素早く対応できる想像力、そこから価値を創り出していく創造力、双方が備わっていることが盒兇気鵑龍みだと感じました。
:今後、本格的なAIの時代が到来すれば、人間の想像性・創造性がよりクローズアップされるはずです。伝統産業は先人の創造的活動の連続によって形づくられてきたものですが、それを古めかしいもの、時代遅れのものと捉えているだけでは前に進めません。
 全国に数多いる伝統産業の担い手が「自分の発想を転換すれば、新しい可能性に出会える」と気づけば、日本は世界に数多くの価値を発信できる国になるはずです。そのような未来を切り拓いていくには、誰かが楔を打ち込まなければならない。私はその「誰か」になりたいと考えています。


”Humans are made use of in continuity”

Takahashi: The thing that I think recently is that "humans are being utilized in continuity". For example, stocks of miso and oilseeds that have been used for 100 years, or Japanese gardens have been maintained for generations. I am surprised that I have often left such things in the snowy natural environment, but I also want to leave myself in the next generation now.
In addition, our oil and miso has been utilized for a long time in the regional food culture. In that sense, it can be said that we have maintained and continued the relationship with the user every era. I believe that myself is making use of various continuity centered on these people's feelings.
Even though companies think that it is the same, even if you think about your value without knowing your own roots and identity, you can not grasp the essence. Where are we coming from and where are we going? I think that you can think about the future only by standing at the past.
Sawaguchi: Everyday, even though it seems to repeat the same thing every year, the times are changing from moment to moment. We can not keep making better products unless we always use imagination and creativity. I felt that Mr. Takahashi's strength is that both sides have imagination that can respond quickly to change, creativity to create value from there, and both.
Takahashi: In the future, as the era of full-scale AI comes, human imagination and creativity should be more closely up. Traditional industry has been shaped by the continuation of the creative activities of the predecessor, but I can not go forward just by thinking it as old-fashioned, outdated.
If you realize that a number of traditional industrialists across the country "If you change your own idea, you can meet new possibilities", Japan should become a country that can deliver numerous values ​​to the world. To open up such a future, someone must drive a wedge. I would like to become that "someone".


”人類在連續性更讓”

高橋:我覺得最近好,事實證明“人類保持連續性活著”。例如,它是什麼100 miso-醬油充電已經使用了多年來或日式花園已維持了幾代人的倉庫。在雪深的自然環境,它會讓你驚訝,一直很好地離開這個只有這些,但我自己也想通過現在留給下一代。
此外,我們的醬油,味噌一直保持活躍在該地區的飲食文化悠久。在這個意義上,可以說一直保持與用戶對每個時代的連續關係。這些人在不同的連續性,這是在該中心的感受,我覺得我自己也一直保持活躍。
公司我還認為這是相同的,但是,即使我認為值仍然不知道自己的根和身份,本質不是捕獲。來自哪裡,哪裡願意去任何自己來。只有這樣看過去,我認為這是有可能考慮未來。
澤口:每一天,每一年,似乎也重複同樣的事情,時代從瞬間變為時刻。如果並非總是發揮想像力和創造力,這是不可能繼續做出更好的產品。想像力,能夠迅速應對變化,外出時的創造力從那裡創造了價值,有人認為,這是高橋先生的實力都配備。
高橋:在未來,如果全面AI時代的到來,你會看到人類的想像力和創造力,更特寫。傳統產業是什麼已被前人的創造性活動的連續狀,但那些老式的,不往前走不僅被認為是過時的。
“如果轉換自己的想法,迎接新的可能性,”傳統行業的領導者已經在全國很多,如果你注意到,日本應該是可以有很多值發送到世界各地。去開闢了這樣一個未來,必須有人來驅動一個楔子。我相信想成為“某人”。








澤口 学
慶應義塾大学工学部数理工学科卒業、早稲田大学理工学研究科後期博士課程修了。機械系の商社勤務を経て、1985年に産業能率大学バリューマネジメントセンターに入職、同学経営学部教授。早稲田大学大学院創造理工学研究科経営デザイン専攻教授、客員教授を経て現職。NPO法人日本TRIZ協会副理事長を兼務。長年、製造企業のR&D・設計部門を対象に実践的な次世代事業戦略、価値創造設計の方法論を開発してきた。専門はVE、TRIZなど。著書に『日本式モノづくり工学入門〜イノベーション創造型VE/TRIZ』『逆転発想による創造的リスクマネジメント』(ともに同友館)などがある。

盒 泰
ヤマモ味噌醬油醸造元・七代目。睫亶臾床饉辧常務取締役。千葉大学デザイン工学科建築系、東京農業大学短期大学部醸造学科卒業後、大手醸造会社での修行を経て、2006年に家業であるヤマモ味噌醬油醸造元の七代目となる。自らが手掛けた革新的な経営が伝統産業再生の好例として評価され、2013年度グッドデザイン賞を受賞。バックパッカーとして世界中を旅した経験や、建築・ファッション・音楽などを通じた文化的な視点を経営やブランディング、商品開発、パッケージデザインなど多方面に活かしている。


Manabu Sawaguchi
Graduated from Keio University Faculty of Engineering, Department of Mathematical Engineering, Completed Doctoral Program in Waseda University Graduate School of Science and Technology. After working for a mechanical trading company, he entered the Industrial Efficiency University Value Management Center in 1985 and is a professor of the same school business administration. Waseda University Graduate School of Creative Science and Engineering Professor of Management Design, after working as a visiting professor. Concurrently serves as vice president of NPO Japan TRIZ Association. For many years, we have developed a practical next-generation business strategy and value creation design methodology for manufacturing companies' R & D and design departments. Specialty is VE, TRIZ, etc. In his book is "Introduction to Japanese style manufacturing engineering ~ Innovation creation type VE / TRIZ", "Creative risk management by reverse thinking" (both Doyukan).

Yasushi Takahashi
Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company · seventh generation. TAKAMO & Corp. is a joint-venture company and managing director. After graduating from Chiba University School of Design Engineering, Tokyo University of Agriculture, Junior College Department of Brewing, after training at a major brewery company, it will be the seventh generation of Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company, which is a family business in 2006. The innovative management that he worked on was valued as a good example of traditional industrial revival and received the Good Design Award of 2013. We have utilized the experience of traveling all over the world as a backpacker, cultural perspective through architecture, fashion, music, etc. in various fields such as management, branding, product development, package design.


澤口 學
工程的慶應義塾大學教授,數學專業畢業,學的早稻田大學研究生院與工程博士項目畢業生。通過貿易公司的機械系統的工作,於1985年在價值管理中心的產業效率大學招聘,工商管理教授同一所學校教授。創新科學與工程管理設計教授,早稻田大學研究生院通過客座教授義不容辭的責任。NPO日本TRIZ協會兼任副總裁。多年來,實用的新一代商業戰略為目標的R&D·生產企業的設計部門,開發價值創造設計的一種方法。它專門從事VE,如TRIZ。本書包括“日本式製造工程初學創新創意型VE/ TRIZ,”通過逆轉的想法“(均為Doyu館)”創造性的風險管理。

盒 泰
Yamamo味噌醬油釀造商七代。睫佗當鵡舖邊覿範惰〇總經理。千葉大學設計工程,建築,釀造系農業學院的東京大學畢業後,通過大型釀酒公司的培訓,一個Yamamo味噌醬油釀造商七代是在2006年的家族企業。作為傳統產業的一個很好的例子,發揮自己的創新管理是工作進行評估,獲得優秀設計獎2013。經驗和誰周遊世界的背包客,建築,時尚,音樂,如觀察的管理,通過品牌,產品開發的文化點,正在採取的優勢,比如在許多領域的包裝設計。



記事掲載のお知らせ

東北経済産業局「サービス生産性向上取組事例集」にてヤマモの取り組みをご紹介いただいております。日本における産業観光の取り組みは、言葉が先行しておりますが実装している産業は多くありません。お客様を産業の現場に迎え入れることは設備だけではなく、掃除や社風、社員教育など会社すべての環境を整えることが必要です。弊社もまだまだ十分な環境と言うことはできませんが、それも含め、成長していく姿を体感していただければと思います。YAMAMO FACTORY TOURのご参加、お待ちしております。


Notification of Articles Published

We are introducing Yamamo's efforts at Tohoku Bureau of Economy, Trade and Industry "Service Productivity Improvement Case Study Collection". Although the words precede industrial tourism efforts in Japan, there are not many industries that are implemented. It is necessary to welcome customers to the field of industries not only for facilities but also for all companies' environments such as cleaning, corporate culture and employee education. Although we can not say enough environment yet, I think that you can experience the growing appearance including that. We are waiting for participation of the YAMAMO FACTORY TOUR. _mediainfo.


文章發表的公告

在經濟,貿易和工業局東北“服務生產力改進計劃的案例研究”我很高興地介紹Yamamo努力。日本工業旅遊的努力,行業詞,但我們前面的實施並不多。歡迎廣大客戶在工業領域,不僅設備,清洗和企業文化,有必要調整公司所有的環境,比如員工培訓。我們甚至不能說,仍足以環境,但它也包括在內,我認為,如果有可能體驗到成長的外觀。YAMAMO FACTORY TOUR的參與,我們期待著。




東北経済産業局「サービス生産性向上取組事例集」
Tohoku Bureau of Economy, Trade and Industry "Collection of case study on service productivity improvement"
經濟,貿易和工業局東北“服務生產力改善計劃案例研究”



代々受け継がれてきた伝統的・歴史的な遺産を活かした産業観光の取組で商品の付加価値向上
「ヤマモ味噌醤油醸造元」の屋号で事業を展開する1867年創業の老舗蔵元である。同社は、代々受け継が れてきた蔵や100年以上前に造園された日本庭園を回る見学ツアーを行っている。 人口が減少し、県内需要が減り続ける現代において、伝統の産業を次の世代に残すため、ヨーロッパ等で盛ん なファクトリーツアーにヒントを得て、2016年秋からツアーを開始した。ツアーでは、伝統産業としての味 噌醤油醸造の紹介のみならず、同社の所在する岩崎地域や、蔵元としての高橋家の歴史も紹介しながら、約1時 間をかけて蔵や庭園、大豆畑を見学する。商品単体ではなく「体験を売る」ことで、国内外に蔵全体を文化とし て売り込み、世界的な認知度向上を目指している。 将来的には、このような見学ツアーの取組をビジネスモデルとして確立し、周辺の蔵元にも呼びかけてフラン スのワイナリー巡りのように、地域全体を観光地として売り出していきたい、とのこと。


Improvement of added value of products by industrial tourism efforts taking advantage of the traditional and historical heritage successively inherited
It is a long-established brewery founded in 1867 that develops business under the name "Yamamo Miso sauce brewer". The company conducts an observation tour around the Japanese garden which has been handed down from generation to generation and landscaped over 100 years ago. In the modern era where the population decreases and the demand in the prefecture keeps decreasing, in order to leave the traditional industry in the next generation, I got inspiration from the factory tour which is popular in Europe etc. and started the tour from the fall of 2016. The tour not only introduces the taste of Soy Sauce Brewery as a traditional industry but also introduces the history of the Iwasaki area where the company is located and the history of the Takahashi family as a warehouse and takes about 1 hour to take care of garbage, gardens, soybean fields I will observe. By selling "experiences" instead of items alone, we aim to improve global recognition by promoting the entire collection as a culture both in Japan and overseas. In the future, I would like to establish such a tour tour effort as a business model, call on neighboring brewers to sell the whole area as a tourist spot, like a round of winery in France.


附加值的產品在工業旅遊的稱取已經從一代傳一代的傳統和歷史遺產的優勢,努力提高
是“從Yamamo味噌醬油釀造”1867年的一個歷史悠久的釀酒廠,擴大商品名建立的業務。該公司已進行了參觀訪問已大象之前被美化和超過100年的日本庭園,已經從一代傳下去。人口減少,在近代繼續減少縣內需求,行業的傳統留給下一代,在歐洲等地蓬勃發展的工廠參觀的啟發,這是自2016年秋季開始遊覽。旅遊,不僅引進的味道噌醤油釀造的傳統產業,岩崎區域公司的下落,同時引入高橋的歷史,誰作為一個釀酒廠,倉庫和花園歷時約1小時,大豆田的遊覽。而不是商品本身“賣經驗,”也就是銷售到整個倉庫的文化在國內外,它的目標是全球意識。在未來,這種建立在導遊的工作作為一種商業模式,如法國酒莊遊調用也是在啤酒廠附近,我想出售整個地區作為旅遊目的地和事情。




記事掲載のお知らせ

「個性が光る!小さな会社のブランディングブック」にヤマモのパンフレットが掲載されました。“デザインと編集力で会社の魅力を存分に伝えることに成功した冊子、約100点を掲載しています”と書籍の冒頭にあるように、弊社に培われてきた産業と精神をいかにして世界に伝えていくかを考え制作したものです。海外展開直前の5年前から使用しており、当時、コンセプトを“Life is Voyage”にすることや12回折りの形状に勇気を持って取り組みました。その決断が評価いただけたと考えると、どこか救われたような気がします。ぜひ、弊社パンフレットや掲載記事をご覧いただきたいと思います。


Notice of Article Posting

A brochure of Yamamo was posted on "Branding Book of a Small Company" Shining Personality. As I mentioned at the beginning of the book, "Booklet that succeeded in communicating the charm of the company with design and editing power to the full, about 100 points are posted", how to do the industry and spirit cultivated in our company I thought about how to tell it to the world. I have been using it since five years before the overseas deployment and worked with the courage to the shape of the concept "Life is Voyage" and 12 diffraction. I am very pleased to think that it was able to evaluate that decision, some kind. By all means, I would like to see our brochure and posted articles._mediainfo


文章發表的公告

Yamamo的小冊子出版的“個性閃耀的小公司的!品牌的書。”截至開始了“設計手冊中的公司的吸引力編輯力能夠傳遞充分,我和你有一個100點”和書籍,以及如何在行業和已經被種植在我們的精神Te為製作什麼考慮一下我們告訴全世界。如果您是從五年前只是海外擴張之前使用,我們曾與勇氣“人生之旅”和12衍射日概念的形狀。可以肯定的,給出的決策信息,並將評價,我覺得很高興。通過一切手段,我們要去看一下我們的宣傳冊,並發表文章。











旅に携帯できるようなサイズ感とコンパクトな形状、縦長のデザインが巻物を思わせる和の世界観をイメージ
150年続く老舗の7代目が自らデザインしたパンフレット。味噌醬油の新しい世界観と可能性を打ち出したいとするコンセプトは‟Life is Voyage”。旅の出会いのように調味料も多様な食文化と結びついて人々の食生活を豊かにする。海外の人にもその理念を感覚的に伝えるものとなっている。


A sense of size and compact shape that can be carried on a journey, a view of the world of Japanese with a vertically long design reminiscent of scrolls
Pamphlet designed by himself / herself as the seventh generation of a long-established store lasting 150 years. "Life is Voyage" is a concept that aims to propose a new world view and possibilities of Miso Oil Oil As seasonings also travel like meetings, seasonings are linked to diverse food culture to enrich people's diet. It is also to convey that idea sensuously.


