本家七代目・高橋七之助について

ヤマモ味噌醤油醸造元の創業者・高橋茂助は五代目・高橋七之助の分家にあたり、七代目・七之助が岩崎町長を務めた後に弊社四代目・茂助が町長を務めます。この度、岩崎の名士、七代目・七之助の資料が雄物川郷土資料館に寄贈され、資料の公開とともに当時の説明がされております。七之助は岩崎の町民のことを考え、農業や工業、衛生、生活規範、教育等様々な革命的改革を断行していきます。年表でその改革の速度を理解することができます。資料館から許可をいただき、資料の撮影をさせていただきました。七之助と親交のあった水野錬太郎の功績も交え、お伝えしたいと思います。


About the head family seventh generation · Shichinosuke Takahashi

Founder of Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company · Mosuke Takahashi is a branch of Shichinosuke Takahashi, after the seventh generation Shichinosuke served as Mayor of Iwasaki, the fourth generation Mosuke served as the mayor. This time, the master of Iwasaki, Shichinosuke Takahashi's donation was donated to the Omonogawa local folk materials museum, and at the time the material was released and explanation at that time was done. Shichinosuke thinks about the townspeople of Iwasaki and will undertake various revolutionary reforms such as agriculture, industrial sanitation, living standards and education. You can know the speed of the reform in the chronology. I got permission from the museum and I shot the materials. I would like to also tell you the friendship and achievement with Rentaro Mizuno who had friendship with Shichinosuke.


關於頭家第七代·高橋七之介

Yamamo味噌醬油釀造元的創始人·高橋茂助是高橋七之助的一個分支,在第七代七之助擔任岩崎市長後,第四代茂助擔任市長。 這一次,岩崎大師高橋孝之的捐贈捐贈給了雄物川當地民俗博物館,當時材料被釋放,當時的解釋完成了。七之助考慮到岩崎市民,並將進行各種革命性的改革,如農業,工業衛生,生活水平和教育。 你可以知道年代表改革的速度。我得到了博物館的許可,我拍攝了材料。我想告訴你與與七之助有友誼的水野錬太郎的友誼和成就。



展示会の広告には鶴の襖絵が使用される
Crane fuse picture is used for advertisement of exhibition
起重機保險絲圖片用於展覽廣告



水野錬太郎が七之助逝去の電報に哀悼を記した手紙
Letter Mr. Rentaro Mizuno mourned a telegram of Shichinosuke passed away
水野錬太郎先生致信七之助的電報逝世



日本画家・萩田紫峰に描かせた鶴の襖絵(大正)
Fusuma picture of a crane drawn by the Japanese painter Hagita Shiho (Taisho)
起重機的襖圖片在日本畫家萩田紫峰繪了(大正)


7代目・高橋七之助
出生地 湯沢市(旧岩崎町)
明治5年(1872)生まれ
高橋七之助家は岩崎町随一の素封家。屋号を「高七」と称し、岩崎町はもちろん、十文字方面でも「高七」さんとして親しまれた。
岩崎町の2代目町長を務める。いかにして岩崎を住みよい豊かな町にするかを常に考え、農業改良や生活改善、勤倹貯蓄、学校建立など様々なことに取り組んだ。また、高七町長の積極的な働き掛けにより、時の内務大臣水野錬太郎が、出生地を江戸としていたが、岩崎町を郷里とするようになった。
妻トミは、雄物川町沼館の医者佐々木順貞の娘として生まれ、甥の佐々木順は2代目沼館町町長として20数年努める。


Seventh Shichinosuke Takahashi
Birthplace Yuzawa City (formerly Iwasaki Town)
Born in 1872 (Meiji 5)
Shichinosuke Takahashi is the premier Japanese Iwasaki cho. We called the shop name "Taka-shichi", and Iwasaki cho, as well as in the direction of cross, was popular as "Taka-shichi".
I will serve as the second generation mayor of Iwasaki Town. I always thought about how to make Iwasaki a rich and affluent town, and worked on various things such as agriculture improvement, living improvement, labor savings, school building etc. Also, thanks to the active involvement of the Mayor of Taka-shichi, Rinkaro Mizuno, Minister of the Interior Minister of the time, had been born in Edo, but Iwasaki Town became a hometown.
Tomi is born as a daughter of Jhunsaku Sasaki, a doctor in a marshmachine in a marsh river town, and nephew Jun Sasaki strives for 20 years as mayor of the second generation Numadate-machi.


