シアトル渡航について_2015.06.06

日本の今、食と農、そして新しい働き方、生き方について考える「食と農のソーシャル・イノベーション」。このようなワクワクする活動を展開中の起業家10人、グローバルに活躍するリーダーを集めて教育を行うというプログラムに参加するため、シアトルへと向かいます。来たるべき未来を見据え、地方の伝統産業は何をすべきなのか。同じ時代に生き、次世代へと方向を打ち出した人たちは、何を見ているのか。その答えのひとつがシアトルにあると思います。この経験は自分を新たなステージへと押し上げ、目指す場所へ導くものとなるでしょう。人生の様々な出逢い素直に、新たな旅に出る心意気でアメリカ西海岸の文化に触れてきたいと思います。


About Seattle voyage_2015.06.06

Of this time travel, in order to participate in the internship program to foster global human resources, it will head to Seattle. The anticipation of the coming age, whether such should be what local traditional industries. To live in the same era, who announced a direction to the next generation, what you're seeing. I think one of the answers is in Seattle. This experience pushed me to a new stage, it will be a thing that leads me to where I aim. I would like to have touched on the American West Coast culture.


西雅圖旅遊_2015.06.06
 
這一次的旅行,為了參加教育方案,以促進全球的人力資源,將前往西雅圖即將到來的時代期待,無論這種應該是什麼地方傳統產業。生活在同一個時代公佈了方向給下一代你看到了什麼我認為,答案之一在西雅圖。這方面的經驗把我推到一個新的階段這將是導致的地方,我的目標的事情我想已經觸及美國西海岸文化。












iLEAP x Junglecity 食と農のソーシャル・イノベーション


フランス渡航を終えて_2014.10.26

広く自社の立ち位置を知るため、海外を目指して3年。世界で最も大きな見本市がパリで開催される。「ここを知らずして何ができようか」、そうまでは云わないにせよ、決意して海外に出た自分には、ここが特別な場所に思えた。こうして社と個人の目標が一致した僕は、早々にエントリーを出し、この地へ来ることを決めた。


Finish France voyage _2014.10.26

It has been three years that Yamamo started to go abroad. The largest food exhibition in the world was held in Paris. I felt that I must go. What do I do without experiencing the exhibition? The moment the question came up in my mind, I decided to go to France.


結束法國出國_2014.10.26

為了釁地確認本公司的立場,以海外作為目標3年。在世界最大的商品展覽會在巴黎被召開。「不知道這裡做什麼能」,到(連)那樣要雲圈套在,決心對向海外出發的自己,對這裡特別的地方認為。這樣公司和個人的目標相符的我,決定了急急忙忙發出申請參加,來這個地的。















僕は青年期からパリの文化に多大な影響を受けてきた。体験した街は、いい意味で想定内であった。パリジャンの着るタイトジーンズやレザージャケット、シンプルでも重ための髪型。平日でも満員のカフェのテラス席、首に無造作に巻くストールやマフラー。幾人ものアーティストや文豪を輩出した街。かつてからの映画や雑誌で見た、スタンダードパリジャンの姿がそこにはあった。


Culture of Paris inspired me a lot since I was in my adolescence. The city was just I was expected. Parisien wearing tight jeans and leather jacket. Simple but heavy bangs. Café with full of people even in weekdays. The city turned out many artist and writers. There was a standard Parisien style like one in a film I have seen.


我受到了從青年時期向(到)巴黎的文化很大的影響。是體驗的街,以好的意義意料之中。地道的巴黎人穿的緊牛仔褲和皮外套,簡約也重一點的髮型。用平日也在滿員的咖啡的涼台座位,頭上簡單地纏的披肩和消聲器。輩出多少人也美術家和文豪的街。那裡有在來自以前的電影和雜誌看,標準地道的巴黎人的身姿。













 

Promotion:"YAMAMAO REVERSIBLE MAEKAKE"



SIALの会期は5日間と他の展示会よりも一日長い。相変わらずタイトなスケジュールをこなすため、ホテルでパッキングをし会場へと向かう。 ここは9つのホールからなり、規模は想像以上に大きい。一日で廻るには無理と思える敷地面積と、駅の入り口から会場へと大々的な広告宣伝が続く。“MADE IN FRANCE MADE WITH LOVE”のキャッチコピーが目に飛び込んできた。国旗になぞらえたトリコロールカラーは一段と洒落て見えた。


The exhibition, SEAL, was held in five days which is a day longer than other. I did packing quickly in a hotel to do my tight schedule. SEAL was in held in nine halls. The size was much larger than my expectation. There was no way that I could see whole booths in a day. Advertisement from different countries entertained from the nearest train station to the gate.“MADE IN FRANCE MADE WITH LOVE” in tricolor. The message was simple and chic.