尺寸和緊湊的形狀,例如可在旅行攜帶的感覺,垂直設計是總和的世界觀讓人聯想到滾動圖像的
宣傳冊第七代長期建立的設計自己隨後的150年。概念和要推出世界的一個新的觀點和味噌醬油的可能性是“人生之旅”。調味品一樣的遭遇也與多種飲食文化,豐富人們的飲食習慣有關的旅程。海外人士它已成為傳達的理念也感覺上的事情。




番組放送のお知らせ

ヤマモの海外展開は2011年の震災前から「私たちのものづくりを世界がどう評価するのか」という自身の問いかけからヴィジョンを掲げ、小さな蔵元が世界へと飛び出したことからはじまりました。アジア、アメリカ、ヨーロッパと渡航を繰り返すうちにローカルとグローバル、和の調味料の果たす使命を感じていくようになりました。現在では「ローカルの伝統産業の現場を世界にどのように伝えていくのか」というところに力を注いでおります。昨年行った自社でのイヴェント、YAMAMO CREATIVE SESSIONの様子も取材をしていただきました。番組では、海外展開や体験型蔵元を目指す作庭と改築など、一連の取り組みをご紹介いただきます。ぜひご視聴いただきたいと思います。

[日時] 2017年1月24日(火)18:15〜 ABS秋田放送 “news every” 特集


Notification of The Program Broadcasting

Yamamo's overseas expansion began with the question of "How the world evaluates our manufacturing" from before the 2011 earthquake and it started with a small brewery jumping out into the world from his own question. As I traveled to Asia, America and Europe repeatedly, I felt the mission of local, global and Japanese seasonings. Currently we are concentrating on "how to communicate the local traditional industry site to the world". We also interviewed YAMAMO CREATIVE SESSION of our event at our company last year. In the program, we will introduce a series of initiatives such as overseas development and aiming for experienced brewery as a garden and renovation. I would like to have a look by all means. _mediainfo.

[TIME] 24, Jan. 2017 (Thu) 18: 15 ~ ABS Akita Broadcasting "news every" Feature


電視節目廣播的通告

Yamamo的海外擴張已經從設置問題的眼光從自己的2011年地震前稱為“我們這個世界是否是做評估製造的東西”,小型啤酒廠從開始跳出來的世界。亞洲,美國,現在要感到滿足本地和全球的,反复的旅行和歐洲之後的總和的調味料的使命。我們專注於一個叫“難道我們告訴世界上的本地傳統產業的網站怎麼樣”就是現在。內部YAMAMO CREATIVE SESSION李基水泥,這是去年進行的國家我們也有覆蓋。在節目中,如裝修和園林開發,旨在海外發展和動手釀酒廠,我們將推出一系列舉措。我們希望你的手錶通過各種手段。

[日期]2017年1月24日(星期ニ)18:15〜 ABS秋田放送 "news every" 特點



from Dusseldorf_10. Oct. 2015



番組放送のお知らせ

今年の6月に秋田放送で放送された番組「FRONTIER あくなき挑戦者たち」の年末特番の取材依頼がありました。過去に登場した人物複数名に再び焦点を当てるというもので、七代目・高橋の取り組みを対談形式でご紹介いただきます。番組制作の後藤さんの企画の文面を以下に記載します。取材を受けた私たちだけではなく、多くの現場を見た製作人の想いを汲み取りながら、番組をご覧いただければ幸いです。

「FRONTIER 年末スペシャル 〜挑戦のその先へ〜」
フロンティアという番組の趣旨は「試行錯誤を繰り返し飽くなき挑戦をし続ける者」。取材をする者として現場に立ったときにフロンティアとして感じる「挑戦の核」となる部分だけではなく、取材の裏側、普段の取材対象者の日常を垣間みる事でその方のフロンティアたる所以がより深く見えて来ることに気づきました。今回、対談形式をとることで、より人にスポットを当て、その人の魅力を引き出し、本人の言葉でフロンティアを語ったときに視聴者にもより深い共感とともに私達の考えるフロンティアの意味を理解していただけるのではないかと思います。

[日時] 2016年12月30日(金)9:55〜10:25 ABS秋田放送


Notification of The Program Broadcasting

There was a yearly special interview report of programs "FRONTIER Challengers" broadcasted in Akita Broadcasting in June of this year. We will focus on several people who appeared in the past again, and introduce the initiative of the seventh generation · Takahashi in a dialogue form. I will write down the plan of Mr. Goto's project of production below. It would be greatly appreciated if you could watch the program while drawing on the thoughts of the producers who saw many sites, not just those who got interviewed. _mediainfo.

"FRONTIER Year-End Special - Beyond the Challenge"
The purpose of the program of frontier is "those who continue trying challenging without repeating trial and error". It is not only the part which becomes "the nucleus of the challenge" that felt as a frontier as a person who covers the interview but also the front side of the interview, the frontier of that person by having a glimpse of the usual everyday of the interviewees I noticed that it looked deeper. By taking a form of interview this time, we will spot more people, draw out the charm of that person, understand the meaning of our frontier as well as our empathy with deeper sympathy for viewers when we talk about frontier with the words of the person I think that I will be able to do it.

[TIME] 30th December 2016 (Fri) 9: 55 ~ 10: 25 ABS Akita Broadcasting


電視節目廣播的通告

有在已在秋田放送在今年6月已經播出一年的特別節目“邊疆挑戰者”的結尾採訪要求。那些重新聚焦人多個名稱中出現的過去,我們將介紹在對話格式7代高橋努力。後藤的生產計劃的措辭列在下面。不僅我們誰進行了採訪,一邊想著製作的感受是看到了很多網站的,我希望你能看的節目。

“FRONTIER - 前一年年底特殊挑戰“
該節目的精神稱為前沿“誰繼續停止活動的挑戰,永不滿足的反复試驗和錯誤。”不僅部分是覺得前沿,當你站在場景誰採訪的人,採訪的背面,有“核挑戰”,是作為原因在日常生活常用的採訪對象瞥見那個人前沿我注意到前來尋找更深入。這一次,通過採取對話的形式,聚光燈給更多的人,拉出來的人的魅力,了解前沿的意義,這是我們與更深的同情也想給觀眾的時候告訴前沿的人的話我覺得它比你能。

[日期]2016年12月30日(星期五)9:55至10:25 ABS秋田放送





FRONTIER あくなき挑戦者たち
FRONTIER Relentless challengers
FRONTIER 無情的挑戰者




記事掲載のお知らせ

11月29日付けの河北新報でヤマモの取り組みを記事にしていただきました。「見て、味わって、学べる蔵に」という見出しにあるように、知的体験を新たなサーヴィスとして提供する蔵元としてご紹介されております。掲載後、他県を中心にお問い合わせをいただき、また記事は河北新報だけではなく、ヤフーニュースにも転載されました。反響の大きさにこの取り組みの意義を感じております。味噌醤油文化を蔵元で総合的に体験することで、世界の中で文化的立ち位置を向上させることができればと思います。


Information of articles published

In the Kahoku newsletter dated November 29, I got an article about the work of Yamamo. It is introduced as a brewery that provides intellectual experiences as a new service, as in the heading "Look, taste, learn at a brewery". After publication, we received inquiries mainly about other prefectures, and the article was also reprinted not only in the Kahoku newsletter but also in Yahoo! News. I feel the significance of this approach to the magnitude of the echo. I hope to improve the position of cultural standing in the world by comprehensively experiencing the culture of miso and soy sauce at the brewery._mediainfo


文章發表的公告

這是Yamamo條至11月29日的工作,日河北新報。“看,嘗,學啤酒廠”作為標題,我們很高興地介紹,作為一個釀酒廠提供智力體驗的新服務。公佈後,收到的有關其他省份的調查,文章也不僅是河北新報,它在雅虎新聞轉載。我們認為這種努力的回波的大小的重要性。通過全面體驗醬和醬油的文化在啤酒廠,是我認為,如果我們能提高在世界上的文化站立姿勢。





*ヤマモのホームページ“TOUR”コンテンツは準備中となっておりますが、現場でのファクトリーツアーは行っております。お電話やメールで事前予約をいただき、お越しいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


*Yamamo's homepage "TOUR" content is under construction, but we are doing factory tours on site. I'd like to make a reservation in advance by phone or e-mail. Thank you.


*Yamamo的首頁“遊”的內容是有序的和正在建設中,但在工廠參觀現場完成。收到通過電話或電子郵件預約,我想收到來。謝謝。




「見て味わって学ぶ蔵に」 秋田の蔵元がツアー
"To a brewery where you can taste and learn" A brewery tours in Akita
“看到品嚐和學習啤酒廠” 啤酒廠秋田旅遊



記事掲載のお知らせ

「BEST OF PACKAGEGING IN JAPAN 2016 / パッケージデザイン総覧33」にヤマモの商品が掲載されました。商品掲載のお声掛けいただき、その際にこれから発売する新商品をご紹介し、未発売商品の掲載に至りました。和の調味料の新しい使い方や世界に貢献できるところを追求し、産業を前進させるべく生み出した商品です。商品の安定供給、発売まではもう少々お時間をいただきますが、きっと新しい道筋をつくることができると思います。ぜひ、掲載商品をご覧いただきたいと思います。


Information of articles published

Product Yamamo was published in the "BEST OF PACKAGEGING IN JAPAN 2016 / package design overview 33". We apologize for the voice of goods posted, to introduce new products that you will release at that time, has led to the publication of unreleased products. We seek to contribute to the new use and the world of the seasoning of the sum. And this is a product that was produced in order to advance the industry. Stable supply of goods, we'll have a little longer your time until the release, but I think you can surely create a new path. By all means, we would like seeing the products listed._mediainfo


文章發表的公告

產品Yamamo發表在“BEST PACKAGEGING在日本2016/封裝設計概述33”。我們張貼貨物的聲音道歉,推出新的產品,你會在那個時候釋放,導致未發布產品的發布。我們力求以促進新的用途和金額的調味料的世界。這是是為了推動行業生產的產品。貨源供應穩定,我們將有更長一點的時間,直到釋放,但我想你一定能創造一個新的路徑。通過一切手段,我們希望看到列出的產品。











*“YAMAMO VOYAGE TRUNK”という商品に弊社の哲学“Life is Voyage「人生は航海である」”を形に落とし込んだものです。こちらの商品の安定供給、発売まではもう少々お時間をいただきますが、きっと新しい道筋をつくることができると思います。来春の改築後、弊社ショップスペースにて受注販売をする予定です。私たちヤマモは和の調味料の新しい可能性を模索し続けていきます。


*In the product "YAMAMO VOYAGE TRUNK" our philosophy "Life is Voyage". In the form of stable supply of this product, we will have some more time to market, I think that we are sure to be able to create a new path.We are planning to sell orders at our shop space after renovation next spring We will continue to search for new possibilities of Japanese seasoning.


*“YAMAMO VOYAGE TRUNK”來那是什麼投進形狀我們的理念“Life is Voyage「人生之旅」”的產物。這種穩定的貨源,我們將有更長一點的時間,直到釋放,但我想你一定能創造一個新的路徑。裝修的明年春季預定後是在我們的商店銷售的空間秩序。我們Yamamo仍將繼續探索和的調味料的新的可能性。



番組放送のお知らせ

秋田テレビ放送の「げつきん420」でヤマモの肉味噌を取り上げていただきます。火曜レギュラーの久杉香菜さんのおすすめ商品としてご紹介いただきます。久杉さんが友人宅の冷蔵庫で発見し食べてみたところ、美味しさに感動し、新米のお供としてのご紹介に至ったそうです。ヤマモでは和の調味料の長期熟成に価値を見出しており、それは和食の可能性を広げるものと考えております。三年熟成米味噌のコクと香りを多くの方にご紹介できればと思います。

「げつきん420 “曜日レギュラーおすすめ ご飯のお供”」

新米の季節。これさえあれば、美味しい新米が何杯でも食べられるというご飯のお供を曜日レギュラーが推薦。商品紹介はもちろん、製造工程なども盛り込みながら絶品ご飯のお供を紹介する。
【日時】 2016年10月11日(火)16:20〜16:50 秋田テレビ


Information of The Program Broadcasting

Akita television broadcast in the "Getsukin 420" we will pick up the nikumiso of Yamamo. Tuesday we will introduce as recommended products of Hisasugi Kana's regular. Where Hisasugi san tried to eat found in a refrigerator at a friend's house, was impressed by the taste, it seems to have led to the introduction of a companion of the novice. In Yamamo has found value in the long-term aging of the seasoning of the sum, it is believed to expand the possibilities of the Japanese. I think that if you can introduce the flavor and aroma of the three years ripening rice miso to many people._mediainfo

Getsukin 420 "Day of the week regular Recommended _Fit to rice"

Novice of the season. If there is even this, the recommendation is the day of the week regular a companion of rice that delicious new rice is eaten anything cups. Product introduction, of course, to introduce a companion of delicious rice while Incorporating well as manufacturing process.
[Date] 2016 October 11 (Tuesday) 16:20 to 16:50 Akita TV


電視節目廣播的通告

在“月金420”秋田電視台播出,我們將拿起Yamamo肉大醬。週二我們將介紹,作為久杉假名的常規推薦產品。凡久杉試過在朋友家的冰箱中發現了吃,被留下深刻印象的味道,它似乎已經導致引進新手的伴侶。在Yamamo發現在總和的調味料的長期老化值,它被認為是擴大了日本的可能性。我認為,如果你能介紹三年熟米味噌來了很多人的味道和香氣。

月金420“每週定期的日推薦_適合飯”

本賽季的新手。如果連這個來說,我們建議本週正規的美味新大米吃東西杯米的同伴的一天。產品介紹,當然,介紹好吃的米飯伴侶,而因為製造工藝結合好。
[日時] 2016年10月11日(星期二)16:20至16:50秋田電視









記事掲載のお知らせ

秋田県の地域情報誌「月刊アンドナウ」のリノベーション特集にてヤマモの商品を記事にしていただきました。和の調味料業界の進化と新しい価値を見出すため、リパッケージした商品群だけではなく、庭園や改築の取り組みにも触れていただき、地域を担う産業としてご紹介していただきました。記者の鹿角さんには熱心に取材をしていただきました。ありがとうございました。県内には新しい時代を見据えた動きが活発になっております。ぜひ、誌面をご覧いただければと思います。


Information that our products were published

Akita Prefecture regional information magazine in the renovation feature of "Monthly Andnow" I was in the article the products of our company Yamamo. To find the evolution and the new value of seasoning industry of the sum, not only commodity group that has been repackaged, we also touched on the garden and the reconstruction efforts, we have to introduce as an industry responsible for the region. I was the eagerly interviewed in Kazuno's reporters. Thank you very much. Movement with an eye to the new era in the prefecture we become active. By all means, I think that if you look at the magazine._mediainfo.


