記事掲載のお知らせ

3月13日付けのニュースサイトTOHOKU360で弊社ヤマモのイヴェントの様子がご紹介されました。地域の持続可能性について議論を進めるこの企画につきましては、サステナビリティについてのインプットや地域での具体的なビジネス、次世代の地域の在り方など内容が多岐に渡るため、言語化してまとめることが非常に難しいものです。だからこそ、現場で体感することが重要になります。記者の中野さんにも議論に入っていただき、様々な立場が交錯する中で記事内容をまとめていただきました。本質的に地域の未来を考えた場合、このような秩序のない状態を経て、次の一歩が見つかるのだと思います。ぜひ記事をご覧ください。


Notice of Article Posting

The appearance of our Yamamo's event was introduced at the news site TOHOKU 360 dated March 13. With regard to this event, which discusses the sustainability of the region, it is very difficult to summarize the language as it has various contents such as input on sustainability, concrete business in the region, the way of the next generation region, etc. It will be difficult. That is why it is important that you experience on site. Nakano-san of the journal entered the discussion and gathered the contents of the article while various positions were intermingled. In essence thinking about the future of the region, I think that the next step can be found after such a state without order. Please take a look at the article._mediainfo


文章發表的公告

Yamamo事件的出現於3月13日在新聞網站TOHOKU 360上發布。 關於這個討論該地區可持續性的事件,由於它具有各種內容,如可持續性投入,該地區具體業務,下一代地區的方式等,因此很難總結該語言。 這將是困難的。 這就是為什麼你在現場體驗很重要。 該雜誌的中野先生進入討論,收集文章的內容,同時各種職位相互混合。 從本質上考慮該地區的未來,我認為下一步可以在沒有秩序的狀態下找到。 請看看這篇文章。





「生物は死滅する時に、進化する」
消滅可能性都市・秋田県湯沢市で生まれた「新しい場」


 秋田県の最南端に位置する湯沢市。ピーク時から人口が約4割減った消滅可能性都市のひとつだ。冬は、背丈をゆうに越す豪雪に閉ざされるこの街で、今、地元の若者と外部の人たちが手を取り合い、独特の産業や文化、人の交流を生み出そうとする新しい枠組みが生まれようとしている。会場となった創業151年の味噌醤油醸造会社の七代目は、こう語る。「生物は、絶滅の危機に瀕した時に進化する。街も同じです」。消滅可能性都市・秋田県湯沢市で今何が起きているのか、取材した。
【中野宏一=秋田県湯沢市】


"When living things die, they evolve"
Destructibility possibility City / Akita prefecture "New place" born in Yuzawa city


Yuzawa city located at the southernmost tip of Akita prefecture. It is one of the destroyable cities whose population has decreased by about 40% since the peak. In the winter, closed in heavy snow over the height of the stature, now local youth and outside people hold hands and trying to create a new framework to create unique industries, cultures and people's interaction There. The seventh generation of Miso soy sauce brewing company in 151 years founded as a venue says: "Creatures evolve when threatened with extinction and the city is the same." Disappearance possibility I covered what is going on in Yuzawa city, Akita prefecture.
【Nakano Koichi = Yuzawa City, Akita Prefecture】


“當生物死亡時,它們會發展”
摧毀可能性在湯澤市出生的市/秋田縣“新的地方”


位於秋田縣最南端的湯澤市。 這是可摧毀的城市之一,自巔峰以來人口減少了約40%。 在冬季,在身高的高度封閉的大雪中,現在當地的青少年和外界的人們握手並試圖創造一個新框架,創造獨特的產業,文化和人們的互動那裡。 151年來第七代味噌醬油釀造公司成立的場地說: “生物在面臨滅絕的威脅下發展,而這個城市是一樣的。” 失踪的可能性我報導了秋田縣湯澤市正在發生的事情。
【中野宏一=秋田縣湯澤市】