SIAL的會期5天和比其他的展示會都一日長。為了處理仍舊緊湊的日程,在酒店做墊片向會場朝向。 這裡由9個大廳組成,規模向(到)超出想像大。一日要迴轉從認為無理的用地面積和,車站的入口向會場大大的廣告宣傳持續。“MADE IN FRANCE MADE WITH LOVE”的宣傳詞跳入了眼。更加漂亮打扮可以看見了比作國旗的三色旗顏色。
 













スーツ姿の男たちのセキュリティーを通過し長々と歩く道すがら、商品サンプルで重たいスーツケースを握る手には自然と力が入った。ジャパンパヴィリオンでは味噌醤油の同業者が、6社横並びで展示することとなった。伝統産業、和の調味料の魅力を世界に発信するためには、各々のメーカーが追求した魅力を発揮する必要がある。僕の展示ブースでは、海外渡航に実際利用しているスーツケースから、商品群が旅の道具として想起できるようなディスプレイを試みた。


Nature and power went into the hand which grasps the suitcase heavy on the way at a sample product which passes the security of the men of a suit figure and walks for a long time. In the Japan pavilion, the men of the same trade of bean paste soy sauce will be lining up side-by-side six companies, and will exhibit. In order to send the charm of the seasoning of smokestack industries and the sum to the world, it is necessary to demonstrate the charm which each maker pursued. In my exhibition booth, the display which a product line can recollect as a tool of a trip was tried from the suitcase actually used for the foreign voyage.


通過套裝身姿的男人們的安全冗長走的沿路,自然和力量進入了用商品樣品握住重的旅行箱的手。japanpavirion醬醬油的同業者,成為了在6公司(側)排列展示。傳統產業,為了向世界發信和的調料的魅力,需要發揮分別的製造廠追求的魅力。我的展示展位,在出國上(裡)從實際利用的旅行箱,商品群作為旅行的工具嘗試了能象追憶一樣的顯示器。














世界最大の見本市SIALは出展者も訪れる客も、これまで経験した展示会の中で最も華やかであった。特に欧米企業のディスプレイとプレゼンテーションのうまさには舌を巻いた。直接的なアプローチを差し置いて、歴史や伝統を現代に結びつける巧みさは、学ぶべきところが多かった。またここは、各国のバイヤー、メディア、ジャーナリストが集合する場所であり、そのブランド力と人気の高さが伺えた。特別な場所には、特別なものを用意する必要があるのかもしれない。


The world's largest trade fair SIAL was the gayest in the show which the visitor whom an exhibition person also visits also experienced until now. It was especially deeply impressed by the display of a European and American company, and the skill of the presentation. The adroitness which leaves direct approach and connects history and tradition to the present age had many places which should be studied. Moreover, this is a place where the buyer of each country, media, and journalists gather, and was able to hear about the height of the brand name and popularity. It may be necessary to prepare a special thing for a special place.


世界最大的商品展覽會SIAL在出展者也訪問的客人,也到現在為止經驗的展示會中最華麗。特歐美企業的顯示器和演示很好包圍了舌頭。拋開不管直接的方法,現代繫結歷史和傳統的巧妙,應該學習地方多。又這裡,是各國的買方,媒體,記者集合的地方,那個品牌力和受歡迎能拜訪了。在特別的地方,說不定需要準備特別東西。















展示会は盛況のまま、幕を閉じた。デザイン事務所のエグゼクティヴディレクターやセレクトショップオーナー、こだわりの飲食店など、取り組みに理解を示す嬉しい出逢いがたくさんあった。それと同時に、多くの説明や議論も求められた。「君が血を継ぎ、体験し考えた商品であれば、君の言葉で説明すべきだ」的を得た言葉が、自身を貫いた。世界には自分を求めてくれる人たちがいて、そして、適切な指摘をしてくれる。世界は広く、面白い!学び、習得を続け、彼らともっと仕事をしたいと思った。「そう、次に会うときには、僕の言葉で説明ができるように」
_10月17日から26日まで


