鰊(ニシン)


別名のある魚。

正月を過ぎ、ハタハタが店頭から消える頃
ニシンが一斉に並び始める。

秋田でも、アイヌ語の「カド」の呼び名で通るほど
昔から好まれている。
また「春告魚」と書いてニシンと読むことからも、
この魚に対する思い入れの強さが分かる。

人の感情が名前に現れることが面白い。





Herring

A fish with another name.

It is past New Year holidays, and a herring appears in the store when a sandfish disappears from the store.

It is liked from old days so that even Akita goes with a name of "Kado" of the Ainu.
In addition, I understand strength of the contemplation for this fish by writing it as "春告魚" in a kanji.

It is interesting that a name shows the feelings of people.

ハタハタ箱買い


飽きないもの。

スーパーの店頭に箱入りのハタハタが並ぶ。
待ちわびていた主婦たちで辺りが賑わう。
秋田では年の瀬によくある光景だ。

よくよく考えると、
一般の主婦が魚を次々に箱買いしていくのは
特異なことだと気付く。

定番、飽きないもの、生活に根ざしたもの。
いつの時代にも、そのような存在は強い。





Hatahata box purchase

The one not getting tired.

Hatahata with the box lines up in the shop of super.
The vicinity is crowded with housewives who were waiting for impatiently.
It is a spectacle that often exists in Akita at the end of the year.

A general housewife is a spectacle that buys the box one after another as for the fish.
I noticed that it was peculiar.

It is a standard, and is the one not getting tired, and the root one to life to have sat.
Such the one survives at any time.

ピオーネ


育まれたもの。

エコファーマーの黒猫クロゴ*さんから、
ピオーネ収穫の連絡をいただいた。
収穫後すぐに食べて欲しいということで、わざわざ届けてもらった。

実が大きく、しっかりした味の葡萄は当然として、
丁寧な包装と個人個人へのメッセージカード、収穫日のお知らせ、
日々の農作業を綴った新聞、などなど、
それは消費者への細かい配慮のされた、すばらしいものだった。

農作物の入ったダンボールを開けて、
幸せな気分になったことは、正直それほどなかった。
作り手の愛情が詰まったものは、
このようにして育まれ、伝わっていくのだと実感した。





Piorne

The one brought up by zeal.

I got it was possible to catch Piorne from eco farmer's Mr. black cat Crogo.
It purposely delivered it by wanting you to eat at once after it had harvested.

This grape tastes large, thick.
There was a newspaper that spelt information at the note card and the harvesting date to a polite wrapping and an ndividual and labour for farmings.
As for these, detailed consideration to the consumer was done.

There was too no what had become happy feelings when the cardboard that farm products entered was opened.
The one that creator's zeal was blocked was actually felt the upbringing thus, and transmitting to the consumer.

白玉団子


あったかさの象徴。

重宝するお供え物に白玉団子があるだろう。
団子には“家族団らん”の意味も込められているそうだ。

そういえば子供の頃、
母親が白玉団子をつくっている姿を見て、
食欲をそそられるのと同時に家族の安心感を
どこかに感じていたのを思い出す。

小さなまん丸の団子には、
そんなあったかさがあるような気がする。



材料(4人分)
白玉粉・・・・・・・・・・150g
水・・・・・・・・・・・・2/3カップ
きな粉・・・・・・・・・・大さじ1
すりごま・・・・・・・・・大さじ1
砂糖・・・・・・・・・・・小さじ1

作り方
’魘綿瓦某紊鮠しずつ加えながら手でこねたあと、食べやすい大きさに丸める。
丸めた生地の真ん中を指先で押えて平たくしながら熱湯に入れ、浮き上がってからさらに1〜2分ゆでたあと、冷水にとり水気をきる。
きな粉とごまと砂糖を混ぜ合わせ、まぶして出来上がり。



“SHIRATAMA” dumpling

Symbol of love.

There might be a dumpling in a typical offering thing.
I hear that the meaning of "Family hearth" will be put in the dumpling.

I felt family's sense of security somewhere because it saw mother making the dumpling.

I think such love to be put in a small dumpling.

若胡瓜の一本漬け


「とりあえず」の、つけもの。

年中漬物を食べる暮らし。
夏で食欲がわかないときも、
冬で炬燵に入りながらも、食べる、食べる。

中でもこの胡瓜漬けは、相当な優等生。
若い胡瓜のおやつのような食感や、
つんとくる辛さのせいもあり、
箸が止まらなくなってしまう。
とりあえずのお客にも、確実に喜ばれるツワモノ。

台所の女性たちが、漬物に腕を振るう気持ちが
少し分かった気がした。



材料
若い胡瓜・・・・・・・・・・・・・1kg
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・70g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・20〜25g
粉からし・・・・・・・・・・・・・20〜25g

作り方
‐さい実のときに摘んだきゅうりを洗って袋に入れる。
∈重、塩、粉からしを粉末で混ぜ合わせたものを入れてもむ。
0貽に一度ひっくりかえし、二日冷蔵庫で寝かせる。
だってから食べやすい大きさに切って出来上がり。
(冷蔵庫に入れて、一週間ぐらいもちます。)



Pickles of young cucumber

Pickles with good convenience

The living that eats pickles is done all the year round.
It eats it while warming the body because of winter when the appetite doesn't boil because of summer.

The convenience of this cucumber pickle is especially good.
It is because of the texture and painful of a young cucumber, and is possible to eat a lot.
This is pleased with any guest.

Women in the kitchen worry about the taste of pickles.
I thought that the feelings were understood a little.

梅の砂糖煮


甘酸っぱさと、懐かしさと。

記憶に強く残る味がある。

過去の出来事を“甘酸っぱい”
と表現することも、その一例だと思う。

この梅の砂糖煮は
実家のおばあちゃんを思い出さずにいられない。
縁側、風鈴、蝉の声、
懐かしい夏の日が蘇る。







材料
青梅・・・・・・・・・・・・・・1kg
グラニュー糖・・・・・・・・・・800g

作り方
/綫いをしてヘタをとり、針や竹串で20箇所ぐらい突く。
△海稜澆鬚箸躄个10分ほど煮、流水でゆっくり冷ます。
水を張った容器に入れて5,6時間置いておく。その際、水は3,4回交換する。
て蕕妊哀薀縫紂偲200gを1カップの水に煮溶かし、梅を敷き詰め残りのグラニュー糖を振り掛け一晩置く。
イ箸躄个砲けて10分煮たら容器に移して冷蔵庫へ入れる。さらに煮詰めたシロップを加えて出来上がり。



Syrup pickle of the plum

With acidity, sweetness, and nostalgia.

The taste might strongly remain in the memory.

It is the one example to express bygones in Japanese, "With acidity and sweetness".

When I eat this syrup pickle of the plum, I recall my grandma in the parents' family.
A nostalgic day of summer is recalled.

さくらんぼ


赤のインパクト。

地元三関のさくらんぼは、日本有数のもので
寒暖の差が引き出す甘味が特徴だ。

濃厚な甘味もさることながら、
強烈に目に飛び込む赤色が心をひきつける。

それは、旬という最も輝かしいときに
放てる色味なのだろう。




Cherry

Strong red

As for the cherry of MITUSEKI of local, the sweetness that the difference of the temperature draws out is delicious.

Strong red attracts me and it applies it though I am made to be pleased with thick sweetness.

The color might be red that can be put out only when in season.

<< | 2/6PAGES | >>

HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com