雪の降りしきる街の味噌醤油店で、人々が夢を語る

 2月25日午後、秋田県湯沢市岩崎にある「ヤマモ味噌醤油醸造元」に、50名を超える人が集まった。「湯沢プラットフォーム・キックオフイベント」と題されたイベントの会場は、創業1867年(慶応3年)の「ヤマモ」が、昔から使っていた味噌醤油醸造の建物だ。ランプが灯され、スピーカーからは洋楽が流れる。この日の湯沢市は最高気温マイナス1.7度。積雪は130センチを超え、会場の外は雪が降りしきっていた。
 寒さが人の熱気で緩んだ頃、イベントは始まる。座敷をステージに見立て、土間が客席だ。東京、仙台市、秋田市、湯沢市と異なる地域に住む7人の男女が登壇し、この街で実現したい夢を銘々語りだした。
 「湯沢に移住して、動物と人間が共生できる仕組みを作りたい」。東京都在住で、母親が秋田県出身という豊留侑莉佳さん(32)は、野生動物の保護活動の仕事をしようと米国の大学へ留学、日本のNPOで地方での事業創出の仕事をしてきた。
 「若者の声を市政に反映していきたい」。湯沢駅前で飲食店を営む高橋大輔さん(32)は、首都圏での大学進学や就職を経て湯沢に戻ったUターン組だ。この街に少しでも若者が戻ってくるようにと飲食店の開業をはじめとしたさまざまな活動を続け、昨年、若者の声をさらに街に届けるため、市議会議員に立候補し、当選した。
 このプレゼンは、必ずしも起業家を目指すためのものではない。ビジネスコンテストでもない。湯沢市の地元の人と外からやってきた人が混ざり合い、考えをぶつけ合い、湯沢という街に新しい産業や文化、交流を生み出そうを生み出そうとする試みだ。イベントは湯沢市や一般社団法人MAKOTOが昨年11月から毎月開催し、今回で4回目。にもかかわらず、開催日には東京や埼玉から多くの人々が視察に訪れる。「湯沢のこの空間は、たった4ヶ月で日本中から注目される場所になっている。こんな場所は、他にはありませんよ」。会場の進行役で、世界銀行で知識経営上級担当官も務めたこともある企業・組織内変革の専門家・荻原直紀さんが、そう驚く。


People dream about dreams at the miso soy sauce shop in the city where snow is falling

More than 50 people gathered on the afternoon of February 25, "Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company" located in Iwasaki, Yuzawa City, Akita Prefecture. The venue for the event entitled "Yuzawa platform · kick-off event" is the building of miso sauce brewing which "Yamamo" of foundation 1867 (3rd year of Keio) was using for a long time. The lamp is lit, and Western music flows from the speaker. Yuzawa-shi of this day is the highest temperature minus 1.7 degrees. Snow cover exceeded 130 cm, with snow falling outside the venue.
The event starts when the coldness is relaxed by the heat of people. Appearance of the room as a stage, soil is the auditorium. Seven men and women living in areas different from Tokyo, Sendai City, Akita City and Yuzawa City got together and talked about the dreams that they would like to realize in this town.
"I want to migrate to Yuzawa and create a mechanism that allows animals and humans to coexist." Yurika Toyodome (32), living and living in Tokyo, whose mother was born in Akita Prefecture, has been studying at universities in the United States to work on wildlife conservation activities, and has worked in the local area with Japanese NPOs.
"I would like to reflect the voice of young people in municipal administration." Mr. Daisuke Takahashi who runs a restaurant in front of Yuzawa station (32) is a U-turn group who returned to Yuzawa after entering the university and finding employment in the metropolitan area. He continued various activities including opening of a restaurant to bring back young people to this town as much as possible, and in order to deliver the voice of young people to the city last year, he won the election for the city council members and won.
This presentation is not necessarily intended to aim for entrepreneurs. It is not a business contest either. It is an attempt to create a new industry, culture and exchange in the town called Yuzawa, mixing local people in Yuzawa City with people from outside. The event was held Yuzawa City and MAKOTO corporation every month since November last year, the fourth time this time. Nonetheless, a lot of people come to visit from Tokyo and Saitama on the opening day. "This space of Yuzawa has become a place of attention from all over Japan in just 4 months, there is no other place like this." Naoki Ogiwara, a facilitator of the venue and an expert on corporate and organizational change, also served as senior official in knowledge management at the World Bank, is surprised.