There was a reaction more than the former at a show. The executive director and select shop owner of a design office, the choice restaurant, etc. had much delightful encounter which shows understanding in the measure. Imultaneously with it, many explanation and arguments were also called for. The language which obtained the target "which should be explained in your words if you are the goods which inherited blood, and experienced and considered it" pierced through self. People who ask for themselves are in the world, and it carries out suitable indication. The world is large and interesting!
I continued learning and acquisition and wished to work more with them. "Yes, when you meet the next, explanation be possible in my words." 
_From October 17 to the 26th


展示會,到現在為止有以上的反應。設計事務所的首席執行官和selection shop所有者,講究的飲食店等,表示理解的高興的出來難遇到工作先生有。與此同時,多的說明和議論也被要求。得「你應該縫血,如果是體驗考慮的商品,用你的言詞說明」的言詞,貫穿了自己。尋求自己的人們在世界,並且,指摘恰當。世界釁◆ね趣!我想學習,持續學會,與他們更工作。「那樣,其次向見時,用我的言詞為使能說明」
_從10月17日到26日


韓国渡航について_2014.11.10

FOOD WEEK KOREA 2014出展のため、韓国へ渡航します。韓国へは数年をかけて貿易に取り組んで参りました。今では異業種の諸先輩方と共に、多様な意見交換ができております。このネットワークにより、弊社ヤマモは成長することができました。今年もまた、実り多きものにしてきたいと思います。


About South Korea voyage_2014.11.10

Yamamo goes to South Korea to attend FOOD WEEK KOREA 2014. I have been there several times to find business partners. I am looking forward to exchanging opinions with people in different fields. I hope I can share good news with you.


關於韓國出國_2014.11.10
 
因为FOOD WEEK KOREA 2014出展,向韩国出国。到韩国关于致力于贸易来了数年。现在与异行业的诸先辈方面一起,多种多样的意见交换能着。根据这个网络,敝社yamamo能长。也还有,考虑今年也要成果多。






トルコ渡航を終えて_2014.9.30

部屋が片付かない。以前、渡航した国の取るに足らない土産物や旅先のメモで机はいっぱい。他方、次の渡航先のスケジュールやガイドブックで床には足の遣り場がない。くたびれたトランクの中には、もう見覚えのないパンフレットさえ入っている。それらは紙屑同然であるが、どれも自分にとっては簡単に捨てることができないもの。季節はもう冬支度だというのに、片付かない部屋での日々は続いている。


Finish Turkey voyage _2014.9.30

My room has been criminally messy. Small souvenir from the country that I went in September, notes of scribbles and pieces of idea cover my table. Guide books and the schedule list for next voyage on the floor bother me to walk in the room. Catalogs I can’t even recognize anymore are still in my old suitcase. They are just paper wastes but I cannot throw them away. The season has been changing and time is heading to the end of year, yet I still in the room of mess.


結束土耳其出國_2014.9.30

房间不收拾整齐。用以前,出国的国家的不足取的特产和旅途的笔记桌子满满。另一方面,用下面的出国处的日程和旅游指南到地板没有脚的送去的地方。连疲劳的手提箱的其中,已经见过的印象没有的小册子进入着。那些是废纸一样,不过,哪个对自己来说都不能简单地扔掉东西。在不对说季节已经是过冬的准备,收拾整齐的房间的每天继续着。




























僕はこの夏、ニューヨークとりわけブルックリンでの経験を得て、会社の舵取りをした。コンセプトや製品の魅力を改めて伝えるため、未知の大地へと渡航する必要があると感じていた。イスタンブールはそのような気持ちで漠然と臨んだ場所であり、それだからこそ、この渡航をまとめるためには多くの時間が掛かってしまった。遺跡と港湾の混在する街、飄々とした猫の大群に迎えられたイスタンブールは、予測と違わない希有な場所であった。


After I came back from Brooklyn, New York, I changed the company’s path that it would take. So I have been thinking that I need to travel again in order to send out concept and appeal our products. Result of the event in the company, I chose Istanbul. That is the reason why I took so long to summarize this voyage.