報道刊載的告知

在“每月Andnow”改造功能秋田縣區域信息雜誌我在文章中我們公司Yamamo的產品。要查找的演變和的總和,不僅商品組已重新包裝的調味品行業新的價值,我們也觸及花園和重建工作,我們就來介紹作為負責該地區的行業。我在鹿角的記者採訪了熱切。謝謝大家!運動著眼於在我們成為活躍在縣內的新時代。通過一切手段,我認為,如果你看看雜誌。









記事掲載のお知らせ

6月24日、秋田魁新聞で秋田県内の若手を取り上げた人気連載「萌芽の風」にて七代目・高橋の対談が掲載されました。連載の締めくくりとして、過去に登場した若手が異業種で対談するという企画でした。対談の中で、これからの秋田の未来について「数字の上で人口減少が続いても、面白いヒトやモノの密度が濃い県であれば、体感的には豊かに感じられるのではないか」と申し上げました。来るべき未来に向かい、多くの若い力が行動を起こしています。ご一読いただければ幸いです。


Information of articles published

Seventh generation of Takahashi talk in Sakigake Akita newspaper was published on June 24. This is the last article of the popular series, which was taken up in the prefecture of young Akita "Wind of Sprout". Appeared in the past young with each other was the planning that talk in different industries. In the conversation, I talked about the future of the Akita. "Even population decline is followed on the number, if the density of interesting people and things dark prefecture, or not than being felt rich in the perceived". Facing the coming future, many of the young force we take action. We would appreciate your reading._mediainfo


文章發表的公告

七代先驅報秋田高橋談話發表於6月24日。這是受歡迎的系列,它溶解在年輕的秋田“風之嫌的”縣內的最後一篇文章。在過去的年輕人彼此出現的是,在不同的行業說話的規劃。在交談中,我談到了秋田的未來。 “即使人口減少之後的號碼,如果有趣的人和事暗縣的密度,或不超過感受到豐富的感知”。面對不久的將來,許多年輕的隊伍,我們採取行動。非常感謝您的閱讀。





秋田魁新報|萌芽の風
Akita Sakigake Newspaper|Wind of Sprout
秋田魁新報|風萌動








[ 追記 ]

「uzz.cafeトークイベント“純秋田産デザインの夜”」のパネリストとして七代目・高橋が登壇します。ご紹介に「醸造全体をエンターテイメントとしてみせようとしています」とあるように、独自の伝統産業の観点からお話できればと思います。ぜひ、ご参加ください。


「uzz.cafeトークイベント -純秋田産デザインの夜-」

秋田で働くお二人に、地元秋田をどのように捉え、仕事をしてのか、どのような場づくりをしているのか、アウトロー的働き方など、地元の働き方について考えていきます。
荻谷有花(学生)× 高橋泰(ヤマモ味噌醤油醸造元7代目)× 後藤仁(デザイナー)

【場 所】新屋表町通り 川口邸
【日 時】2016年7月10日(日)18:00〜20:00
【参加費】500円(ワンドリンク付き)


[ Postscript ]

Seventh generation Takahashi as a panelist of "uzz.cafe Talk event" night of pure Akita production design "" is on stage. Introduction to the "You are try to show the entire brewing as entertainment," one way, I think that if you can talk from the point of view of their own traditional industries. By all means, please join us.


"Uzz.cafe Talk event -Night of pure Akita production design-"

To two people who work in Akita, captured how the local Akita, whether at work, what kind of have a field development, such as outlaw specific way of working, we will think about the way of working of the local.
Ogiya Yuka (student) × Yasushi Takahashi (Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company 7th) × Hitoshi Goto (designer)

[Place] Arayaomote the town street Kawaguchi House
[Day when] July 10, 2016 (Sun) 18:00 to 20:00
[Entry fee] 500 yen (with one drink)


[ 後記 ]

七代高橋作為純秋田生產設計“uzz.cafe講座活動”空中飛人“的小組成員”,是在舞台上。簡介:“你試圖顯示整個釀造娛樂”的一種方式,我認為,如果你可以看自己的傳統產業的角度講。通過一切手段,請加入我們的行列。


"Uzz.cafe講座活動 -純秋田生產設計之夜-"

為了誰秋田工作的兩個人,如何捕捉當地秋田,無論是工作,什麼樣的都有一個領域發展,如取締工作的具體方式,我們會考慮當地的工作方式。
荻谷有花(學生)×高橋泰(Yamamo味噌醬油釀造源 七代目)×後藤仁(設計師)
[地方]新屋表鎮街川口樓
[日時]2016年7月10日(星期日)18:00至20:00
[報名費]500日元(有一飲料)






番組放送のお知らせ

6月14日、秋田放送で放送された番組「FRONTIER あくなき挑戦者たち」がWEBで公開されております。製作の後藤様と打ち合わせを重ね、七代目・高橋の取り組みを総合的にご紹介していただきました。グローバル化していく社会の中でローカルで家業を継ぐこと。日本の伝統産業が世界の中でどのようにして進化していくことができるのか。渦中の中に居ながら、日々の模索は続いていきます。リンク先の番組をご覧いただければと思います。


Information of program broadcast

June 14, was broadcast program in Akita Broadcasting System "FRONTIER relentless challengers" will have been published in the WEB. Overlaid Goto like the meeting of production, we have to comprehensively introduce seven generation Takahashi efforts. To take over the family business in the local in the society to continue to globalization. Whether it is possible to traditional industries of Japan is going to evolve and how in the world. While staying in the vortex, every day of exploring will continue subsequently. I think if you look at the link destination of the program._mediainfo.


節目廣播的告知

在秋田放送“FRONTIER狠挑戰者”6月14日播出的節目將被公佈在網上。疊加後藤象生產的會議上,我們必須全面引進7代高橋努力。接手家族企業在當地的社會,繼續全球化。是否有可能到日本的傳統產業是要發展,如何在世界上。雖然住在旋渦,探索中的每一天也將隨之繼續。我認為,如果你看一下該程序的鏈接目標。





FRONTIER あくなき挑戦者たち
FRONTIER Relentless challengers
FRONTIER 無情的挑戰者

 

 

 

 

 

 


[ 追記 ]

講演会登壇のお知らせ

聖霊女子短期大学 生活文化科健康栄養専攻
平成28年6月6日、午後1時から七代目・高橋が登壇し、「食品産業の役割」についてお話させていただきました。将来、食品の専門家として社会を担う皆様とお話ができたこと、嬉しく思いました。

秋田大学教育文化学部 地域文化学科・地域社会コース
平成28年6月6日、午後4時からにて外部講師として講演とパネルディスカッションを行い、地域活性化についてお話させていただきました。同学科が勧める「地域連携プロジェクトゼミ」に協力する企業としても、実りある意見交換ができました。


[ Postscript ]

Announcement of the lecture podium

Seirei Women's Junior College, Life and Culture Department of Health and Nutrition Department
2016 June 6, and the seventh generation Takahashi from 1 pm is on stage. We will talk about "the role of the food industry". In the future, I think that if it is your help of everyone responsible for the society as a food expert.

Akita University Education Faculty, Local culture department and the local community course
2016 June 6, will give a talk and panel discussion as an external lecturer at from 4 pm. We will talk about regional activation. Also as a company to cooperate in the same department is recommending "regional collaboration project seminar", I think that if you can to the fruitful exchange of opinions.

 

 


[ 後記 ]

在講台公告

圣灵女子短期大学 健康与营养系的生活和文化部门
2016年6月6日,从下午1点7代高桥是在舞台上。我们将谈论“食品工业的作用”。在未来,我认为,如果这是你的每个人都对社会负责作为食品专家的帮助。

秋田大学教育学部 当地文化部门和当地社区的过程
2016年6月6日,将给予从下午4点谈话和小组讨论作为外部讲师。我们将讨论区域激活。另外,作为一个公司的同一个部门进行合作的建议“的区域合作项目研讨会”,我认为,如果你能的意见富有成果的交流。





お話しさせていただいた両大学学生総勢135名分のレポートをいただきました。どのレポートも書き込みの量が多く、遣り甲斐と喜びを感じました。教授や学生、大学関係者の皆様、ありがとうございました。


I have received the two universities student total of 135 persons of the report that I am allowed to talk. Which reports are also a lot amount of writing, I felt a rewarding and joy. Professors and students, university officials of everyone, thank you.


我已經收到了兩所大學的學生總,我允許說話的報告135人。這報告也寫了很多量,我覺得收穫和喜。教授和學生,每個人的大學官員,謝謝。



 

 

聖霊女子短期大学|ニュースレター|食品産業の役割について学ぶ
Seirei Women's Junior College | Newsletter | Learn about the role of the food industry
聖靈女子短期大學 | 通訊 | 了解食品工業中的作用


 


記事掲載のお知らせ

秋田魁新聞で記事が掲載されました。細かく丁寧に取材していただき、全3回の掲載となります。家業や地場産業を担う者の心の動きや在り方を伝えることができればと思い、取材に応じました。私は味噌醤油醸造業の七代目ではありますが、自身の活動を伝統産業ベンチャーと捉えており、古くから続くものを見つめ直し、文化の風を入れ、人が紡ぐ美しさや慈しみを追求したいと考えています。そいうったものと共に過ごす人生は豊かで人間らしいと思います。WEBの記事も合わせてご紹介しております。全3回、ぜひ、ご覧いただければ幸いです。


Information that our products were published

Article in Sakigake Akita newspaper was published. I have interviewed finely carefully, it will be posted in all three times. I was depending on the coverage to convey the heart of the movement and the way of the people who will lead the family business and local industry. I believe that traditional industries venture my company. Re staring at anything that comes from ancient times, and put the wind of culture. And the pursuit of beauty and love spinning people. Life to spend with such things I think that those rich and human. We also introduce to suit WEB article. All three times, I think that you see._mediainfo.


報道刊載的告知

文章中秋田先驅報刊登。我曾經仔細細採訪,它會在所有三次發布。我是根據不同的覆蓋面傳達出運動的心臟和人民誰將會帶領家族企業和地方工業的辦法。我認為,傳統行業創業我公司。在重新任何來自遠古時代,把文化的風盯著。和對美的追求和愛的人旋轉。生活中這樣的事情要花費我認為那些有錢和人力。我們還引進適合WEB文章。所有三次,我認為你看到的。






第一回目は家業を継ぐまでの経緯や海外展開、リブランディングによるグッドデザイン賞の受賞など、私自身が何者であり、またこれまでの活動をダイジェストで記事にしていただいております。家業というものの捉え方が、仕事の経験を積むに連れて変化していったことがわかります。


Or the first time is what is my own, I am in the article in my digest the activities of the past. Background and overseas deployment of up to take over the family business, such as the award of the Good Design Award 2013 by the re-branding has been introduced. I have captured what the family business, you can see that I began to change and work experience.


還是第一次是什麼,是我自己的,我在我的消化過去活動的文章。背景和高達接手家族生意,諸如優秀設計獎2013年由重塑品牌獎海外部署已經出台。我已經捕捉了家族企業,你可以看到,我開始改變和工作經驗。

 





 
家業を継いでからの葛藤についてまとめていただきました。最近は家業を継ごうとする方からのご相談を受ける機会が増えました。自身も同じ境遇の先輩方の存在で踏みとどまる決断をしてきました。それは本人にはとても大きな心の動きであり、自分もそうなることができればと考えています。


I we have summarized conflict from in the footsteps family business. Recently, I have more opportunity to receive consultation from the direction of the plan to take over the family business. I also have a hang on decision in the presence of seniors in the same circumstances. It is a movement of very big heart is the person, I also believe that if it is possible to become so.


我我們已經從腳步家族企業總結的衝突。最近,我有更多的機會從計劃接管家族企業的方向接受諮詢。我也有老年人在相同的情況下存在掛的決定。這是非常大心臟的運動是人,我也相信,如果有可能變成這樣。
 




 
どの老舗やブランドも文化的に進化し続け、現在に続きます。人類がこれまで残してきたものに経緯を払い、新しい価値を生み、豊かさを追求しています。私は伝統産業の側から、その文化や精神性に身を捧げ、生きていきたいと考えます。ブランドの進化と挑戦、弊社ヤマモのこれからについて、ご一読いただければと思います。


What long-established and brand will remain in the current continues to cultural evolution. Pay history to what the human race has been left up to now, birth to new value, we seek to richness. From the standpoint of traditional industries, I would like to live dedicate my body to its culture and spirituality. Challenge and evolution of the brand, now for our Yamamo, I think that if you can read.


什麼老字號和品牌將保持在當前繼續文化演進。支付歷史是什麼,人類一直留到現在,誕生了新的價值,我們力求豐富。從傳統產業的角度來看,我想住奉獻我的身體它的文化和精神。挑戰和品牌的發展,現在我們Yamamo,我認為,如果你可以閱讀。

 

商品掲載のお知らせ

“s'eee MAMA&BABY Vol.5”にヤマモの300ml GIFT SETを掲載していただきました。「素敵な内祝いカタログ」の中でご紹介されております。私たちの商品が皆さまのお祝い事に使われることを本当に嬉しく思っております。 調味料が新しい生活の一部となれることが、私たちの務めであるとも考えます。ヤマモはこれからも様々な生活のシーンをお手伝いしていきます。ぜひ、誌面をご覧いただきたいと思います。


Information that our products were published

"S'eee MAMA & BABY Vol.5" 300ml GIFT SET of Yamamo are published in. We are pleased to introduce in a "nice family celebration Catalog".We are really pleased that our products are used in celebrations. That seasoning can become part of a new life, I think also is our ministry. Yamamo we will now also help the scene of various life. By all means, we would like seeing the magazine._mediainfo.