第七高橋七之助
出生地湯澤市(原岩崎町)
生於1872年(明治5年)
高橋七之助是日本首屈一指的岩崎町。 我們把商店名稱稱為“高七”,並且岩崎町以及在十字架的方向,作為“Takaichi”受歡迎。
我將擔任岩崎鎮的第二代市長。 我一直在想如何讓岩崎成為一個富裕的小鎮,並從事農業改善,生活改善,勞動力儲蓄,學校建設等各種事務。 此外,由於高梨市市長的積極參與,當時內政部長水野錬太郎出生在江戶,但岩崎鎮成了故鄉。
妻Tomi出生於佐々木順貞的女兒,他是沼澤河鎮沼澤地的醫生,而侄子佐々木順o則作為第二代沼館町的市長奮鬥了20年。




貴重な手廻し映写機(フランス パテ社 大正)とラジオ(山中電機株式会社 昭和初期)
Precious hand-held projector (French Pathe Taisho) and radio (Yamanaka Electric Co., Ltd. early Showa era)
珍貴的手動投影儀(法國 大關神社 大正)和收音機(山中電器株式會社 昭和初期)



同じく萩田紫峰に描かせた鳩の襖絵(大正)
Also a pigeon's fusuma picture drawn by Hagita Shiho dove (Taisho)
也是由萩田紫峰鴿子畫的鴿子的襖圖片(大正)



六代目・高橋七之助夫妻肖像(明治)と家系図
Sixth Shichinosuke Takahashi Mrs. Portrait (Meiji) and family tree
六代目高橋七之助夫妻肖像(明治)和家譜


水野錬太郎
出生地 東京都(旧江戸)
慶応4年(1868)生まれ
水野は日本の内務大臣、朝鮮総督府政務総監、文部大臣、貴族院議員などを歴任した人物。
江戸詰の秋田藩士水野立三郎正忠泰輔の子として生まれる。父立三郎は戊辰戦争で官軍についた秋田藩のために、妻、生後間もない水野、水野の2人の姉を連れて現在の秋田県湯沢市岩崎に住む。その後、廃藩置県により、一家は東京に戻る。2代目岩崎町町長高橋七之助の積極的な働き掛けにより、出生地を江戸としていたが、岩崎町を郷里とするようになった。
七之助町長の多彩な交友関係が垣間見ることができる。


Ryutaro Mizuno
Place of birth Tokyo (formerly Edo)
Born in Keio 4th year (1868)
Mizuno was a member of the Japanese minister for internal affairs, general director general of the governor of Korea, Minister of Education, Parliamentarian and others.
Creator of Akita Edo Festival Born as a child of Mr. Risaburo-masatada-taisuke Mizuno. Father Saburo lives in present Iwasaki, Yuzawa City, Akita Prefecture, with his two sisters, Mr. Mizuno, his wife, Mizuno after his birth, for the Akita clan who went to the government forces during the Boshin war. After that, by the clan domestic clan, the family returns to Tokyo. The 2nd generation Iwasaki Town Mayor Shichinosuke Takahashi actively took the place of birth in Edo, but Iwasaki Town became a hometown.
You can see a wide variety of friendships of Shichinosuke mayor.