人們夢寐以求在雪崩的城市味噌醬油店做夢

2月25日下午,在秋田縣湯澤岩崎“Yamamo味噌醬油釀造商”,聚集了50餘人的人。在“湯澤平台啟動儀式”和題為事件時,“Yamamo”創立於1867年(1867年)的地點,但自古以來一直使用味噌醬油釀造的建設。燈亮起,西方音樂從揚聲器流出。這一天的湯澤市是最高溫度減去1.7度。雪蓋超過130厘米,場地外面積雪降落。
當人們的熱度放鬆寒冷時,事件就開始了。作為舞台的外觀,土壤就是禮堂。東京,仙台,秋田市,7名男子,住在湯澤不同地區舞台上的女性,開始談論美眉在這個城市即將實現的夢想。
“我想遷移到湯澤,並創建一個允許動物和人類共存的機制。”在東京居住,母親豊留侑莉佳氏是來自秋田縣(32),一直試圖在美國的大學,企業創立的農村日本NPO工作野生動物的研究保護活動的工作。
“我想反映年輕人在市政當局的聲音。”高橋大輔先生從事湯澤站(32)餐廳,但掉頭組通過大學回到了湯澤並獲得在東京首都圈的工作。繼續各種各樣的活動,包括餐廳開回來的年輕人在這個城市,甚至一點點,去年,為了提供更城市青年的聲音,跑了市議會成員,當選。
此演示文稿不一定旨在針對企業家。這也不是商業競賽。這是一個試圖在湯澤鎮創造一個新的產業,文化和交流,混合湯澤市的當地人與外界的人。本次活動從去年11月起每月都是湯澤市和MAKOTO公司,這次是第4次。但是,開幕當天有很多人來自東京和埼玉。 “湯澤的這個空間在短短4個月內成為日本各地關注的焦點,這裡沒有其他地方。”在會場,專家和荻原直紀公司和機構在改革中,也可在世界銀行擔任知識管理高級官員,竟然如此推動者。





「危機感」が湯沢の若者を駆り立てた

 人口減少と少子高齢化が止まらず、「消滅可能性都市」にも指定された湯沢市。地元の若者には、この街の将来への強い危機感が共有されている。一方でその危機感こそが、若者たちの新しい挑戦を促している。「生物は、死滅する時に進化する。都市も同じだ」。そう語るのは、会場となった「ヤマモ味噌醤油醸造元」の七代目、高橋泰さん(38)だ。
 高橋さんは昨年、人口流出が止まらない湯沢のまちづくりへのヒントを得ようと、世界中を旅した。デトロイトやベルリンなど、崩壊の危機にあったにもかかわらず再生した都市を視察したのち、湯沢に必要なのは地域内外の人々が湯沢の将来について意見を自由に交換し合える場所、「プラットフォーム」だと確信した。「個人同士が互いに磨き合い、主体的に学び動く場をつくることで、湯沢の人々の醸成を図りたい」。高橋さんはこの構想を、「発酵都市」と呼ぶ。
 湯沢市の変化には、伏線がある。それは、総務省から湯沢市に副市長として派遣され、昨年3月まで2年間副市長を務めた藤井延之さんの取組みだ。「東大出身でアメリカ留学も経験したエリート官僚が来た」。そう思われた藤井さんだが、着任するとすぐに、街の若者たちと交流を始めた。地元のヒップホップイベントを主催する若者と一緒にイベントのPRソングをラップで歌ったり、鹿児島県長島町の若者らとラップで「対決」したり、高校生らとともに動画を制作したり……。地元の若者たちと仲間のように接しながら、まちに次々と新しい挑戦を仕掛けていった。
 現在は総務省に戻った藤井元副市長が湯沢市にもたらしたものは、地元の若者の言葉を借りると「閉ざされていた」という湯沢市の扉を開けて、外との交流を始め、若者たちに「自分たちは何かを変えられる」という自信を植え付けたことではないだろうか。それが、この「湯沢プラットフォーム」に繋がっている。


"Sense of crisis" pushed Yuzawa's youth

Yuzawa City, which was designated as "a possibly extinct city" without declining population and declining birth rate and aging population. To the local young people, a strong sense of crisis to the future of this city is shared. Meanwhile, the sense of crisis is driving a new challenge for young people. "Animals evolve when they die, the cities are the same." That's what I said, Yasushi Takahashi (38), the seventh generation of Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company, who became the venue.
Mr. Takahashi traveled all over the world last year to obtain hints for the town development of Yuzawa where population runoff does not stop. After observing the city that was rebuilt despite the collapse crisis such as Detroit and Berlin, Yuzawa needs a place where people inside and outside the region can exchange ideas freely with Yuzawa's future, "platform" Confident. "I want to foster people in Yuzawa by individuals brushing each other and creating a place where they can learn and act on their own initiative." Takahashi calls this concept "fermentation city".
Changes in Yuzawa City have hints. It is an effort of Mr. Nobuyuki Fujii who was dispatched as Deputy Mayor to Yuzawa City from the Ministry of Internal Affairs and Communications as vice mayor for two years until March last year. "An elite bureaucrat who came from the University of Tokyo and also experienced studying in the USA came." Fujii-san thought so, but as soon as I arrived, I started interacting with young people in the city. Singing PR songs of the event with lads together with young people hosting local hip hop events, "confrontation" with young people in Nagashima town in Kagoshima prefecture, making videos with high school students ... .... While touching with local young people like friends, they started a new challenge one after another in the town.
What I brought back to the Ministry of Internal Affairs and the former Deputy Fujii mayor brought to Yuzawa City opened the door of Yuzawa City that it was "closed" when borrowing the words of local young people, I wonder if young people have planted confidence that they can change something. That is connected to this "Yuzawa platform".