纽约,得到在布鲁克林的经验,这个夏天舵手了公司。为了为此重新传达理念和产品的魅力觉得需要出国。伊斯坦布尔是以那样的心情选出的是地方,正因为那个,要归结这个出国花费了多的时间。























アメリカの新興地域、ブルックリンで突き付けられた、新しい土地感覚あるモノづくりは、地方の伝統産業の歩むべき道しるべを得た気がした。しかしそれは、やはり簡単なことではなく帰国後もそれに長い間回答できずにいた。まだ暗い早朝のイスタンブール到着直後、朝日に照らされる金角湾やモスクを眺めるうち、ようやくそれが頭に浮かび始めていた。


Manufacturing today in Brooklyn was localized yet internationalized at the same time. Facing the fact that the world leading country is now making things, mostly by hands, pointed out the way that traditional industry in local should be. I could not react to the shock after I came back from NY, however when I arrived to Istanbul, a spark of idea came up at last.


美国新兴地区,布鲁克林被亮出,有新的土地感觉的东西制作,想得做了地方的传统产业应该走路标。回国后向那个也长的间一直没能回答,不过,伊斯坦布尔到达紧接之后,在眺望钱角湾的时候,总算那个开始浮现在头。





















イスタンブールの宿泊場所には、地方の古民家やアパートを選んだ。複数部屋がありキッチンやバルコニーの付いた、土地の生活に根差したものだ。ここで食材を調達し自身で調理し食事をとる。僕は旅先の食事に自社製品をほんの少し足すことが、幸福な食事体験となることに気付いていた。そしてそれは、自社製品の最良のプロモーションとなった。


I chose an apartment to stay in the country. There were several rooms, kitchen and balcony. I had known that cooking with Yamamo products and local food makes me happy. Even a small thing from my hometown gave me a relief. Also, it turned out to be the best promotion.


选出了公寓为伊斯坦布尔的投宿地方。有复数的房间附有厨房和阳台。我用到现在为止的出国注意到了一点点加本公司产品的,成为在旅途的吃饭,幸福的吃饭体验的。并且这个产品的最好的推销也变成了。

























巡り会う人に我を名乗り、食事をして交流する。互いに笑って写真を撮る。その国の実生活を知る。今回の渡航を写真で振り返ると、笑顔の人物写真が多いことに気付いた。仕事をしている身分ではあるが、これまでとは異なった旅をしている気がした。世界に何者かであるかを告げ、それゆえに一期一会でも仲間を捜そうとする旅は、寸分互いなく自分に合っていて、心地の良いものだった。ここはきっと笑顔が忘れられない街になるだろう。僕はこの新たな感覚と社のコンセプト、“Life is Voyage”をもって、また新しい一歩を踏み出そうと思った。
_9月23日から30日まで


Chatting with people that I encounter, eating together and taking pictures with big smile. I took many photos of people. It was a business trip differs from old one. Saying out loud who I am to the world. Finding someone who can share with my idea. It fits my thought and feelings. I take a step with new value and new concept of Yamamo “Life is Voyage”.
_Sep. 23rd to 30th


对邂逅的人自报姓名我,吃饭交流。互相笑拍照片的旅行。回顾出国的话,发现了人物照片多事。是工作的身分,不过感到了旅行,与到现在为止有差异的气。向世界告诉什么人吗,因此一生只遇一次也打算寻找朋友的旅行,没有些许彼此地与自己相配,感觉好。我想迈出以我这个新的价值观和社的理念“Life is Voyage”,新的一步。
_從九月二十三日到三十日



フランス渡航について_2014.10.17

世界最大の食品見本市「SIAL Paris 2014」に出展のためフランスへ渡航します。早くから国内選考や各種資料の整備など、様々な準備を整えての出展となりました。また、この度の展示会からは言語能力のある社員とチームで行います。広い世界の中での食品の在り方、一流メーカーのプレゼンテーションとものづくり。その多くを経験したいと思います。


About France voyage_2014.10.17

Yamamo makes voyage to France to attend “SIAL Paris 2014”, the biggest food exhibition in the world. From the exhibition, Suzuki who is able to speak English comes along. We would like to absorb knowledge as much as we can. Hope that we can share good news with you.