水野錬太郎
出生地東京(原江戶)
生於京王4年(1868年)
美津濃是日本內政部長,韓國總督,教育部長,議員等的成員。
秋田江戶節的創作者出生於水野立三郎正忠泰輔先生的孩子。 立三郎神父和他的兩個姐妹水野先生,他的妻子水野在他出生後,在Boshin戰爭期間前往政府部隊的秋田氏族,住在秋田縣湯澤市的現在岩崎。之後,由氏族家族,家人返回東京。 第2代岩崎町市長高橋乃之介積極在江戶出生,但岩崎鎮成了故鄉。
你可以看到七之助市長的各種友誼。




約3分の映像は綺麗な移りに修正され放映が実現した
Approximately three minutes of the picture was corrected to a beautiful transition and the aircraft realized
大約三分鐘的照片被糾正為美麗的過渡,飛機意識到了



自宅の縁側で過ごす七之助と子供たち
Shichinosuke and children spending at the edge of the house
七之助和孩子們在房子的邊緣消費



弊社ヤマモの外観と旧羽州街道
The appearance of our Yamamo and Old Usyu Highway
我們的Yamamo和老路的外觀


7代目高橋七之助略年譜
年号     主な事項
明治 5年  湯沢市に生まれる
明治34年  岩崎地区300町歩(300ヘクタール)の耕地整理を秋田県知事に申請する。
       大規模耕地整理では秋田県最初の計画となる。
明治36年  群会議員(大正5年6月まで)
明治38年  岩崎町農会会長
明治39年  耕地整理組合長として工事に着手(昭和6年完成)
大正 5年  産業組合法に基づく信用組合を岩崎町に創設
       信用組合長
       この頃、自宅の田地に染色場から糸の乾燥場もある大きな機織工場を建てた。
大正 9年  2代目岩崎町町長(24年間務める)
大正12年  岩崎町は昔からフジの花が有名なため、岩崎町の旗印として「町章」にフジを採り入れた図案を高七自身が作成する。
大正14年  岩崎町に独立校舎の青年学校建設
大正15年  青年学校敷地に隣接して水野錬太郎の別邸恵沢荘建立
昭和10年  青年学校校庭に水野錬太郎の胸像建立
昭和15年  「岩崎町郷土史」を出版。表紙文字は高七の筆跡。
昭和19年  岩崎町町長職 辞任
昭和21年  死去(75歳)


Seventh generation Shichinosuke Takahashi announcement
Year   Main items
1872   Born in Yuzawa-shi
1901   Iwasaki district Apply 300 ha of arable land arrangement to governor of Akita prefecture.
     In the large-scale arable land arrangement, it will be the first plan of Akita prefecture.
1903   Group members (until June, 1955)
1905   Iwasaki Town Agricultural Association President
1906   Construction began as a cooperative association chief (Completed in 1965)
1916   Iwasaki Town founded a credit union under the Industry Association Act
     Credit union chief
     Around this time, I built a large weaving factory with dye drying places from the dyeing station in my house.
1920   Mayor of Iwasaki machi 2nd generation (served for 24 years)
1923   Since Iwasaki Town is famous for its wisteria flowers for a long time, Takashichi himself creates a design incorporating wisteria as a banner of Iwasaki Town.
1925   Construction of youth school in independent school building in Iwasaki Town
1926   Adjacent to the youth school grounds Mizuho Rentaro's apartment building Ebisoso
1935   Bust image of Mizuno Rentaro in Youth School's school garden
1940   Published "Iwasaki Town Regional History". Cover letter is high seven handwriting.
1944   Iwasaki cho resigned as the town mayor
1946   Death (75 years old)