“危機感”推動了湯澤的青春

湯澤市被指定為“可能已滅絕的城市”,人口不斷減少,出生率下降,人口老齡化。對當地年輕人來說,這座城市的未來危機感很強。同時,危機感正在為年輕人帶來新的挑戰。 “動物在死亡時會發展,城市是一樣的。”這就是我說的,第七代“Yamamo味噌醬油釀商”高橋泰(38歲)的場地。
去年,高橋先生去世界各地,為人口徑流不停的湯澤鎮發展提供線索。比如底特律和柏林,被訪問的城市那裡儘管在崩潰的危機打,地方的事情是,閡自由地在該地區的人民的未來交換了意見,並超越是澤需要湯澤後,這是“平台”我深信。 “我希望通過個人互相刷牙培養湯澤人,創造一個可以自主學習和行動的地方。”高橋把這個概念稱為“發酵城市”。
湯澤市的變化有一些暗示。它被派去從內務部和交通部在湯澤一位副市長,而是努力藤井延之先生,去年誰擔任了兩年的副市長,直到三月。 “來自東京大學並且在美國留學的精英官僚人員來了。”藤井三這麼認為,但是一到我就開始和這個城市的年輕人進行互動。唱PR歌曲與當地的街舞賽事組織的年輕人,還是在青少年的“對抗”和鹿兒島縣的腿上,長島町,或高中學生製作的視頻一起事件的圈....在與當地的年輕人如朋友接觸時,他們在鎮上接連發起了新的挑戰。
這些藤井Motofuku市長回到總務省目前正在提請湯澤市部,開湯澤說的門,借當地年輕人“已關閉”的話,包括與外界交流,我想知道年輕人是否有信心可以改變某些事情。這與這個“湯澤平台”有關。





「危機感と希望のバランス」で生まれた湯沢プラットフォーム

 人々を「醸成」する場をつくりたいという高橋泰さんらの「湯沢プラットフォーム」に影響されて、さっそく行動に移す人々も現れている。秋田市から来た松山美幸さんは、周りの若い女性たちに「もっと自分のやりたいことをやってもいいんだよ」と背中を押す活動を始めた。松山さんは、「高橋泰さんの言葉や活動に勇気づけられた」と語る。
 湯沢市の若者を駆り立てているのは「危機感」であることは間違いない。「危機感と希望のバランスが大切だ」と高橋泰さんは強調する。絶望が強すぎればそれは諦めに変わり、希望が強すぎれば、誰も行動に移さない。
 湯沢市に生まれた新しい場「湯沢プラットフォーム」で、生まれたアイデアや人がどうなっていくのか、地元の人と外部の人が交わった新しい街ができるのか、多くの人がその行く末を見守っている。


Yuzawa platform born in "Balance of crisis and hope"

People who move to actions are appearing by being influenced by Yuza Takahashi's "Yuzawa platform" who wants to create a place to "cultivate" people. Miyuki Matsuyama who came from Akita City started activities to push the backs to the surrounding young ladies, saying, "I can do what I want to do more." Mr. Matsuyama is encouraged by the words and activities of Mr. Yasushi Takahashi.
There is no doubt that it is "a sense of crisis" that drives youth in Yuzawa. "Balance of crisis and hope is important," Yasushi Takahashi emphasizes. If despair is too strong it turns to give up, if hope is too strong, no one will take action.
In the new place "Yuzawa platform" born in Yuzawa-shi, what are the ideas and people born, what new local cities where locals and outside people intersect, watch over the end of the event There.


出生於“危機與希望的平衡”的湯澤平台

因為想要創造“培養”人的地方,受到高橋雄雄的“湯澤平台”的影響,正在行動的人正在出現。來自秋田市的松山美幸開始活動,推動後面的周圍的年輕女士,說:“我可以做我想做的更多。”松山先生受到高橋靖先生的話和活動的鼓舞。
毫無疑問,這是導致湯澤青年的“危機感”。 “危機和希望的平衡是重要的,”高橋泰強調。如果絕望如此強烈,它就會放棄,如果希望太強烈,沒有人會採取行動。
在湯澤市出生的新的“湯澤平台”中,出生的想法和人物是什麼,當地人和外界人士相交的新的當地城市,觀看事件的結束那裡。






TOHOKU360




HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com