關於法國出國_2014.10.17

為世界最大的食品商品展覽會「SIAL Paris 2014」因為出展向法國出國。成為了從很早整好的國內選拔和各種資料的整備等,各種各樣的準備出展。還有,從這次的展示會在有語言能力的公司職員和隊伍進行。在釁的世界中的食品的應有的樣子,第一流製造廠的演示和製造精神。我想經驗那個多。





トルコ渡航について_2014.9.23

「世界のことを知りたい」
仕事で海外に出る機会が増えていますが、外の世界を知れば知るほど、探究心が沸いてきます。古くから東西文化の入り混じる国、トルコ。多様な食文化や伝統工芸品。豊かな色彩感覚。調味料を媒介にして、文化を学んできたいと思います。


About Turkey voyage_2014.9.23

“I want to see the world.”
Luckily, I have several opportunities to go outside of Japan. The more I see and know, the more I crave for new experience. Turkey is where western and eastern culture is mixed. Diverse food culture, traditional art craft and unique sense of color. I would like to learn culture with Yamamo’s products.


關於土耳其出國_2014.9.23

「想知道世界的事」
發放到海外的機會由於工作甓鍛,不過越知道越,外邊的世界,探求心沸騰。從以前東西文化進入混雜的國家,土耳其。多種多樣的食文化和傳統工藝品。豐富的對顏色的感受能力。我要例文部分匹配,想學習文化。






ニューヨーク渡航を終えて_2014.6.14

学生時代の無謀な渡航経験を数に入れても、アメリカ大陸の経験は自分にないものだった。それがいつしかコンプレックスのように覆いかぶさり、月日が流れた。2014年にアメリカ渡航のタイミングが訪れたことは、自分自身でも驚いたほどだ。とは言え、アメリカ文化に対する自身の評価はそれほど大きいものではなく、むしろ大雑把で水が合わないのではないかと思っていた。僕のアメリカ観はそれほどまでに歪んでおり、だからこそ魅力的にも映っていた。


Finish New York voyage _2014.6.14

I had never been to America. It was my complex. I was surprised that I had a chance to go to the USA in 2014. However, my evaluation of the country is not so good. I even thought could not get along because it was crude. My image is twisted, and that made the country attractive.


結束紐約出國_2014.6.14

美國大陸的經驗對自己沒有。那個不知不覺像情結一樣地落到身上,日月流逝了。2014年美國出國的定時訪問,是連自己也感到吃驚的那樣。認為對美國文化的自己的評價並不是那麼是大東西,倒不如大大咧咧水不相合嗎。我的美國印像那麼之前歪斜著,正因為如此富有魅力也顯現著。























言わずもがなアメリカは国土の大きな大国。西と東では大きく異なる。以前から僕はアメリカを訪れるなら、文化の中心たるニューヨークを廻りたいと思っていた。いざ、カメラ片手に訪れる場所は、驚きの連続であった。そこには、かつて勝手に思った大雑把な空間ではなく、歴史に配慮したコンセプトとそれらに即したディテールの連続を感じたからだ。それは観光資源や商業施設だけではなく、宗教施設まで取り入れられている。この国の建国の物語から歴史を慮るよう、彼らは何を残し何を削ぐべきかを知っているように思えた。


No need to say, the USA is huge. Culture, people and food. Everything is different from West to East. NY is the center of culture and it was the place I would like to visit. NY never made me bored. It was not crude at all. I felt every part of the city respects history. I could see the attitude not only in tourist sites and commercial facilities, but also places relates to religion. They seem to know what should be left and what should not.


美國是國土的大的大國。在西和東很大地不同。我如果訪問美國,思念沿著文化作為中心的紐約轉動。訪問照相機一隻手的地方,是驚恐的連續。那個不僅僅是旅遊資源和商業設施還有,到宗教設施被收割。從這個國家的建國的故事思慮歷史的那樣,他們認為剩下什麼知道什麼是削。






















NYの街並を足で稼いでみたかった僕は、愚かにもグランド・セントラル・ターミナルからブルックリン・ブリッジまで数時間をかけて歩いた。それは、ミッドタウンからソーホー、ダウンタウン、ブルックリンという街の道筋を理解したかったからだ。その感覚に間違いはなく、旧来の価値観から新しい価値観へと変遷する様を感じ取ることができた。そういう意味では、かつての自分が想像するソーホーとブルックリンの対比は期待と不安を大きく裏切るものであった。


I walked from Grand Central Terminal to Brooklyn Bridge to feel NYC more. That was not the best idea but I could understand the district. Midtown, SoHo, Downtown and Brooklyn. The path showed me how the value in the city has been changing. Comparison of SoHo and Brooklyn went against my expectation.