第七代高橋七之助公告
一個時代的名稱    主要項目
明治5年       生於湯澤市
明治34年       岩崎地區向秋田縣知事申請300公頃耕地。
           在大規模的耕地安排中,這將是秋田縣的第一個計劃。
明治36年       小組成員(至1955年6月)
明治38年       岩崎鎮農業協會會長
明治39年       建設始於合作社協會主席(1965年完成)
大正5年       岩崎鎮根據“行業協會法”成立了信用合作社
           信用合作社主席
           大約在這個時候,我在我家的染色站建了一個大染織廠。
大正9年       岩崎町第2代市長(服務24年)
大正12年       由於岩崎鎮長期以紫藤花而聞名,因此高七自己創造了一種將紫藤作為岩崎町旗幟的設計。
大正14年       在岩崎鎮獨立學校建設青年學校
大正15年       毗鄰青年學校的水野錬太郎公寓恵沢荘公寓
昭和10年       水野錬太郎在青年學校的學校花園中的胸圍形象
昭和15年       出版“岩崎鎮地區歷史”。求職信高七筆跡。
昭和19年       岩崎町辭去鎮長的職務
昭和21年       死亡(75歲)




八幡神社の向かって右隣に大きな頌徳碑がある
There is a big monument on the right side of Hachiman Shrine
八幡神社右側有一座大型紀念碑



頌徳碑の背面に七之助の功績が綴られ、文末に高橋茂助とある
The achievement of Shichinosuke was spelled on the back of the monument and at the end of the sentence there is Mosuke Takahashi
七之助的成就拼寫在紀念碑的背面,在句子的末尾有高橋茂助


資料には当時の貴重な映像がフィルムとして残っており、本家の七之助の庭園や弊社の外観も映り込んでおりました。フィルムだけではなく、真空管ラジオや襖絵などからも、七之助の文化や技術に対する考えや態度を伺い知ることができました。また、千年公園の八幡神社の境内には七之助の功績を称える大きな頌徳碑(しょうとくひ)があります。その結びには「元岩崎町長 高橋茂助 文」とあり、弊社四代目が七之助の地域貢献について文面で後世に伝えようとしておりました。地域で産業を担う者、名士と云われる者の在り方、その連続的な繋がりと地域について、深く深く考えさせられるものでした。


平成30年度 雄物川郷土資料館 第一回特別展
新収蔵品展 〜美術・工芸・民俗・歴史〜
会期 平成30年4月28日(土)〜 7月29日(日)
開館時間 9時〜17時
入館料 一般 100円、高校生・大学生 50円、中学生以下無料



Valuable images of the time remained as films in the material, and the appearance of Shichinosuke of our company and our company was also reflected. Not only from film but also from vacuum tube radio and sliding door painting, I was able to know and understand Shichinosuke's thoughts and attitudes toward culture and technology. In addition, next to the Hachiman Shrine in the Millennium Park there is a big monument honoring the achievements of Nanosuke. Behind it is "former Iwasaki mayor Mayor Mosuke Takahashi", our 4th generation is trying to communicate the contribution of the area of Shichinosuke to future generations. I was made to think deeply and deeply about the way people, who are responsible for industries in the area, who are called masterpeople, their continuous ties and areas.


Omonogawa Regional Museum of Art 1st Special Exhibition 2018
New Collection Exhibition ~ Art · Crafts · Folklore · History ~
Entry Period From Saturday, April 28th to Sunday, July 29th,
Opening hours 9 am - 5 pm
Admission fee for general 100 yen, high school student / university student 50 yen, less than junior high school students free



有價值的時間圖像仍然是材料中的電影,我們公司和我們公司的七之助的外觀也得到了反映。 不僅從電影,而且從真空管收音機和推拉門畫,我能夠了解和理解七之助對文化和技術的想法和態度。 此外,在千禧公園的八幡神社旁邊還有一座紀念七之助成就的大紀念碑。 在它的背後是“前岩崎市長高橋佑介”,我們的第4代正試圖傳達七之助地區對後代的貢獻。 我深深地思考了負責該地區工業的人們,他們被稱為大師們,他們的持續關係和領域。


平成30年度雄物川地區藝術博物館第1次特別展
新收藏展〜藝術·工藝品·民間傳說·歷史〜
報名時間 從4月28日星期六到7月29日星期日,
營業時間 為上午9點至下午5點
一般100日元,高中生/大學生50日元,低於初中生免費的入場費





HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com