報道刊載的告知

“S'eee MAMA&BABY5卷”300毫升礼品Yamamo集发表研究。我们很高兴地介绍了“很好的家庭庆祝活动目录”。我们很高兴地看到,我们的产品在庆祝活动中使用。该调味即可成为一种新的生活的一部分,我想也是我们的事工。 Yamamo我们现在也有利于各种生活场景。通过一切手段,我们希望看到的杂志。











【s'eeeについて】
モデル鈴木えみが編集長を務めるガールズマガジン“s'eee”。自らの妊娠・出産をテーマにデジタルマガジンとして刊行された、Vol.5 “s'eee MAMA&BABY”が新たに撮り下ろしや最新インタビューなどが大幅に加わって、BOOK版として登場しました。


[ About s'eee ]
Girl magazine model Suzuki Emi chaired the editor-in-chief "s'eee". Their pregnancy and childbirth was published on the theme as a digital magazine, Vol.5 "s'eee MAMA & BABY" and is applied to significantly take down and the latest interview in the new, and has emerged as the BOOK version.


【关于s'eee】
女孩杂志模特铃木惠美担任主编,总编辑“s'eee”。他们的怀孕和分娩发表了主题为数字杂志,5卷“s'eee MAMA&BABY”,并应用到显著取下来,并在最新的采访,在新的,并已成为书版。



記事掲載のお知らせ

弊社ヤマモの取り組みを昨年末の12月29日の河北新報にて記事にしていただきました。家業を継ぐところから海外への取り組みを中心とした事業展開までをご紹介していただいております。
記者の半田さんは秋田県南地域を取材し、その期間は数十年を超え、郷土の歴史や文化に精通した方でした。岩崎地域の歴史や文化についても意見交換することができ、子孫である私たち自身や街のルーツについても改めて尊いものと考えることができました。ぜひ、誌面をご覧いただきたいと思います。


Information that our work was published

It was posted in Kahoku Shinpo of December 29 at the end of last year the work of our Yamamo. I have the following the family business, we have to introduce the place to expand overseas business.
Handa of reporter is the person who was interviewed several decades Akita Prefecture, southern region. He did those who were familiar with the local history and culture. Also it is possible to exchange views about the history and culture of Iwasaki region, our own and the city of roots is a descendant also believes anew precious thing. By all means, we would like seeing the article._mediainfo.


報道刊載的告知

它被张贴在去年年底我们Yamamo的工作,在12月29日河北新报。我有以下的家族企业,我们必须引入拓展海外业务的地方。
记者半田是谁被采访的几十年秋田县,南部地区的人。他做那些谁是熟悉当地的历史和文化。此外,也可以交换有关岩崎地区,我们自己的历史文化和城市基层的意见是后代也认为重新珍贵的东西。通过一切手段,我想看到的文章。





記事掲載のお知らせ

弊社ヤマモの取り組みが12月5日の魁新聞の経済欄に掲載されております。海外展開や他業種との取り組み、海外クリスマスギフトへの選出など、私自身、家業を継いでから伝統産業の新しい姿を模索してきました。片足を秋田に、もう片足を世界にという想いを持って取り組んで参りましたが、約9年が経ち、隣人に伝えることの大切さを実感しております。
秋田に豊かさをもたらすためには、まず隣の家の人にその価値を分かるようにしなければなりません。ヤマモの庭園を地域に開いた際にも、地元地域の方から見てみたいという声を多く聞きました。グローバル化、技術が進歩した現代でも、隣人に声を届けなければ大きな波にはなりません。
秋田で最も信頼されるメディア、魁新聞で記事にしていただくことはそのような意味があると考えます。地域の味や食文化を広く世界に知っていただくこと、それと同時に隣人に価値を伝えること。双方を軸に取り組みを進めていきたいと思います。海外展開を中心に、一面の見出しと経済欄で大きく記事にしていただきました。ぜひ、隣人である秋田の皆さまにご覧いただきたいと思います。


Information that our work was published

Our Yamamo efforts will have been published in the Sakigake economy section of the newspaper of December 5. Overseas expansion and other industries and initiatives, elected to overseas Christmas gift. I was sought a new form of traditional industries in the footsteps from the family business.One foot in Akita, look ahead and the other foot in the world. And we have worked to bring such feelings. About nine years have passed, we have realized the importance of that to tell the neighbors.
In order to bring the richness in Akita, it must be to first understand their value to the person next to the house. When the garden of Yamamo opened in the area, I heard a lot of voices and that want to see the garden from local people. Globalization, even in technology has advanced modern, it is not a big wave unless deliver voice neighbor.
Be asked to the article in the most trusted media of Sakigake newspaper is in Akita will think that there is such a meaning. That I am aware of widely world the taste and food culture of the region, the same thing to convey the value to a neighbor at the same time. We want to continue to promote efforts both to the axis. Focusing on overseas expansion, we have the big article in the economy field. By all means, we would like seeing in Akita everyone is a neighbor._mediainfo.


報道刊載的告知

我们Yamamo努力将已经发表在12月5日的报纸的先驱经济板块。海外扩张等行业和举措,选出海外的圣诞礼物。我是寻求从家族企业的脚步传统产业的一种新形式。一只脚在秋田,向前看,世界上另一只脚。我们一直在努力把这种感情。关于九年已经过去了,我们已经意识到了重要性,告诉邻居。
为了使丰富秋田,就必须先了解自己的价值,在房子旁边的人。当Yamamo花园在该地区开了,我听到了很多声音,并希望看到当地人民的花园。全球化,即使是在技术拥有先进的现代化,它不是一个大浪潮,除非提供语音邻居。
被要求的文章先驱报最值得信赖的媒体是秋田会认为,有这样一个意思。据我所知广泛世界的地区的口味和饮食文化,同样的事情的价值传达给邻居在同一时间。我要继续努力推进双方的轴。着眼于拓展海外市场,我们有很大的文章在经济领域。通过一切手段,我们希望看到在秋田大家是邻居。





記事掲載のお知らせ

イギリスのグローバルマガジン、MONOCLEのクリスマスギフトにSHIRODASHI 300mlを選んでいただきました。イギリス本国まで商品を送り、プロジェクトチームの撮影により掲載に至りました。"Stuff in your stocking Global" 「持っておきたい世界の食品」。ヤマモの製品がこちらのPantryの24製品の中にご紹介され、非常に嬉しく思います。このようなかたちで世界の国々に私たちをお伝えできること、一同、喜びを感じております。
日本の伝統産業が進化し、次世代までに残るための手段を模索してきました。私たちはヤマモのコンセプトを世界に発信し、和食調味料が世界の人々の文化的な生活を担えることをお伝えしたいと思います。ぜひ、誌面をご覧いただきたいと思います。


Information that our work was published

We have chosen SHIRODASHI 300ml in the global magazine of MONOCLE Christmas gift of the UK. We are up to the UK home sends the goods, the project team has been published by shooting. "Stuff in your stocking Global" Our products are introduce in the 24 product of Pantry, I am very pleased. That you can tell us in the world of countries in this way, we have felt the joy.
Traditional industries of Japan has evolved, we have sought a means to remain until the next generation. We want to tell that it can be originated the concept of Yamamo, Japanese seasonings support the cultural life of people around the world.We would like seeing the magazine to everyone._mediainfo.


報道刊載的告知

我曾经在英国MONOCLE购买圣诞节礼物的全球杂志选择SHIRODASHI300毫升。我们到英国家庭发送货物,项目组已经公布拍摄。"Stuff in your stocking Global" 和“我想有全世界的粮食。”我们的产品引进茶水的24产品,我们感到非常高兴。那你可以告诉我们这样的国家的世界里,我们已经感受到了快乐。
传统的日本产业的发展,我们已力求保持到下一代的手段。我们要告诉它可以发起Yamamo的概念,日本调味支持世界各地人们的文化生活。我想看到的杂志给大家。











【MONOCLEについて】

MONOCLEは、世界のプリントメディア後退が話題となる中、2007年に国際月刊誌として創刊しました。モノクルは英国ロンドンに本部を置き、国際情勢、ビジネス、文化、デザイン、ホスピタリティーを中心に毎号300ページ近い月刊誌を年間10号、日本を含む世界65カ国以上の読者に届けています。取材と撮影は本部に加え、東京、香港、ニューヨーク、トロント、イスタンブール、シンガポールの支局、そして世界の特派員ジャーナリストを合わせ自らの手で行っています。誌面は英語のみ、地域版はなく世界中で同一の雑誌が販売されています。
創刊以来、本誌は日本を含む世界の官公庁、都市計画従事者、研究者、ビジネスマン、ファッションメゾン、建築家、起業家、ものづくり従事者や自動車、航空産業、ホテル、ホスピタリティー産業など社が網羅する世界の情勢に常に目を見張る人々に愛読され成長を続けています。現在では、24時間放送のオンラインラジオ、自らの手で撮影製作するムービーレポートをオンラインで放送し、マルチメディアとして世界で活動しています。


[ About MONOCLE ]

MONOCLE is, in the print media recession of the world becomes the topic, we launched as an international monthly magazine in 2007. MONOCLE is headquartered in London, UK, the international situation, we have delivered business, culture, design, each issue around a hospitality 300 pages close monthly magazine the year No. 10, in the world more than 65 countries of readers, including Japan. Interviews and shooting in addition to the headquarters, Tokyo, Hong Kong, New York, Toronto, Istanbul, we made Singapore bureau and in their own hands combined correspondent journalists of the world,. Magazine in English only, has been selling the same magazine in the world rather than regional edition.
Since its first issue, Soldier of the world, including Japan government, urban planning professionals, researchers, businessmen, fashion Maison, architect, entrepreneur, manufacturing workers and automotive, aviation, hotel, covered in our company such as the hospitality industry always we have continued to be reading, everyone else growth in eye-popping people in situation of the world to be. At present, the 24-hour broadcast of the online radio, broadcast their own movie report to shoot production by hand online, we are active in the world as a multi-media.


[ 关于MONOCLE ]

MONOCLE是,在世界上的平面媒体衰退成为话题,我们推出了在2007年的国际月刊。 MONOCLE总部设在英国伦敦的国际形势下,我们已经交付的商业,文化,设计,每期围绕一个招待300页关闭月刊年第10号,在全球读者超过65个国家,包括日本。采访和拍摄,除了总部,东京,香港,纽约,多伦多,伊斯坦布尔,我们做了新加坡局,在自己的手中结合世界通讯员记者,。杂志只有英文,一直畅销同一杂志的世界,而不是地区性版本。
自从第一个问题,战士的世界,包括日本政府,城市规划专家,学者,企业家,时尚的美美,设计师,企业家,制造业工人和汽车,航空,酒店,覆盖在我们公司,如酒店业我们总是不断被阅读,每个人都在长令人瞠目的人在世界上的情况来定。目前,在线广播的24小时广播,广播自己的电影报告,拍摄制作手工网上,我们是活跃在世界多媒体。


MONOCLE


記事掲載のお知らせ

CREA12月号にヤマモの「雪解け」がご紹介されております。今回の企画は、雑誌のメイン世代の女性を中心にアンケート取材を行い、その土地のオススメ手土産を各県ごとに誌面で紹介するというものでした。ヤマモの商品が推薦に上がり、誌面でご紹介いただく運びとなりました。弊社商品に限らず、今回の誌面で選ばれた商品は魅力に溢れています。全国各地の素敵な製品群を、ご覧いただければと思います。


Information that our work was published

"YUKIDOKE" of Yamamo will have been introduce to the December issue of CREA.Of this project was carried out a questionnaire interview about the magazine main generation of women, it was that introduced in the magazine a souvenir of recommended local for each prefecture. Yamamo products rise to the recommendation, it is now carry you if you introduced in the magazine. It is not limited to our products, products that are selected in this magazine are full of charm. Please look at the nice product groups around the country._mediainfo.


報道刊載的告知

Yamamo的“解冻”将一直介绍CREA的12月问题。这个项目进行了有关该杂志主要一代女性的问卷调查,是在杂志上介绍了当地推荐为每个县的纪念品。 Yamamo产品上升到了建议,现在是把你,如果你在该杂志推出。它并不局限于我们的产品,也将在这本杂志选中的产品都充满了魅力。请看看全国各地的漂亮的产品群。








YAMAMO'S CONTENTS_“MEDIA”について

これまで弊社ヤマモの記事を掲載いただいた内容を一括してまとめることにしました。ホームページTOPの“MEDIA”コンテンツからご覧になることができます。私たちは、その時々の時代や蔵元としての感覚に素直に従って取り組みを行って参りました。このようにまとめてみますと、その歩みが客観的に分かるような気がします。私たち自身の夢・目標に向かい、少しでも確かに歩みを進めつつも、みなさまのご指示とご支援をいただければ幸いです。これからもヤマモの活動を見守っていただければと思います。


About YAMAMO'S CONTENTS_ "MEDIA"

The contents of an article of Yamamo to this was to be summarized in a lump. You can take a look from "MEDIA" content of the website TOP. We, we have made efforts in accordance with honest to the sense of as the occasional times and breweries. When you try to put together in this way, the walk will feel like seen objectively. We went to dreams and goals, we certainly advance the walk. We would appreciate everyone of your instructions and your support. I think if you can now also watch over Yamamo activities.


左右YAMAMO'S CONTENTS_ "MEDIA"

Yamamo的此一文章的內容是概括在腫塊。你可以從網站首頁的“媒體”的內容一看。我們,我們已按照誠實感的努力偶爾的時間和釀酒廠。當您嘗試放在一起以這種方式,走路會覺得自己看到的客觀。我們去的夢想和目標,我們肯定推進的步行路程。我們將非常感謝大家您的指示和您的支持。我認為,如果你現在還可以監視Yamamo活動




YAMAMO'S CONTENTS_"MEDIA"


記事掲載のお知らせ

「料理通信 11月号」にヤマモの「雪解け」がご紹介されております。“発酵王国の伝承と革新”のキャッチコピーのもと、弊社ヤマモは秋田の革新的な味噌としてご紹介されております。クラシックに伝統的なつくりを踏襲しつつ、糀菌の生育温度帯や酵母環境を整えることで、これまでにない風味を醸し出すようにしております。造りを革新的と評価していただけたこと、大変嬉しく思います。詳細は記事をご覧いただきたいと思います。


Information that our work was published

YUKIDOKE" of Yamamo will have been introduce to the "RYORITSUSHIN November issue." This is the article of the catch copy of "fermentation kingdom of tradition and innovation". We are pleased to introduce as an innovative miso of Akita. While following the traditional make to classic, we have to strike a innovative flavor by adjusting a growth temperature zone and yeast environment of Kojikin. That was able to evaluate and innovative the build, I think very pleased. Details would like seeing the article. _mediainfo.


