BrandLand Japanキックオフイヴェントを終えて

BrandLand Japanキックオフイヴェントは日本経済新聞社カンファレンスルームで行われました。会場には選定された14事業者のブースが用意されており、弊社ヤマモはYAMAMO FACTORY TOURのチケットとツアーの案内が展示されておりました。イヴェントが開始されると経済産業省のクールジャパン政策課長やシニアプロデューサーが紹介され、そうそうたる面々が一堂に会しました。


Report That BrandLand Japan After The Kick-off Event Has Ended

The BrandLand Japan kickoff event was held at the Nihon Keizai Shimbun company conference room. In the venue, booths of 14 business operators selected were prepared and our Yamamo exhibited YAMAMO FACTORY TOUR tickets and tour guide. When the event began, Ministry of Economy, Trade and Industry Policy Division Director and Senior Producer of the Ministry of Economy, Trade and Industry were introduced, and so many people gathered together.


報導BrandLand Japan啟動活動已經結束

BrandLand Japan開球活動在日本経済新聞公司會議室舉行。 在場地內,準備了14家經營者的攤位,我們的Yamamo展出了YAMAMO FACTORY TOUR門票和導遊。 活動開始時,經濟產業省政策司司長兼經濟產業省高級製片人介紹,這麼多人聚集在一起。

















13時から18時まで長丁場で開催されるキックオフイヴェントは「ものづくり」や「アウトバウンド」、「食」などの5分野に分けられ、その中で各社のプレゼンとシニアプロデューサーがコーディネーターとなったディスカッションで議論を深め、選定されたプロジェクトが紹介されていきます。弊社のコーディネーターは株式会社スマイルズの遠山正道さんでした。


The kick-off event to be held in a long way from 13 o'clock to 18 o'clock is divided into five categories such as "manufacturing," "outbound," and "food", among which discussions are discussed at discussions where senior producers and senior producers were coordinators It will deepen and selected projects will be introduced. Our coordinator was Mr. Masamichi Toyama of Smiles Corporation.


從13點到18點舉行的啟動活動分為五個類別,如“製造”,“出境”和“食品”,其中討論在高級製片人和高級製片人擔任協調員的討論中進行討論。 它將深化和選擇項目將被引入。 我們的協調員是Smiles Corporation的遠山正道先生。














プレゼンでは、事業者として七代目の高橋がインバウンドとアウトバウンドの双方を行うヤマモの歩みをご説明し、世界の状況や今後の目標についてプロデューサーの本村さんから説明をしていただきました。我々のチームは仕事を外注する関係ではなく、世界を見ていくことで共に成長しながら会社や地域を次世代に向かい変化や最適化をしていくものです。プレゼンでも互いにマイクを持ち、相互に補完しながら説明を続けていきました。


In the presentation, Mr. Takahashi of the seventh, as a business operator, explained Yamamo's step of doing both inbound and outbound, and Mr. Motomura of the producer explained about the world situation and future goals. Our team is not going to outsource work but to change and optimize the company and region towards the next generation while growing together by looking at the world. Even in the presentation, we held microphones with each other, complementing each other and continuing the explanation.


在演講中,作為商業運營商的第七屆高橋先生解釋了Yamamo進行入境和出境的步驟,製片人的本村先生解釋了世界形勢和未來目標。 我們的團隊不會外包工作,而是將公司和地區轉變為下一代,同時通過觀察世界共同成長。 即使在演示中,我們也相互保持麥克風,相互補充並繼續解釋。











ディスカッションでは遠山さんの鋭い質問が印象に残りました。「ビジネスが成功するかどうかは50%。いつ、だれが、どこで、どういうシーンをつくるかが大事だ。儲かるだけでは続けていくことはできない。たとえ儲からなくても主体者が続けていくことができれば、結果がついてくる。」これまでの様々な経験から発せられる言葉なのだと思いました。


In the discussion, Mr. Toyama's keen question remained in impression. "It is 50% whether the business will succeed or not.When it is important to know who, where, and what kind of scene is to be created, it can not continue with profit alone, even if the subject does not make money If possible, the result will come. "I thought that it is a word that comes from various experiences so far.


在討論中,遠山先生的熱切問題仍然留在印像中。 “無論企業是否成功,這都是50%。當知道創建誰,在哪里以及創建什麼樣的場景很重要時,即使主題不能賺錢,它也不能僅僅繼續獲利。 如果可能的話,結果就會出現。“我認為這是一個來自各種經驗的詞。








我々のプロジェクトは詫び錆びのような日本の持つ精神性が世界で特異であることから、それを知るためのインバウンドプロジェクトが有効であると説明をしました。これはテクノロジーによる優位性で世界に出るというものよりも根源的で息の長いものです。これを実装することができれば日本の競争力は上がると信じています。このプロジェクトがローカルの伝統産業の未来や日本に貢献できるものになれるよう、努力していきたいと思います。

YAMAMO “I.L.A.(Industry Loves Art)” PROJECT 産業は芸術に恋をする


Our project explained that the spirituality of Japan like apologize rust is unique in the world, so we explained that the inbound project to know that is effective. This is more fundamental and breathtaking than going to the world with technology advantage. I believe that Japan's competitiveness will rise if it can be implemented. I would like to make an effort to make this project contribute to the future of local traditional industry and Japan.

YAMAMO "I.L.A. (Industry Loves Art)" PROJECT


我們的項目解釋說,日本的精神狀態如同道歉生鏽在世界上是獨一無二的,因此我們解釋說入境項目要知道這是有效的。 這比擁有技術優勢的世界更具基礎和驚人。 我相信如果能夠實施,日本的競爭力將會提高。 我想努力使這個項目為當地傳統工業和日本的未來做出貢獻。

YAMAMO“I.L.A。(行業愛藝術)”PROJECT行業愛上了藝術





七代目・高橋が発言したこと
1.技術だけではなく、日本に長く続く精神性が世界において競争力を持つと認識する
2.これを伝えることができれば、世界の人々がそれを知るためにインバウンドとして現場に訪れる
3.ものづくり精神ある日本では、その現場が観光地として機能する「産業観光」がインバウンドそのものとなる
4.インバウンドで商品の背景や歴史を知っていただいてからアウトバウンドに繋げると費用対効果が高くなる
5.インバウンドにリソースを割くことが地域の課題解決に繋がるため、課題の多いローカルはインバウンドから着手するとよい


Takahashi's statement of the seventh generation
1. We recognize not only technology but also spirituality that lasts long in Japan has a competitive edge in the world
2. If you can tell this, the people of the world come to the site as inbound to know it
3. In Japan, where manufacturing spirit is spirit, "industrial tourism" where the site functions as a tourist site becomes the inbound itself
4. Cost effective when connecting to outbound after you know the background and history of the product inbound
5. Since allocating resources to inbound leads to problem solving in the region, it is better to start with inbound local with many issues


高橋的第七代聲明
1.我們不僅認識到技術,而且認識到長期存在於日本的靈性在世界上具有競爭優勢
2.如果你能說出這一點,那麼世界各地的人們就會以入境的方式來到網站了解它
3.在製造精神是精神的日本,作為旅遊景點的“工業旅遊”成為入境本身
4.在您知道產品入站的背景和歷史記錄後,在連接到出站時具有成本效益
5.由於為入站分配資源可以解決該地區的問題,因此最好從入站本地開始,遇到很多問題




HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com