平成26年度、正月




豪雨


それぞれの傘。

お気に入りの傘などあるわけもなく、
持ち合わせず、ただただ雨に打たれ、歩いた雨道。

理不尽な雨に、傘を差し出す人がいた。
―かつて差し出された傘は、いまは誰かを護る傘

時が経ち、そう思えるようになった。
たとえ、強く冷たい雨の中でも。

今度は自分の番。
「濡れても大丈夫。僕も用意があるんだ!」






Heavy rain

Each umbrella.

I do not have a favorite umbrella.
And I do not have an umbrella in sudden rain and was merely walking in rain.

Someone presented the umbrella to me at unreasonable rain.
--The umbrella presented once is an umbrella which protects someone now.

Now, the time passes and I can think so.
Even if however cold rain falls.

It is a time of my presenting shortly.
"Even if I get wet, I am OK. Because I also have preparation!"



暴雨

各自的伞。

我没拿喜爱的伞。
并且我,到突然的雨伞没有,只有走着雨中。

对不讲理的雨,谁到我伸出了伞。
―以前被伸出的伞,是现在抢救谁的伞
 
现在时候过去,我那样变得认为。
怎么下无论冷的雨。

这次是我伸出时。
「我濡湿也不要紧。我也因为有准备!」


平成25年度、桜


好きなこと、やりたいこと。

「お元気ですか?」

遠方より、旧知の友人がやってきた。
しばらく振りの再開だが、すぐに歯車が噛み合った。

今年の桜は小振りな花に、新緑の葉が混じる。
寒い春が続き、開花が遅れたせいだ。

北国の桜、名所を廻るうち、互いの居場所が見えてきた。
そう云えば、最後に別れたのも、この季節だった。

「大丈夫だよ、きっと!」






The cherry tree in 2013

A favorite thing, something to do. 

"How are you ?" 

The old acquaintance's friend came to my place from a distance. 
Although we were resumption of the way for a while, we understood each other immediately.

The small size cherry tree and the fresh green leaf are mixed this year. 
That is because a cold spring continued and the bloom was overdue. 

While turning around the cherry tree and famous place of northern countries, our mutual room can be seen. 
When saying so, this season also separated at the end. 

"It is surely OK!" 



2013年,櫻花

喜歡事,想做事。

「身體好嗎?」

從遠方我的地方故知的朋友來。
我們是暫時樣子的重新開始,不過,馬上理解了彼此。

今年,小型的櫻花和新绿的葉攙雜著。
那是冷的春天持續,開花推遲的原因。

我們在沿著北國的櫻花和名勝轉動的時候,可以看見了彼此的住處。
那麼說來,最後分別了的,也是這個季節。

「不要緊喲,一定!」



雪空


かじかむ指先。

道端の雪だるまに、顔が綻ぶときがある。
一向に止まぬ雪を、恨めしく思うことがある。
天候に戸惑い、従い、抗うときがある、雪国。

帰省した矢先の時分、雪による労働を、
「生産性がない」のひと言で切り捨てたときがあった。
地の性をひと言で云うは、なんと愚かなことか。

まもるもの、すてるもの、
やるべきこと、やらねばならぬこと。
そのすべてに人の心が或る。
だからこの地は紡がれ、いまが或る。

そう、雪の塊に謂っては、かじかむ指先。
イテテテテ。







Snow sky

The fingertip which is numb with cold. 

We smile seeing a wayside snowman. 
We regard as hateful the snow which it does not stop. 
The people of a snowy country are bewildered by the weather, and follow and resist it. 

When I went back for the first time, I said snowy work "There is no productivity." 
It is foolish to say the characteristic of the area at a word. 

What is protected. What is thrown away. 
What should be done. It must do. 
The all have people's mind. 
Therefore, this ground is inherited and there is now. 

I work by telling a snowy lump such a thing. 
My fingertip is numb with cold and painful. 



將要下雪的天空

凍僵的指尖。

我們看道旁的雪人微笑。
我們可憎地想永遠的雪。
多雪的地方的人們為天氣躊躇,跟隨,反抗。

我第一次回家時,我把雪的工作稱為了「沒有生產率」。
用一句話把地域的特性稱為,是愚蠢事。

守護東西。扔掉東西。
應該做事。必須做事。
那個全部有人的心。
因此這個地被繼承,有現在。

我對雪的塊兒說那樣的事工作。
我的指尖凍僵痛。

 

平成25年度、正月


霜の降りた朝


冬のものさし。

放射冷却で氷点下の朝。
身震いしながらカーテンを開けると、
眩しい朝陽が飛び込んでくる。

眠い眼をこすりながら、葉に降りた霜を見る。
その様子から外の寒さを想像し、クローゼットの中を覗く。

「厚手のセーターに、今日はジャケットも必要かもしれない。」

あれやこれやと考えながら、冷たい裸足に靴下を履く。
そうして冬の支度がはじまる。






The morning from which frost got down

The ruler of winter.

It is a morning when it is low-temperature and it is cold at radiative cooling. 
I opened curtain, shivering. 
Then, the dazzling morning sun shines into the room. 

I looked at the frost attached to the leaf, rubbing a sleepy eye. 
Outer cold was imagined from the state and I looked in at the closet. 

"A jacket may also be necessity today at a heavy sweater." 

I wore socks to bare feet, considering various things. 
In the meantime, preparations of winter start. 



降霜的早上

冬天的尺度。

用輻射冷卻氣溫很低地冷的早上。
我一邊戰慄一邊開了窗簾。
於是晃眼的朝日為房間插入。

我一邊擦發睏的眼,一邊看了葉附有的霜。
從那個情況想像外邊的寒冷,我窺視了壁櫥中。

「對厚的毛衣,今天茄克也說不定必要。」

我一邊考慮各種各樣事,光著腳一邊穿了襪子。
冬天的準備從在做這做那的時候,開始。



平成24年度、桜


また春に、桜に。

出先から戻ると、桜が満開だと告げられた。
雪国には似合わない、連日の陽気によるものだ。

ついこの間まで、雪で覆われていた公園は、
いまや満開の桜で賑わいを見せている。

昨年のいま頃は、色味のない桜を見ていた*
はやくはやく、別の空気を纏いたかった。

人は象徴するものに吸い寄せられ、
取り巻く空気も、心も移り変わってゆく。

―こんにちは。
また春に、桜に期待を寄せて。






The cherry tree in 2012

Moreover, I consider at a cherry tree in spring.

When I returned from the destination, I was announced that a cherry tree is full bloom.
Since it was temperature warm every day, the cherry tree bloomed.

The park was covered in snow to during this period.
However, people are coming to see a cherry tree in full bloom now.

I was looking at the cherry tree at the now of last year*.
I became another feeling and swarmed as soon as possible.

People are drawn close by what is symbolized.
The air to surround and the heart change. 

-- Hellow.
We need to have a hope for a cherry tree in spring again.


<< | 2/12PAGES | >>

HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com