報道刊載的告知

Yamamo的“解凍”,將已推出了“烹飪交流十一月的問題。”這就是“發酵的傳統與創新王國”的捕捉複印件文章。我們很高興地介紹作為秋田的一個創新的大醤。而按照傳統的化妝經典,我們通過調節酒曲黴菌的生長溫度帶和酵母環境求取創新風味。這是能夠評估和創新的身材,我覺得很高興。詳細想看到這篇文章。








記事掲載のお知らせ

「nice things. 11月号」にヤマモの「あま塩しょうゆ」と「焦香」の2商品がご紹介されております。“食をデザインする料理が楽しくなる調味料”にて特集されています。ローカルや新しいフードカルチャーが引き起こす現代社会の変化を日に日に実感しております。ヤマモの商品が皆さまの食卓でご活躍できればと思います。ぜひ、記事をご覧いただきたいと思います。


Information that our work was published

We are pleased to introduce "AMASHIO" and "KOGAREKO" is in the "nice things. November issue." It is featured in the "cooking to design food fun seasoning". It is day by day to feel the changes in the modern society that local and new food culture causes. Yamamo products I think if your success at the table of everyone. I would like seeing the article to everyone. _mediainfo. 


報道刊載的告知

我們很高興地介紹“甜蜜的鹽醤油”和“焦香”是“好東西。十一月的問題。”它的特點是在“烹飪設計的食品調料的樂趣”。這是日益感受到變化的現代社會,在當地新飲食文化的原因。 Yamamo產品我認為,如果你的成功在每個人的桌子上。我想看到的文章給大家。










平成26年度仕込「焦香」売り切れのお知らせ

平成26年度生産の「焦香」の在庫がなくなりました。これから収穫したハーブ類を加工し今年度分を仕込むため、もうしばらくお待ちいただきたいと思います。ご要望のお客様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。


Announcement of the 2014 fiscal year were charged "KOGAREKO" sold out

Stock "KOGAREKO" of 2014 fiscal year production was no longer. In order to teach the current year by processing will now be harvested herbs, we would like you wait for a while. The customer needs to apologize for the inconvenience, the more of your understanding, thank you.


2014財年公告被指控“焦香”售罄

股票“焦香”2014財年的產量已不再。為了教本年度由處理進行收穫藥材,我想請你稍等一會兒。客戶需要歉意,你了解得越多,謝謝大家。





記事掲載のお知らせ

「nice things. 9月号」にヤマモの「雪解け」がご紹介されており、秋田のローカルフードとして特集されています。現代における健康を考え塩分を40%カットし、そのまま食べてもおいしい塩味とし甘味や旨味を凝縮した「雪解け」味噌。雪国の強みである低温のアルコール発酵を促し、諸味蔵で香りを大切にしながらも、味わいは洗練されて都会的な雰囲気を醸し出すようにしています。当蔵は雪国地域の特色を製品に活かしながら、現代にもおいしく健康で在るような革新的なものづくりを目指しております。ぜひ、ご覧いただきたいと思います。


Information that our work was published

"YUKIDOKE" of YAMAMO will have been introduced to the "nice things. September issue." It has been featured as a local food of Akita. Considering the health in modern, while holding salt to 7%, was condensed sweetness and umami "YUKIDOKE". I encourage the low temperature of the alcoholic fermentation is the strength of the snow country. Fermented with mash elephants, even while to cherish the aroma, the taste is refined we have to urban. While taking advantage of the features of the snowy country region to the product, we aim to deliciously healthy innovative manufacturing modern as well. We certainly would like seeing to everyone. _mediainfo.


報道刊載的告知

YAMAMO的“解冻”将相继出台了“nice things. 九月的问题”。它已被作为特色秋田县的当地美食。考虑在现代的健康,同时保持盐至7%,为稠的甜味和鲜味“解冻”。我鼓励酒精发酵的温度低是雪国的实力。发酵醪与大象,即使珍惜的香气,味道细化,我们必须在城市。同时利用白雪皑皑的国家地区的产品的功能优势,我们的目标是美味健康的创新型现代制造业,以及。我们当然希望看到的每一个人。








記事掲載のお知らせ

「地域の魅力を引き出す!リニューアルデザイン」にヤマモがご紹介されております。非常にしっかりとした構成で、弊社は商品パッケージやパンフレットを中心に取り上げていただきました。ページ数が217と事例も多く、全国的に網羅されていると感じました。日本の特色ある地方の産業が、各々の道で独自の強みを活かすことで、日本の産業の新しい豊かさを提示していると思います。リニューアルデザインは、過去に続いてきたものを直感的に伝える方法論のため、沢山の共感を生み、多くの方が楽しめるものと思いました。ぜひ皆様にご覧いただきたいと思います。


Information that our work was published

Yamamo to "bring out the charm of the region! Renewal design" will have been introduced. In a very firm structure, our company we have focuses on product packaging and brochures. Number of pages are many 217 and the case, it felt to have been nationwide coverage. Distinctive local industry of Japan, should take advantage of the unique strengths in each of the road. I think it is presenting a new richness of Japanese industry. Renewal design is a methodology that intuitively convey the things that have been followed in the past. Therefore, the birth of the sympathy of the people of a lot, I thought it was assumed that many people enjoy. We certainly would like seeing to everyone. _mediainfo.


報道刊載的告知

Yamamo為“帶出的區域!更新設計的魅力”將相繼出台。在一個非常堅定的結構,我們的公司,我們必須專注於產品包裝和說明書。頁數很多217的情況下,我們覺得已經覆蓋全國。日本特色的地方產業,應該在每個道路的優勢的獨特優勢。我認為這是展示日本產業新的豐富性。更新設計是一個直觀的傳達一直跟著過去的事情的方法。因此,很多人的同情的誕生,我還以為這是假設有很多人喜歡。我們當然希望看到的每一個人。








講演会登壇のお知らせ

福島県と岩手県で開催される「Gマーク」活用法特別講演会に七代目・高橋が登壇します。福島岩手両県とも、現地企業様から直接ご依頼があり、この企画が実現したそうです。海外の取組みもグッドデザイン賞も、たくさんの方のご指導があり、その応援に応えようとして今があると思います。些細なことかもしれませんが、きっかけの出来事やつまずきもありました。その小さな出来事の連続をお伝えできればと思います。機会がありましたら、会場までお越しいただきたいと思います。


News of lecture going on the platform

The seventh generation of Takahashi goes on the "good design mark" utilizing method special lecture held in Fukushima-ken and Iwate-ken. There was also request directly from a local enterprise with both prefectures, and this plan was achieved. Overseas work and a good design award could bring about results. I had a lot of persons guide. And we experienced small success, bewilderment and collapse. I think when I can tell you continuation of this small affair. If there is a chance, I would like to ask you to come to the meeting place. mediainfo.


演講會登上講壇的通知

在在福島縣和岩手縣被召開的「日本優秀設計商標」利用法特別演講會第七代的高橋登上講壇。與兩縣,從當地企業直接有委託,這個企劃也實現了。海外的工作和good design獎都能出結果。請很多的各位指導領受了。又我們經驗了小成功和困惑和挫折。我傳達這個小事情的連續如果可能想。如果我有機會,想到會場光臨領受。





●2015年度グッドデザイン賞応募説明会
日時:4月21日(火)14:00開始/16:00終了
会場:コラッセふくしま 福島県福島市三河南町1番20号 http://www.corasse.com/access
内容:2015年度グッドデザイン賞の趣旨・応募手順などの説明
   ヤマモ味噌醤油醸造元七代目高橋泰氏特別講演
主催:公益財団法人日本デザイン振興会
対象:グッドデザイン賞への応募を検討する企業、公的機関や団体、デザイナー、NPO法人など
参加費:無料、事前申込み制
申込先:「社名」「出席者名」「連絡先電話番号/メールアドレス」を明記のうえ、日本デザイン振興会宛(info@g-mark.org)にメールでお申込み。


●2015年度グッドデザイン賞応募説明会
日時:4月22日(水)13:30開始/15:30終了
会場:岩手県工業技術センター 岩手県盛岡市北飯岡2-4-25 http://www2.pref.iwate.jp/~kiri/
内容:2015年度グッドデザイン賞の趣旨・応募手順などの説明
   ヤマモ味噌醤油醸造元七代目高橋泰氏特別講演
主催:公益財団法人日本デザイン振興会
対象:グッドデザイン賞への応募を検討する企業、公的機関や団体、デザイナー、NPO法人など
参加費:無料、事前申込み制
申込先:「社名」「出席者名」「連絡先電話番号/メールアドレス」を明記のうえ、日本デザイン振興会宛(info@g-mark.org)にメールでお申込み。


● A good design award application briefing session in fiscal year 2015
Time: April 21 Tuesday 14:00 starting /16:00 end
Place: Number 1, Mikawaminamimachi, Fukushima-shi, Fukushima of stripe KORASSE wipes up  Number 20  http://www.corasse.com/access
Contents: The gist which is a good design award in fiscal year 2015 and the explanation of an application procedure
The seventh generation of Yasushi Takahashi special lecture of a Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company
Sponsorship: Foundation Japanese design promotion association of public interests
Target: The enterprise which considers an application, official facilities, a group, a designer and NPO corporation to a good design award.
Entrance fee: No charge and preliminary application system
Application destination: "Company's name" "attendant name" "the phone number telephone number/mail address" is written clearly. Apply to (info@g-mark.org) for a Japanese design promotion association by mail.


● A good design award application briefing session in fiscal year 2015
Time: April 22 Wednesday 13:30 starting /15:30 end
Place: Iwate-ken industrial technologies center  Morioka-shi, Iwate northern Iioka 2-4-25 
http://www2.pref.iwate.jp/~kiri/
Contents: The gist which is a good design award in fiscal year 2015 and the explanation of an application procedure
The seventh generation of Yasushi Takahashi special lecture of a Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company
Sponsorship: Foundation Japanese design promotion association of public interests
Target: The enterprise which considers an application, official facilities, a group, a designer and NPO corporation to a good design award.
Entrance fee: No charge and preliminary application system
Application destination: "Company's name" "attendant name" "the phone number telephone number/mail address" is written clearly. Apply to (info@g-mark.org) for a Japanese design promotion association by mail.


●2015年度good design獎應募說明會
日時:4月21日(星期二)14:00開始/16:00結束
會場:korasse福島 福島縣福島市三河南町1號20號 http://www.corasse.com/access
內容:2015年度good design獎的宗旨·應募次序等的說明
Yamamo醤醤油釀造商,第七代的高橋泰特別講演
主辦:公益財團法人日本設計振興會
對象:研究向good design獎的應募的企業,公共機關和團體,設計師,NPO法人等
參加費:免費,事前申請制
申請處:記載「社名」「出席者名」「聯繋方式電話號碼/郵件地址」。
給日本設計振興會(info@g-mark.在org上(裡))用郵件申請。


●2015年度good design獎應募說明會
日時:4月22日(星期三)13:30開始/15:30結束
會場:岩手縣工業技術中心岩手縣盛岡市北飯岡2-4-25 http://www2.pref.iwate.jp/~kiri/
內容:2015年度good design獎的宗旨·應募次序等的說明
Yamamo醤醤油釀造商,第七代的高橋泰特別講演
主辦:公益財團法人日本設計振興會
對象:研究向good design獎的應募的企業,公共機關和團體,設計師,NPO法人等
參加費:免費,事前申請制
申請處:記載「社名」「出席者名」「聯繋方式電話號碼/郵件地址」。
給日本設計振興會(info@g-mark.在org上(裡))用郵件申請。


記事掲載のお知らせ

「暮らしを素敵に丁寧に。」をテーマにしたキュレーションメディア、“キナリノ”にてヤマモの記事が2ページにわたり掲載されております。これまでの取り組みだけでなく、商品も交えて紹介していただけたこと、非常に嬉しく思っております。次世代に向けて、伝統産業があるべき姿を追求していきたいと思います。記事の掲載、ありがとうございました。


News of article carrying of YAMAMO

"Of living, it's polite nicely." an article of YAMAMO appears on it over 2 pages in the curatorship media made a theme and "kinarino". I'm glad that you could introduce because I also include goods as well as the former match. Traditional industry would like to pursue the true form for the next generation. Thank you very much for carrying of an article. _mediainfo.


報道刊載的通知

「極好地謹慎認真生活。要」主題歸結的媒體,"Kinarino"Yamamo的報道經過2頁被刊載。到現在為止的不僅僅是工作還有,商品也夾雜可以介紹,感到非常高興。我轉動下一代,想傳統產業追求應有的身姿。報道的刊載,謝謝。


 

Tradition is defended and it keeps evolving. Long-established store in Akita "Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company" | Kinarino
 | Kinarino
保持傳統,持續進化。秋田的老舖子「Yamamo醬醬油釀造商」 | Kinarino





 
〈 追記〉

2040 “70万人社会”と向き合う 〜秋田の未来を考える元年〜。こちらの番組のフェローとして七代目・高橋が出演します。これから約一年間、伝統産業の立場からこの課題について考えていきたいと思います。 第一回目がNHK秋田、4月3日午後7時30分〜55分に放送されます。是非、ご覧いただきたいと思います。


〈 postscript 〉

The first year it's confronted with 2040 "700,000 person society"-when Akita's future is considered-. Seventh generation, Takahashi appear as Faeroe of this program. About one year would like to think about this problem from the view point of traditional industry now. The first time is broadcast by Akita of NHK at 7:30pm April 3-55 minutes. By all means, I would like to ask you to see it.


〈 補記 〉

考慮2040 與“70萬人社會”相對的 〜秋田的未來的元年〜。作為這個節目的表演者第七代·高橋演出。我今後約一年,想從傳統產業的立場考慮關於這個課題。 第第一回NHK秋田,4月3日下午7點30分〜55分被廣播。我無論如何,想看。





2040 “70万人社会”と向き合う 〜秋田の未来を考える元年〜
The first year it's confronted with 2040 "700,000 person society"-when Akita's future is considered-
考慮2040 與“70萬人社會”相對的 〜秋田的未來的元年〜



復興デザインマルシェ2015の出店を終えて

2度目の出店となる復興デザインマルシェ。今年は事前に商品を予約していただいたり、知っていますよ!とお声掛けをいただいたり、前回よりもお客様とのコミュニケーションがより深いものであったと思います。実際に使用しているキャリーケースを利用したディスプレイにご興味をいただく方も多く、旅と調味料が生活を豊かにするという"Life is Voyage”の理念も、いくらか表現ができたのかなと思いました。またスタッフの配置は、古くからの友人たちの助けによって成し得たものでありました。店舗に不思議な一体感が出ていたように思います。何だか楽しい出店となりました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。


FUKKO DESIGN MARCHE 2015 branch has been finished

We made the 2nd time of branch FUKKO DESIGN MARCHE. I had a customer reserve goods beforehand this year. "I know your company!" and, I received the voice account. I think communication with a customer was deeper than last time. You had interest in the display for which the carry case I'm using actually was used. I thought the concept of "Life is Voyage" that the life is made abundant in travel and the seasoning could be expressed. My friends from the old days were a staff. I think a store sense of togetherness has gone out. It was a fun branch what it was. Thank you very much.