用腳想掙NY的街道的一下我,愚蠢從運動場•中央•終點站到布魯克林•橋關於也走了數小時。想從midtown理解SoHo,市區,布魯克林這個街的道路。能感到從以往的價值觀向新的價值觀變遷的那樣。以前的自己想像的SoHo和布魯克林的對比很大地辜負期待和不安。






















今回の渡航の最大の目的は自身の追い求める理想像の確認である。憧れの地であったソーホーを離れ、若者やアーティストが目指したブルックリンとはどのようなところなのか。評論家気分の自分がいたことは否めないが、ブルックリンを調べていくうちに、その魅力に取り憑かれてしまった。彼らが提示する未来は実存し、既に体現されている。それを目の当たりにした僕は、シャッターを切るばかりだった。


The biggest purpose of this journey was to make sure of my ideal. Youth and artists left the longing SoHo and down to Brooklyn. Why so? The more I see the new place, the more it gets me. People in Brooklyn show future and it has personified. I could not stop taking photos.


此次的出國的最大的目的是自己追求的理想像的確認。離開是憧憬的地的SoHo,年輕人和美術家作為目標的布魯克林怎樣的地方嗎?被在調查布魯克林的時候,取在那個魅力迷上了。他們出示未來實際存在,已經被體現。不斷要那個眼前的我,按下快門。























それは都市部に位置した新しいワイナリーであったり、工場跡地を利用したチョコレート工場であったり。おそらく彼らは次世代のモノづくりを知っている。だからこそ新設するのではなく、工場跡地を改装し、古い産業に新たな価値を付与し、“働いてること”そのものに価値を見出す。もちろん言葉のコミュケーションは充分ではないが、僕もいち消費者として次世代のサーヴィス=エンターテイメントを感じとることができた。


New winery located in the city, chocolate factories are in old factory sites. They know the next-generation manufacturing. That is why they do not built but convert. It creates value and “working” became precious. My communication in English is not perfect, but I enjoyed the service-entertainment as one consumer.


那是是位於城市的新的winery,利用工廠痕跡地的巧克力工廠。他們知道下一代的東西製作。正因為如此不是新設,改換包裝工廠痕跡地,給予向(到)舊的產業新的價值,在“工作”本身找到價值。當然意思的溝通不充分,不過,我也在作為消費者能感到下一代的服務=娛樂。
































自動車や鉄鋼業など、かつてのモノづくり産業は新興国に移り、先進国は次のかたちを模索している。大国のアメリカは、まさしくそこから脱却しようとしている。土地に根付く産業であるためには、技術のみならずその土地に付随した文化が必要である。それに気づいた者が、地価の高いソーホーからブルックリンに移り住み、モノづくり(職人)に走っている。総合的な“産業体験”こそが尊いことを知っているのだ。世界で何が終わり、何が始まるのか。様々な人種、国家、文化圏でその競走がはじまろうとする中、ブルックリンはいち早く意志表明をしたと思う。それは意図せず、若者が意識しないレベルで世界を席巻し、皆を巻き込んでいくのだろう。
_6月8日から14日まで


Since manufacturing such as steel industry move to emerging country, developed country look for a way of new style. The USA is about to find. In order to be the industry takes roots of its soil, need to have culture besides skills of manufacturing. People who aware move into Brooklyn from SoHo and became craft workers. They believe experience in industry of every part is venerable. What starts and ends in the world. The competition of race, nation and culture is about to start. However, Brooklyn was not the last to show one possibility. It will involve young generation unconsciously and take the world by storm.
_June 8 to June 14


汽車和鋼鐵業等,以前的東西製作產業轉移到新興國家,發達國家下面的嗎摸索著性質。大國的美國,確實從那裡打算擺脫。為了作為在土地生根的產業,需要不但技術在那個土地附隨的文化。而且注意到的人,從地價貴的SoHo轉移到布魯克林住,跑著在東西製作。知道正是綜合性的"產業體驗"珍貴事。在世界什麼結束,什麼開始?各種各樣的那個賽跑以人種,國家,文化圈打算開始中,布魯克林很快地表示了意志。用那個不打算,年輕人不認識的水平席捲世界,捲進大家吧。
_從六月八日到十四日

 

<< | 2/7PAGES | >>

HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com