結束復興設計馬歇2015分號

我們對復興設計馬歇分號了第2度。今年請在顧客上(裡)事前預約了商品。「知道你的公司!」領受了聲音架。我想比上次與顧客的交流更深都。請在我利用實際使用的旅行箱的顯示器上(裡)有了興趣。我想表現完成了據說旅行和調料豐富生活的"Life is Voyage"的概念。再來自以前的朋友們成為了職員。想店舖一體感出來了。成為了總覺得快樂的分號。謝謝。






















〈 追記〉

秋田県男女共同参画情報誌「La Vita」様に記事を掲載していただきました。“片足を秋田に、もう片足は世界に”。このフレーズで分かり易くこれまでの活動を綴っていただけたこと、本当に嬉しく思います。表紙がオフの格好で誌面がオンの格好という構成の仕方も、取材を受ける側でありながら、興味深くありました。機会がありましたら、お手に取っていただければと思います。


〈 postscript 〉

Akita-ken gender equality information publication "La Vita", as, you carried an article. "Of one leg, for Akita, already, for one leg, in the world". I'm glad that you could write the former activity clearly by these sentences. A cover was the off figure and on paper was the construction as the on figure. Though this was the side where I'm interviewed, it was interesting. If there is a chance, I think when you'd read. _mediainfo


〈 補記 〉

請在秋田縣男女共同參與信息雜誌「La Vita」先生刊載了報道。“給秋田單腳,已經單腳向世界”。對用這個文章易懂地可以訂綴到現在為止的活動的真的感到高興。封面是關斷合適雜誌上開的樣子這個構成。在我受到採訪的一側雖然有,但是很有興趣地有這個。如果我有機會,想如果可以讀。






FOODEX JAPAN 2015 の出展を終えて

僕が東京で暮らした日々から離れて10年にはなる。そんな目線から見る東京も久しいと思った。時代が目まぐるしく移ろう中、自分自身の立ち位置も移ろうとき。僕はかつての首都東京を、それととれないでいた。


Submitting of FOODEX JAPAN 2015 has been finished

10 years have passed since I got away from every day when I lived in Tokyo. I thought Tokyo judged from such look was also long. When the leaving location is also changed while the time is changed quickly. I couldn't take former metropolitan Tokyo as


結束了FOODEX JAPAN 2015出展

偏離在東京生活的每天10年變成。從那樣的視線看的東京也考慮好久。時代眼花繚亂變化中,自己的立場也變化時。我以及一直沒去掉以前的首都東京。










FOODEX JAPANは国内最大級の食品見本市。そのため、これまで最もお声掛けの多い展示会だった。国内の展示会は初めてのものとなり、ご迷惑をお掛けした部分があったかもしれない。それでも、ヤマモの取り組みを理解してくださる方々に多数お会いすることができ、本当に嬉しく思った。海外に取り組み3年、ここにきて国内の取引ができたことは自分にとっていいものとなった。


FOODEX JAPAN is a food trade fair of the domestic maximum level. Therefore it was an exhibition with the most voice account up to now. A domestic exhibition was a first one, and maybe there was a part where I caused you trouble. Still it was possible to meet the person who understands a match of YAMAMO a lot, and I was glad. Domestic dealings worked on foreign countries and came here in 3, and were something which may be taken for itself to be done.


FOODEX JAPAN是國內最大級的食品商品展覽會。是為此,到現在為止最聲音架多的展示會。國內的展示會說不定有給您添第一次的東西旁邊,麻煩的部分。儘管如此,大量能遇到理解Yamamo的工作的各位,真的感到高興。專心致力海外3年,來這裡國內的能交易的成為了對自己來說好東西。














各国の渡航先で知り合ったバイヤーの方々や海外でご一緒した仲間の出展者様など、国内の展示会でありながらこれまでの取り組みによる人間関係を凝縮したかのような思いを抱いた。人と人の縁はすばらしいもので、故意にする仲の方から同じ志の方々まで、その繋がりから続くさらなる広がりには驚くばかりだ。また同年代の同業者の方々からいただく大きな決断と勇気には私自身もハッとさせられた。伝統産業を継ぐことの課題は、ほぼほぼ似たようなところがあり、その解決策をどの道筋で辿るかという問題であると思う。決断を下し、突き進む姿には勇気をいただいている。
はじめての国内の展示会は、海外取引の集大成とその仲間の存在を知ることとなった。もはや国内外の壁はなく、しかるべき未来に向かい、決断し、進む時なのだと思った。


The person of a buyer who met at a voyage destination in each country and Mr. company's submitting person who accompanied overseas have come. Though it was a domestic exhibition, they seemed to have condensed the human relations by the former overseas match. The edge of a person and a person is wonderful. A person of the same will has come from the way with he's on good terms from the past, too. The further expanse which continues from its relation was astonishing. I met persons in the same trade of the same generation. I looked up to the courage as their big decision. There is a similar part for a problem of setting traditional industry. I think a problem so by which reason you advance the countermeasure by an individual. I have the courage in the form that I render a decision and plow.
The first domestic exhibition is going to know compilation of overseas dealings and the company's existence. A domestic and abroad wall was decided to the appropriate future when I cry already, and thought it was when it was developed.


在在各國的出國處相識的買方的各位和海外一細繩下面朋友出展者先生等來了。好像在國內的展示會雖然有凝結了但是由到現在為止海外的工作的人際關係。人和人緣極好。一樣的志向的各位從從很早以前關係好的一方也來了。從那個關聯繼續的新的擴展感到吃驚。又遇到同年齡的同業者的各位。尊敬了他們的大的決斷和勇氣。繼承傳統產業的的課題,有像的部分。因此我想是要說在個人在哪個道路前進那個解決的辦法問題。作出決斷,在突破的身姿上(裡)領受著勇氣。
第一次的國內的展示會,成為了知道海外交易的集大成和那個朋友的存在的。已經國內外的牆沒有,趨向適當的未來,決斷,想前進時。
 






〈 追記 〉

d design trabel 大分 にてヤマモの記事が掲載されております。d47 MUSEUM の黒江美穂さんに記事を投稿していただきました。文面に有りますよう、ヤマモがこれまで織り成してきた味から、「あま塩しょうゆ」をお餅に合わせていただくことは、非常に嬉しい組み合わせと思いました。ありがとうございました。また、よろしくお願いいたします。


〈 postscript 〉

An article of YAMAMO appears on it in d design trabel Oita. I had Ms. Miho Kuroe of d47 MUSEUM contribute an article. YAMAMO thought to add "AMASHIO SHOYU" to rice cake from the taste continued up to now as very wonderful combination so that it was in contents of a letter. Thank you very much. _mediainfo


〈 補記 〉

d design trabel 大分 Yamamo的報道被刊登。請對d47 MUSEUM 的邱照穗先生報道投稿了。字面有的那樣,從Yamamo到現在為止繼續的味,在年糕上(裡)共計領受「稍帶鹹味醤油」的,考慮非常高興的組合。謝謝。








イベント登壇のお知らせ

2月21日に行われる秋田南高校のプログラム、“国際探究「企業講座」―海外戦略を視野に入れた企業に学ぼう―” にて七代目・高橋と海外事業部の鈴木が登壇します。経営者と新入社員の目線でこれまでの取組みをお話できればと思います。これからの未来をつくる一年生、学年の皆様の前でのお話は、恐縮するところがございますが、未知の大地への想いや新しい時代に生きる道しるべとなるようなものを感じていただければと思います。(*講演は秋田南高校一年生の学年の皆様限定となります)


Information that seventh generation,  Takahashi go on an event

Seventh generation, Takahashi and Suzuki of an overseas division take the platform in a program of the Akita-minami high school performed on February 21 and the-" from which they'll learn an investigation "enterprise lecture"-an overseas strategy in the enterprise which could come in sight "internationally. I think when you can talk about the former match with a proprietor by new employee's look. There is a place grateful for a story in front of the first grader who makes the future future and everybody of the grade, but I think when you'd feel the one which becomes feelings to the unknown earth and the guide through which I live the new time. (*Everybody of the grade of the first grader of Akita-minami high school will be limitation for a lecture.)


第七代的高橋為活動登上講壇的告知

2月21日被進行的秋田南高中的程序,“向放入視野的企業學習國際探求「企業講座」-海外戰略的-”第七代·高橋和海外事業部的鈴木登上講壇。我想如果在經營者和新職員的視線到現在為止的工作能交談。在製作今後的未來的一年生,學年的大家面前的話,有誠惶誠恐的地方,不過我想如果可以感到象成為,向未知的大地的感情和生活於新的時代裡的路標一樣的東西。(*講演成為秋田南高中一年生的學年的大家限定)










〈 追記〉

2月17日付けの秋田魁新聞の県内企業の海外展開事例にてヤマモの取り組みがご紹介されました。本格的な取り組みを始めて3年、海外でお仕事をいただくことが珍しいことではなくなりました。地方の伝統産業が次の時代を目指し、取り組むべき課題は多いと思います。地に足を付けしっかりと前を向き、歩んでいきたいと思います。


〈 postscript 〉

Activity of YAMAMO introduced in an overseas development case of a prefecture enterprise on Akita Sakigake newspaper dated February 17. We began real work overseas, and were 3 years, but the chance to work overseas increased. I think there are a lot of problems on which local traditional industry should work aiming at the next time. A foot is put on the place and it faces to the front tightly, and I'd like to walk. _mediainfo


〈 補記 〉

2月17日的秋田魁新聞縣內企業海外展開事例Yamamo的活動被介紹了。我們是在海外開始真正的工作3年,不過,在海外工作的機會加了。地方的傳統產業想以下面的時代作為目標,應該專心致力課題多。我想把腳接觸地好好地向前,走向。





記事掲載のお知らせ

「body+」3月号、日本生まれのGOOD FOOD&ITEMの記事でヤマモの【雪解け】がご紹介されております。春になりますと、熟成一年目を迎える香り高い季節となります。ぜひご賞味いただきたいと思います。誌面の写真や世界観が弊社と通じるところが有り、非常に嬉しく思います。編集部の皆様、ありがとうございました。

http://bodyplus-net.com/


Information that our work was published 

"Yukidoke" in YAMAMO is introducing by an article of "body+" March issue. A special story of GOOD FOOD&ITEM born in Japan. When spring comes, it'll be the aromatic season when maturity for the first year is met. I would like to ask you to enjoy by all means. There is a place where a picture of the on paper and a worldview connect with us, and I'm glad. Thank you very much for everybody of an editorial staff. _mediainfo.

http://bodyplus-net.com/


報道刊載的告知

「body+」3月號,用日本出生的GOOD FOOD&ITEM的報道Yamamo的【雪融】被介紹。到春天的話,成為迎接成熟第一年的香味兒高(貴)的季節。我想無論如何承蒙品嚐。有雜誌上的照片和世界觀與敝社貫穿的地方,感到非常高興。編輯部的大家,謝謝。












〈 追記 〉

先日の求人「七代目・高橋茂助による次世代型杜氏集団の設立と募集 / 発酵技術×文化芸術×旅」 に多数お問い合わせをいただいております。海外の方のお問い合わせも複数あり、その反響に驚いております。このたび数名の採用は決めましたが、ヤマモの次世代型杜氏集団の門戸は、いつでも開いておこうと思います。ご興味がある方は、七代目・高橋までお気軽にお問い合せくださいませ。


〈 postscript 〉

I have a question a lot in the other day's vacancy "the next generation type brewer by seventh generation Mosuke Takahashi, establishment of a group and recruitment / fermented technology x cultural art x travel". A question to the foreign countries, more than one, I have that and am surprised at the response. Adoption of several people has been decided this time, but I think I'll open the door of the next generation type brewer of sake group of YAMAMO anytime. A person with interest even inquire seventh generation, Takahashi any time, please.


〈 補記 〉

為前幾天的招人「由第七代·高橋茂助的下一代型杜氏集體的成立和募集/發酵技術×文化藝術×旅行」領受著大量諮詢。海外的諮詢也有複數,對那個迴響吃驚。決定了這次數名的採用,不過我,Yamamo的下一代型杜氏集體的門戶,想無論什麼時候預先開。有興趣,是請到(連)第七代·高橋輕鬆愉快地詢問。


DESIGN BUSSAN 2014公式図録掲載のお知らせ

DESIGN BUSSAN 2014公式図録にヤマモが掲載されております。伝統産業を様々な視点で再評価し、次世代へと残していくことは非常に大切なことで、私たちもこの取組みに賛同します。ヤマモの商品が日本文化を未来へと継承する一助となれればと思います。また、担当者の黒江さんとは活発に意見交換させていただきました。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。


Information of DESIGN BUSSAN 2014 formal pictorial record printing

Yamamo is appeared on DESIGN BUSSAN 2014.Smokestack industries are reappraised by various viewpoints, leaving the next generation is very important and we also consent to this measure. I think if the goods of Yamamo get used with an aid which inherits Japanese culture to the future. Moreover, I was allowed to carry out exchange of opinions actively to a person in charge, Kuroe. I need your help well from now on. Thank you. _mediainfo


DESIGN BUSSAN 2014正式圖錄刊載的告知

在DESIGN BUSSAN 2014正式图录Yamamo被刊登。在各种各样的视点再估价传统产业,向下一代留下由于非常重要事,我们也赞同这个工作。我想如果Yamamo的商品熟向未来继承日本文化的一点儿帮助。还有,请与担当者邱樟萓験跃地让我交换了意见。今后也请多关照。谢谢。














〈 追記 〉

秋田県食品関連事業者シンポジウム&交流会のパネリストとして七代目の高橋が登壇します。


【秋田県食品関連事業者シンポジウム&交流会】

11月21日(金)
会場:イヤタカ(秋田市中通6丁目1-13)

秋田県内の少子高齢化や人口減少が進む中、県外市場を見据えた食品関連事業者としての戦略を考える機会として、食品製造業者や小売・卸、流通、生産者等の食品産業関連業種を対象にシンポジウムを開催します。

【パネルディスカッション】(15時40分〜17時)
テーマ「地方食品産業の販路開拓」
(参加無料・定員:120名)

テーマ:「県外販路開拓には何が必要か」
アドバイザー:黒川健太氏
パネリスト:株式会社川口屋 取締役 川口雅也氏
高茂合名会社 常務取締役 高橋泰氏
郷土料理いしかわ 代表 石川次夫氏


〈 postscript 〉

Takahashi of the seventh generation participates as a panelist of an Akita food-related business operator symposium & exchange meeting.

[Akita food-related business operator symposium & exchange meeting]

Fri., November 21
The hall: iyataka(6-1-13, Naka-dori, Akita-shi)

While low birthrate and longevity and the decrease in population in Akita progress, symposium is held for food industry related types of industry, such as a food-manufacturing-industry company, retail and wholesale, circulation, and a producer, as an opportunity to consider a strategy as a food-related business operator who gazed at the outside-of-the-prefecture market.

[Panel discussion] (15:40 - 17:00)
Theme:"cultivation of market of district food industry"
(participating no-charge [ and ] capacity: 120 persons)

Theme:"-- outside-of-the-prefecture cultivation of market -- what -- necessity or"
Adviser: Kenta Kurokawa
Panelist: Kawaguchi Store   Director  Masaya Kawaguchi
TAKAMO&Corp. Managing director  Yasushi Takahashi
Local-culinary-specialties Ishikawa   Representation  Tsugio Ishikawa


〈 補記 〉

作为秋田县食品关联经营者讨论会&交流会的讨论成员第七代的高桥登上讲坛。
11月21日(星期五)
会场∶iyataka(秋田市中通6丁目1-13)

作为秋田县内的少子老龄化和人口减少前进中,考虑作为定睛看县外市场的食品关联经营者的战略的机会,食品制造业者和零售·批发,流通,生产商等的把食品产业关联行业作为对象召开讨论会。

【专题讨论会】(15点40分〜17点)
主题「地方食品产业的拓销」
(参加免费·定员∶120名)

主题∶「为县外拓销什么是必要」
顾问∶鄒邨鯊誓萓
讨论成员∶株式会社川口铺董事川口雅也先生
高茂合股公司常务董事高桥泰先生
本地特色菜石川代表石川下面夫先生


momotoseでのお取り扱いのお知らせ_"feature" momotose

弊社ヤマモと同じ岩崎地域にありますmomotoseでのお取り扱いがはじまりました。古くからの蔵を現代に馴染むよう改築し、カフェやインテリアショップ、イヴェントスペースを設けた店舗です。momotoseとヤマモを行き来するお客様も多く、同地域の魅力を発信する意味で、共感する部分が多々あります。地域文化をどのように伝えていけるのか。歩みを揃えていければと思います。


Information of handling by momotose_"feature" momotose

Yamamo products are now in momotose, located in Iwasaki, Yuzawa. The owner of momotose reformed the old Japanese style storage, Kura, and make it to the store has café, interior shop and event space. People enjoying go and come to momotose and Yamamo. We believe local should be a sightseeing spot as same as cities. I hope that we cooperate and make more people came to Iwasaki.


momotose在的处理的告知_"feature" momotose

在在与Yamamo一样的岩崎地区的momotose的使用方法开始了。是重建现代适应来自以前的仓库,咖啡和室内装饰店铺,设置event space的店铺。以momotose和Yamamo往返的顾客也发信多,该地域的魅力的意义,多地有同感的部分。能怎么传达去地域文化?我想如果能汇集去行走。



















〈 追記 〉

朝日新聞「私の転機」にて七代目・高橋の取組みがご紹介されました。家業を継いでからの葛藤からはじまり、今現在の取組みに至るまでを記事にしていただいております。伝統として残すべきところ、削ぎ落として磨きあげていくところ。非常に難しいところですが、次世代に向かい、やるべきことです。記者の林さんには長時間の取材でお世話になりました。ありがとうございました。皆様にも、是非ご一読いただければと思います。


〈 postscript 〉

7th generation Takahashi was featured  on Asahi News Paper "my turning point." He talked the biggining of his career as the 7th, from the conflict after inheriting trade, to current projects. What should remain and  improve  for generation to genaration is very hard to distingish. However, I believe it is what people should do. The reporter Hayashi spend long time to understand my idea and concept. Thank you so much. I hope you read the article is you have a chance. _mediainfo


〈 補記 〉

朝日新聞「我的轉機」第七代·高橋的工作被介紹了。開始於繼承家傳的行業的之後糾紛,現在及至現在的工作承蒙要報道。作為傳統應該留下地方,削gi丟落擦亮的地方。非常難,不過是朝向,下一代,應該做事。承蒙記者林先生由於長時間的採訪關照。謝謝。我想如果能請大家,也無論如何讀一次能得到。





村上様_内祝い

ご家族の人生が幸福と笑いでいっぱいでありますように!


Family celebration_Mr. and Mrs. Murakami

Wishing your family a lifetime of happiness and laughter! ARIGATO!


贈品_村上先生收

家族的人生與幸福以笑為使滿!
 












〈 追記 〉

読売新聞「ことばの肖像」にて七代目・高橋がご紹介されました。これまでの取組みの経緯だけではなく、NY渡航で高橋が感じ取った最も新しい感覚についても記事にしていただいております。歴史あるものを次世代へと続くよう磨き上げていくこと、記者の津田さんには熱心に取材をしていただきました。ありがとうございました。皆様にも、是非ご一読いただければと思います。


〈 postscript 〉

7th Generation Takahashi was featured on “Kotoba no Shozo”, Yomiuri News Paper. The article is not only about his career but also new inspiration he has gained from the trip to NY. Thank you to Ms. Tsuda who interviewed and wrote the article with her passion. We hope you enjoy it, too. _mediainfo



〈 補記 〉

讀賣新聞「言詞的肖像」第七代•高橋被介紹了。關於不僅僅是到現在為止的工作的經度和緯度還有,用NY出國高橋感到的最新的感覺也變成了報道。請對記者津田先生熱情地採訪了。謝謝。大家,請也無論如何試著讀。





ことばの肖像「社員や道具の磨き上げがブランド力につながる」
Kotoba no Shozo “Brushing up skills of employees’ and instruments lead a brand name"
言詞的肖像 "公司職員和工具的擦亮向(到)品牌力相連"




事業承継を目指して

秋田に戻り7年が経ちました。私が家業を継ぐという個人の領域だけではなく、会社としての「事業承継」にしっかりと取り組むことを決意しました。社員との対話や外部の方々との交流。これまで私なりに、その回数を重ねてきました。志を新たにした弊社では、インターンシップを含めた社会人のはじまりから、社会で成熟し、かつ、人生をいいものにできるところまでの制度設計を新たにしていきたいと思います。今年から数年をかけて、新しいヤマモを皆様にお示しするつもりです。私は現在日本の外に居るからこそ、この決意を発信したいと思います。これからも弊社ヤマモをよろしくお願いいたします。

初夏のNew York Cityより
2014年6月13日

ヤマモ味噌醤油醸造元
高茂合名会社
七代目 高橋泰


My company aims at a global company.

It has been 7 years since I came back to Akita. Today, I determined to take down Yamamo from my father not only the title as the 7th but also DNA of the company such as its ideal and belief. I discussed with my staff and people around the company about how the business should be over and over again. I want all my staff to live better lives. For make it real, we have started to build up new institutional design. We will show you new Yamamo from now on. Even though I am outside of Japan, I felt that my decision should be shared with our customers. So please be looking forward to seeing our revolution. 

Best regards, 

New York City of early summer
June 13, 2014

Yasushi Takahashi The 7th Generation of Mosuke Takahashi
TAKAMO & Corp.
Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company


我的公司作為全球的企業目標


返回秋田七年過去了。決心了好好地致力於作為公司的「事業繼承」的。與公司職員的對話和與外部的各位的交流。反復了那個回數。我在重新做志向的敝社,想人生為好東西重新做能的制度設計。打算從今年到數年,對大家表示新的Yamamo。我現在正因為在日本外邊,考慮這個決心正是發信重要。今後請多關照敝社Yamamo。

比初夏的紐約
2014年6月13日

高茂合名會社
Yamamo味噌醤油釀造商
第七代傳人 高橋泰












インターン生もとい海外事業部、鈴木 晴日よりメッセージ

インターンを始めて一ヶ月。先ごろ、海外事業部に私の名がある名刺をいただきました。常務をはじめ、社の皆様からは、まるで正社員のように接していただいています。事業承継を目標に掲げる常務と仕事関係者の方々を廻り、お話を聴かせていただきました。様々な経営者の方にお会いするうち、地方の中小企業が直面する最大の問題は後継者問題であると感じるようになりました。
会社が後世に残るよう、新しい人材に事業を継承していく為には、ある程度の環境が必要だと思います。環境というのは、地域外出身の学生が入社しても安心して一人暮らしをしていけるような手助けという事です。私が言いたいのは、金銭的なことではありません。見知らぬ土地で一人暮らしする者にとって、住居(家の間借り)や食料(食事の提供や農産物のおすそ分けなど)など、コミュニティの存在は些細な事でも大変助かることだと実感しました。
学生が就職先を決める際に会社の条件で選びすぎだという経営者の方がいらっしゃいますが、私はそのような学生は、本質的ではないと思います。企業にとって必要な人材は、会社の理念・理想を追求しようという、これからを承継する人間です。条件で会社を選ぶような人材が入社しても続かないでしょうし、そういうことが起こらないように事前に何度も話し合いを重ねる必要があるのではないでしょうか。
地元秋田の経営者の方が会社や現状のありのままの姿を伝え続ければ、動かされる人はいると思います。私でよろしければ何度でも言いたいと思います。みなさんは素晴らしい経営者です。だからこそ、その思いに共感する人は必ずいらっしゃいます。
私は先日まで就職活動をしていました。そして、学生が県内企業の経営者の方と接する機会は多くありません。大学の合同説明会で話を聞ける企業は少ないですし、自分で本気で探そうと思わなければ情報に辿り着く事すらできません。今はこうして県内でインターンをしている私ですが、就活をしていたころは関東への就職を考えていました。それは、県外に出る事が当たり前だと思っていたからです。県内には就職先が無い。そう考えている学生が少なからずいると思います。
私が就活生に伝えたい事は「本気で何がしたいのか考えろ、視野を狭めるな」という事です。たくさんの方に言われていると思いますが 、どうしてその会社がいいのかよく考えてください。そして県内の民間企業の事を知ってください。もしかして、理由もなく選択肢から排除していませんか?ものすごくもったいない事をしているかもしれません。「経営者のすぐそばで彼らの思いを感じる事ができ、自分のスキルアップができる」それがおもしろいと思うのなら、秋田の企業を視野に入れるべきではないか、と思います。  


Message from Internship_Haruhi Suzuki

It has been 1 month since I have started internship in Yamamo. My business card says “overseas division”. Co-workers treat me as a member of the company. I had quite a few chances to talk with business owners in Akita. Then I realized that the biggest issue they face is the successor problem.
I think company needs to provide environment for new comers on some level in order to maintain business. The environment, which students could live by themselves should be provided. What I meant to say is not about money but some sort of support such as renting room and sharing food. As I am new in Yuzawa, Akita, where Yamamo locates, the existence of a community I can rely on is very encouraging.
Some business owners say that students choose company by its terms. However, the kind of students is not constitutive.Company wants people who willing to pursue its philosophy and ideal. To meet ideal people company needs to have conversation over and over again. People would be moved if business owners in Akita keep carrying down their situation. I am the one who was moved and started internship. Please keep sending message.
I was doing job hunting until March. While I was doing it I did not have chance to see business person in Akita. Only few companies make presentation in the university and information that I could reach was very limited. I am working Yamamo as an internship now, but I was thinking going outside of Akita for work. This is because I thought it is natural. Akita does not have place to work. I believe that I was not the only one thought that way. 
Message to students who are job hunting from me is “Think what you really want to do, do not limit potential to meet perfect matching company.” Many people say to you but you really need to think why you attract to the company. And please understand situation in which companies in Akita are facing. 
If you eliminate small businesses from your choices, it is so wasteful. You can learn from managers next to you. If you think this is interesting, you definitely should check business in Akita.


感想_鈴木晴日

開始實習生一個月。領受了海外事業部有我的名的名片。承蒙簡直象正式職員一樣接觸。迴轉常務和工作有關人員的各位,請給聽話。感到地方的中小企業面臨的最大的問題是繼任者問題。 
我後世留有公司的那樣,為了到新的人材繼承事業,想需要某種程度的環境。是所謂環境,地域外出身(生)的學生進公司放心也能象做去單身生活一樣的幫助這個事。我想說的,不是金錢的的事。對在未見過的土地單身生活做的人來說,住所和食品等,團體的存在體會到了是細微的事也非常得救。 
由於公司的條件是選出過多為學生決定就業處的時候這樣的經營者在,不過,我那樣的學生,牽掛不根本。對企業來說需要的人材,是說打算追求公司的理念·理想,承襲今後的人。由於條件象選出公司一樣的人材也會進公司不跟隨,像不發生那樣的事一樣地不是會需要在事前好多次重疊協商嗎? 
我想如果本地秋田的經營者持續傳達公司和現狀實事求是的身姿,被動的人在。諸位是極好的經營者。正因為如此,對那個所想同感的人必定在。 
我到前幾天做著求職。大量地沒有學生與縣內企業的經營者接觸的機會。在大學的聯合說明會能聽話的企業少,如果自己當真想找不即使為信息好容易走到的事也不能。是現在這樣在縣內做實習生的我,不過做,求職的時候考慮向關東的就業。對於縣內沒有就業處。我想那樣考慮的學生很多地在。 
我想給(對)求職生傳達的事是「別縮短考慮當真想做什麼,視野」這個事。怎麼那個公司很好地請考慮好。請知道縣內的民營企業的事。理由也沒有從可供選擇的方案沒排除嗎?說不定做著非常非常可惜的事。如果我想「經營者馬上在旁邊能感到他們的所想,自己的能提高熟練程度的」那個有趣,應該把秋田的企業不放入視野想嗎。  









〈 追記 〉

「VERY 6月号」にてヤマモの商品が取り上げられております。クリーミーごま味噌ドレッシングのレシピに「雪解け」がご紹介されております。その他のレシピもおいしそうなものばかりです。ぜひ書店にてお買い求めいただきたいと思います。


〈 postscript 〉
Yukidoke is featured on Very July edition. Our product is used as an ingredient of creamy sesame-miso dressing. Other recipes looks delicious too. You should get one at book store. _mediainfo



〈 補記 〉

「VERY 六月号」雪融被介绍。被奶油芝麻酱调味汁的菜谱使用。只有其他的菜谱看起来也好吃东西。无论如何书店考虑请购买,謝謝。









記事掲載のお知らせ

秋田も春の陽気が続いています。年度も改まり、新しい出来事や取り組みもはじまろうとしています。刷新された新しい感情に正直に、まっすぐに進んでいきたいと思います。先ごろ掲載された記事をお知らせいたします。


Information that our work was published 

Also in Akita, the spring warm day continues. A fiscal year is also changed and a new occurrence and work are also trying to start. I would like to progress to the new feeling reformed completely straight honestly. I announce you the report published at the point time. _mediainfo.


報道刊載的告知

秋田春天暖的日也持續著。年度也改變,新的事情和工作也打算開始。我對被刷新的新的感情想老實,很直地前進。通知前幾天被刊載的報道。








小学館発行の雑誌「SAKURA」春号にて【雪解け】の記事を書いていただきました。口コミによる評価をいただいたことは、本当に嬉しいことです。ヤマモの味わいが、これからも、あたたかい家族の食卓を応援できればと思います。詳細は誌面をご覧ください。

I had the report of a [Yukidoke] written with the magazine "SAKURA" of the Shogakukan issue. It is really delightful to have obtained evaluation by word-of-mouth communication. I think if the taste of Yamamo can aid a warm family's table from now on. Please look at space for details. 

小學館發行的雜誌「SAKURA」請寫了【雪融】的報道。領受由口頭互傳的評價的,是真的高興事。Yamamo的味,今後,支援如果可能想暖的家族的飯桌。詳細請看雜誌上。








外国人向けの日本国内観光地としてヤマモを取り上げていただいております。これまで、外国人留学生や海外ジャーナリストの受け入れも行ってきました。 ジェトロのウェブサイトを通じて、国内外に広くご説明の機会をいただければと思います。蔵見学につきましても、気兼ねなくお問い合せください。

Yamamo has had you take up as a foreigner-oriented tourist resort in Japan. We have also so far performed acceptance of a foreign student and an overseas journalist. I hope to receive the opportunity of explanation widely in in and outside through the website of JETRO. Please ask without constraint also about warehouse inspection. 

承蒙作為適合外國人的日本國內旅遊地沒收Yamamo。到現在為止,我們外國人留學生和海外記者的接納也去了一下。 我想如果通過JETRO的網站,向(到)國內外�・廣地能得到說明的機會。藏見學附有也,氣不兼請詢問。







グッドデザイン賞受賞年鑑掲載のお知らせ

ヤマモの屋号に表される国内外の取り組みが、2013年度のグッドデザイン賞受賞年鑑に掲載されました。受賞各社の中で改めて見ると感慨深いものがあります。製品だけではなく、取り組み全体でいただいたものですが、これからも分かりやすく皆様にお伝えしていかなければと思います。世界の中で日本の醸造が続いていきますよう、改めて願いを込めたいと思います。ありがとうございました!


Information of Good Design Award yearbook printing

The work in and outside the country expressed to the shop name of Yamamo was published at the Good Design Award yearbook in the 2013 fiscal year. We are glad that there is logo mark of our company in many award companies. We obtained the prize not only in a product but in the whole measure. We think that we have to tell this intelligibly to you. In the world, it is hoped brewing of Japan continues from now on! _mediainfo.


Good Design Award获奖年鉴刊载的告知

被Yamamo的商号表示的国内外的工作,在2013年度的Good Design Award获奖年鉴被刊登了。我们在很多的获奖企业中有敝社的标志标志的高兴。我们不仅仅是产品还有,以工作全部领受了奖。我们考虑这个必须易懂地传达在(到)大家。在世界中,请求着今后日本的酿造持续!











記事掲載のお知らせ

弊社ヤマモの取り組みを取り上げていただきました。海外や地元への活動を通じて今更に実感することは、1社、個の力ではどうにもできないところにあるということです。例えば海外へ出ることでも、調味料単体では外国に対して日本文化を充分に伝えることができません。「日本の文化=ありのままの日常生活」が伝わらなければ、本当の意味での日本人の文化、心は理解されません。世界で発信し、生活する姿を見せることで、世界は変わっていくことを活動の中で知りました。私たち日本人は世界の中では同じチームです。多くの者が次の世界を目指し、意志を共有することで、私たちの新たな道が拓けるはずです。私たちは、皆さまに広く活動やその意志を知っていただけることを、非常に有り難いと思っております。この活動が日本や世界にいつか還元できる時を夢見て、ヤマモの道は続いていきます。


Information that our work was published

Work of our company Yamamo turned into a newspaper article. I feel actually at overseas and local work. It is that there is a limit by the power of one company or individual. For example, even if it tells culture overseas, Japanese culture is not fully transmitted only with a seasoning. If "everyday life of Japanese culture = Japan" is not transmitted, they cannot understand a real Japanese's heart. The world changes because Japanese people speak and live in the world. I got to know it. Since we are Japanese, we are the same teams in the world. It is important that many people share will aiming at the next stage. Our new way will be found. When we are told activity and its will by you, we are very glad. We expect the time when this work can return to Japan or the world. The way of Yamamo continues. _mediainfo


報道刊載的告知

敝社Yamamo的工作成为了报纸报道。我由于海外和本地的工作体会到过。那个,是有1个公司和个人的力量界限。譬如告诉海外文化,光是调料日本文化不充分地也流传。如果「日本文化=日本的日常生活」不传达,真的日本人的心不能理解。由于日本人在世界发言,生活,世界变成。我知道了那个。我们是因为日本人在世界中一样的队伍。多的人以下面的舞台作为目标,共享意志重要。我们的新的道会找到。我们,被大家告诉活动和那个意志的话非常高兴。我们由这个工作为日本和世界能还原时期待着。Yamamo的道接连不断。





 



毎日新聞_平成25年11月25日 p24

弊社ヤマモの七代目、高橋泰の家業を継いでから現在までの取り組みを記事にしていただきました。特に海外への取り組みに注目し、写真では一升瓶と300mlの醤油を並べて比較しています。記者の小林さんとは個人的なお話もさせていただき、共に発展できればというお話しになりました。また意見交換させてください!ありがとうございました。

 
Mainichi Newspapers_November 25, 2013 p24

After Yasushi Takahashi who is the seventh generation of Yamamo inherited trade, the work by the present turned into a newspaper article. Especially the work to overseas attracts attention. The photograph is putting in order and comparing the soy sauce of a 1.8L bottle and a 300-ml bottle. The Kobayashi journalist covered me eagerly. And I also considered individual talk as her. I hope to be mutually alike and to develop. Thank you.


每日新闻_2013年11月25日 p24

作为Yamamo的第七代的高桥泰继承家传的行业之后到现在为止的工作成为了报纸报道。特向海外的工作被关注。照片一切比较着1.8L瓶和300ml瓶的酱油。小林记者热情地采访了我。又我与她个人的话也做了。我互相发展如果可能思念。谢谢。





 




みなみ広場_平成25年12月8日 第23号 p1

2度目の掲載の「みなみ広場」ではグッドデザイン賞受賞について記事にしていただきました。製品ではなく会社全体の取り組みについての受賞のため、皆さまへの説明が必要となります。審査評を引用することで受賞内容を丁寧に説明していただいております。記者の菅原さんは前回の取材からの延長上で受賞があったことを喜んでくれました。これからもよろしくお願いします。


Minami Hiroba _8. Deciember. 2013 vol.23 p1

In "Minami Hiroba", it became a newspaper article about Yamamo having won the good design award. Our company was used as this newspaper in the 2nd printing. Work of not only a product but the company was awarded. Therefore, the explanation to you is needed. The report explains the contents of an award carefully by quoting examination criticism. The Sugawara journalist was pleased with having been awarded by the extension from the last coverage.
I need your help well from now on.


南广场_2013年12月8日 第23號 p1

关于「南广场」Yamamo获奖good design奖成为了报纸报道。敝社被这个报纸刊载了第2度。不仅仅是产品还有公司的工作获奖了。因此给各位的说明变成必要。由于报道引用审查评论谨慎认真地说明着获奖内容。菅原记者对用来自上次的采访的延长获奖感到高兴。今后也请多关照。







〈 追記 〉

いよいよ来週水曜日、デザインプレゼンテーションを行います。皆さま、ぜひ会場にお越しください。

【講演】デザインプレゼンテーション 「変わるデザイン。変わるビジネス!」
【日時】12月18日(水) 13:30〜16:00
【会場】県庁第二庁舎8階 大会議室 
(パネリスト:有限会社サイカツ建設、casane tsumugu、有限会社柴田慶信商店、ヤマモ味噌醤油醸造元)
(コーディネーター:秋田公立美術大学教授 五十嵐 潤)


〈 POSTSCRIPT 〉

A design presentation will be performed on Wednesday still more next week. Please come to the hall.

[Lecture] Design presentation  "The changing design. Changing business! "
[Time] Wed., December 18 13:30 - 16:00
[Place] The eighth floor of the second government building of a prefectural office   Main conference room
(Panelist: Limited company Saikatsu construction, casane tsumugu, Yoshinobu Shibata Store, Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company)
(Coordinator: Akita public Tatsumi way college professor   Jun Igarashi)


〈 补记 

终于下周星期三,进行设计演示。各位,为会场光临给。

【講演】設計演示 「變的設計。變的商務!」
【時候】12月18日(星期三)13:30-16:00
【地方】縣廳第二辦公樓8層大會議室
(討論成員:有限公司Saikatsu建設,casane tsumugu,有限公司柴田慶信商店, yamamo醤醤油釀造商)
(協調程序:秋田公立美術大學教授 五十嵐潤)


記事掲載のお知らせ

七代目・高橋の街に対する活動とヤマモの取り組みを記事にしていただいております。土地の恩恵を受け醸造をする私たちは、地域と社の歩みは共にあるべきと考えます。偶然ではありますが、同じ機会に両取り組みをご紹介いただけたことは、何かしら意味があることなのだ、と思います。2つの活動の記事を、ぜひ、ご覧下さい。


Information that our work was published

Takashima of the seventh generation is working in the local town. Yamamo began overseas business. These two tasks turned into a report. We are brewing using the nature of the area. Therefore, I consider that both of two tasks, the area and a company, are important. Although it was accidental, you introduced both of activities to the same opportunity. Please look at the report of two activities. _mediainfo.


報道刊載的告知

第七代的高橋在本地的街活動著。Yamamo以海外商務為首。這個2個工作成為了報道。我們利用地域的自然釀造著。因此我認為地域和公司的2個工作是雙方重要。偶然有,不過,一樣的機會雙方的活動承蒙介紹。請看2個活動的報道,是非。





さらなり_2013年8月10日発行 vol.2 p12-21

街へ対する最初の活動は、超個人的な関わりであったのですが、すすめていく度に、思考や振る舞いが公のものに変わってきました。「街づくりの民主化」をテーマに、街に関わる団体の方々と交流を持てたことが良き経験となりました。様々な団体、取り組みが切磋琢磨し、私たち自身の住む場所をより良きものにしていければな、と思いました。


Saranari _10. August. 2013 vol.2 p12-21

The first activity that receives to my town was from overly individual relation. Whenever I work, I have changed thinking and behavior to the public thing. By the theme "democratization of town planning", we did exchange of opinions to the organization in connection with a town. I think that various organizations should work mutually. And the place in which we ourselves live thought that what is necessary was just to become better.


Saranari_2013年8月10日發行 vol.2 p12-21

對於到我的街的最初的活動,超個人的有關。我對活動在的時候的每次,思考和舉止變了為公家的東西。是「街區建設的民主化」這個主題,我們為街與有關的團體交換了意見。認為各種各樣的團體應該互相活動。並且我們自己住的地方我源於變好想就行了。







みなみ広場_平成25年8月11日 第11号 p1

秋田魁新聞社様には、ここ数年の取り組みだけではなく、現在の取り組みについても詳しくご紹介をいただきました。文化の継承と伝承、市場の拡大だけではなく、後継者や直近の世代に対するアプローチの重要性を実感しております。最近は、若手経営者の私だからこそできる役割や発信の仕方があるのだと理解しています。同じ土地に住む仲間を次々と巻き込んでいけるような、そんな仕組みが必要なのだと思います。


Minami Hiroba _11. August. 2013 vol.11 p1

In the newspaper article, I received introduction in detail not only about the work for the past several years but the present work. Expansion of succession and tradition of culture, and a market is important. It does not come out so much and the appeal to a successor or the latest generation is important. I think these days that a young manager has a special role and the method of dispatch. I think that such a mechanism in which one friend after another who lives in the same area is involved in, and is arranged is required.


南广场_2013年8月11日 第11號 p1

報紙報道,不僅僅是這幾年的工作還有,關於現在的工作詳細地也領受了介紹。是與文化的繼承口傳,市場的擴大重要事。不僅僅是那個還有繼任者和最近的對世代的呼籲重要。最近我,向(到)青年經營者特別的想有作用和發信的辦法。我想需要不斷地能象捲進去住在一樣的地域的朋友一樣的,那樣的結構。


「河北新報」での記事掲載のお知らせ

先日10月4日付けの河北新報、「食でつなごう」というコーナーで記事が掲載されました。ひとつぶ堂*のayacoさんの繋がりで“風のアトリエ”*を主宰する千葉啓子さんに取材をしていただきました。自然体でやわらか、それでいて芯の通っている凛とした方で、8月のイヴェント、ゴヨウキキ茂助・カフェ*や私のこれまでの仕事など、初対面ながらたくさんのお話をすることができました。取材を通して、自分自身の感覚を改めて確認することができ、また、するべきことが少し分かったような気がします。
「食でつなごう」では千葉さんが独自に取材を行い、地域の魅力を引き出しています。私もこれから一読者として注目していこうと思います。記事の作成、ありがとうございました。


Information of publishing newspaper

The article was published in the corner Kahoku Shinpo on October 4 the other day and "Let's tie with food". Keiko Chiba who presided over "Atelier of Wind"* by the connection of Ms. ayaco of "Hitotubu-dou"* covered. She was a person who was steady with the natural style. We told a lot of talks like event, Goyoukiki Mosuke Caffe*, and my current work etc. I was able to confirm own sense again through coverage. Moreover, I think that what should be done is understood a little.
Ms. Chiba covers originally in "Let's tie with food", and the charm in the region is told. Hereafter, I will pay attention to this as a reader. I wish to express my gratitude to Ms. Chiba for making the article. _mediainfo.



先日のイヴェント後、様々な方からお声をかけていただき、本当に有り難く思っております。また、白井晟一氏の家孫の白井原多さん*、酒造会館事務の藤原里実さんにも好くしていただき、嬉しい限りです。今後とも良いお付き合いを、よろしくお願いいたします。
After I hold the cafe event, I meet various people. It is really welcome. Moreover, I have been especially indebted to Genta Shirai* of the grandchild of Seiichi Shirai and Satomi Fujiwara of the brewing hall clerical work. My best regards in the future.


HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com