F3(Furmentation Future Forum 発酵醸造未来フォーラム東京’18)を終えて

旧醸造試験所第一工場を使用した発酵の一大イヴェントは創造性に富んだものでした。屋内の講義と屋外のディスカッション、それに伴うグラフィックレコーディング。屋外フードカートによる食事の提供やレンガ造りの試験所を活かした古酒バーに生ライヴ。スタッフの制服やサインやグラフィックにも次世代の食イヴェントを匂わせる、しっかりとキュレーションがなされておりました。まずはイヴェントのお客様を迎え入れる文言とともに、その様子をご紹介したいと思います。

Welcome to F3
日本食は、もっとも魅力的な総合芸術です。それを支える発酵醸造。すなわち醤油・味噌・みりん・日本酒・ぬか漬け・納豆・麦酒・かつおぶしは、その広さと深さにおいて、日本食のOSであると同時に、文化でもあり、栄養食でもあり、保存食でもあり、まさに人類史上最高のバイオアートとも言えましょう。
一方で、現代の「食」は、見えない危機に瀕しています。醸造蔵の減少、多様性の低下、流通とメディアの画一化、地方エコシステムの崩壊。だからこそ、食は食だけに完結せずに、文化、アート、空間、ツーリズム、教育、経済学、生き方、住まい方、コミュニティビルドなど、多くの創造的なジャンルを連結する「クリエイティヴプラットフォーム」として、大胆に進化しなければなりません。
そんな呼びかけに共鳴してくださり、今年も食にまつわるアーティストとサイエンティストが、この発行醸造の聖地、国重要文化財・旧醸造試験所に一同に結集してくれました。
食の未来をデザインするクリエイティヴシンポジウム、F3。発酵醸造と日本食のこれからを、呑んで、食べて、って、企てる2日間!どうぞ、心ゆくまでお楽しみください。



Report That F3(Furmentation Future Forum) Has Ended

A major event of fermentation using the Old Brewery Laboratory No. 1 factory was creatively rich. Indoor lecture and outdoor discussion, accompanying graphic recording. Live live to an old liquor bar that makes use of an outdoor hood cart and offers brick laboratories. Curating was done firmly, with the staff's uniforms, signs and graphics to smell the next-generation eating event. First of all, I would like to introduce the situation along with the words that welcomed the customers of the event.

Welcome to F3
Japanese food is the most attractive general art. Fermentation brewing that supports it. That is, soy sauce, miso, mirin, sake, rice bran pickles, natto, rice wine and toppings are OS of Japanese food, at the same time as culture, nutrition food, preserved food, just human beings It can be said that it is the best bio art ever.
On the other hand, modern "food" is on the verge of invisible threat. Reduction of brewery, declining diversity, distribution and standardization of media, collapse of regional ecosystem. That's why food is not complete only with food, but as a "creative platform" that links many creative genres such as culture, art, space, tourism, education, economics, way of life, way of living, community build, etc. It must evolve into.
Resonant to such a call, artists and scientists related to food this year also gathered together at the sacred place of this issue of brewing, the National Important Cultural Property and Former Brewing Laboratory.
Creative symposium to design future of food, F3. Fermentation brewing and the future of Japanese food, drink, eat, plan two days to plan! Please, please enjoy it to your heart's content.



F3(Furulation Future Forum 釀造未來論壇東京'18)通知召開

使用舊啤酒廠實驗室1號工廠進行發酵的重大事件富有創造性。 室內講座和戶外討論,伴隨圖形記錄。 住在一個老酒吧,它使用戶外敞篷車,並提供磚砌實驗室。 策劃工作已經完成,工作人員的製服,標誌和圖形能夠聞到下一代的飲食事件。 首先,我想介紹一下這個情況以及歡迎這個活動的客戶的話。

Welcome to F3
日本料理是最具吸引力的一般藝術。發酵釀造支持它。這醤油,醤,料酒,酒,米糠醤菜,納豆,啤酒,幹鰹魚,其廣度和深度,並在同一時間是日本料理的操作系統,也是一種文化,也是一種營養的飲食,也保藏食品,只是人類可以說它是有史以來最好的生物藝術。
另一方面,現代“食物”正處於無形威脅的邊緣。釀造倉庫的減量化,多樣性的減少,分佈的標準化和媒體,當地生態系統的崩潰。這就是為什麼,食品不僅在食品,文化,藝術,空間,旅遊,教育,經濟,生活方式,如何生活,如社區建設完成後,作為連接的許多創造性的流派“創意平台”,大膽它必須演變成。
為響應這一呼籲,今年與食品有關的藝術家和科學家也聚集在這個醞釀的國度,國家重要文化財產和舊釀酒廠實驗室的神聖地點。
F3設計食品未來的創意研討會。發酵釀造和日本的未來,是醉,吃飯,我嘗試的兩天。請把它放在你心中的內容上。





















日本の持つ競争力として”食のシリコンヴァレー”を謳い、発酵を取り巻く環境や背景を芸術文化にのせて伝えていくことに、強く共感を覚えました。そして、そこには登壇者やパフォーマーのみならず参加者も創造的な領域を形作るひとつの構成要素となっています。美味しいや楽しいが共感を伴い、発酵を基軸とした新たなムーヴメントが生まれていくと思いました。


I strongly empathize with singing "Silicon Valley of Food" as Japan's competitive strength and communicating the environment and background surrounding fermentation on art culture. And not only the speakers and performers but also the participants are one of the building blocks of the creative area. I thought that delicious and pleasant empathy accompanies the emergence of a new movement based on fermentation.


我強烈同情唱“食物矽谷”作為日本的競爭力量,並傳播關於藝術文化發酵的環境和背景。 不僅演講者和表演者而且參與者都是塑造創意區域的一個組成部分。 我認為伴隨著基於發酵的新運動的出現伴隨著美味和愉快的同理心。




















僕が登壇したZone2のCreative Chaosでは幸福論について議論が始まり、ゴールのないその内容はそれぞれの特性や価値観から各々の感覚に落とし込まれました。我々の生活する豪雪地帯の幸福とは、雪の影響が少なく安心して暮らせる環境をつくることです。そして、とにかく、雪による毎年の死者数を減らすこと。個の幸福の追求と地域の幸福の追求が若干異なる大地なのです。


At Zone 2 's Creative Chaos I entered, debate started on the theory of happiness, and the content without goals was put in each feeling from their respective characteristics and values. Happiness in the heavy snowy area where we live is to create an environment where there is little influence of snow and can live in peace. And anyway, to reduce the number of deaths each year due to snow. The pursuit of happiness and the pursuit of happiness of the area are somewhat different grounds.


在我進入第二區的創造性混沌時,討論開始於幸福理論,沒有目標的內容從各自的特徵和價值中分解出來。 我們生活在這個積雪深厚的地區的幸福就是營造一個環境,在那裡幾乎沒有雪的影響,能夠安居樂業。 無論如何,為了減少每年由於積雪造成的死亡人數。 追求幸福和追求幸福的地區有不同的理由。




















雪による地域課題の解決は個人や企業でどうにかできることではなく、主体者である地域の皆さん、プラットフォームで解決できることです。かつて自身が訪れたデトロイトのように、世界で特異的に崩壊した場所は、創造力が作用し、新たな再生の道を辿っておりました。私たちはその道に学び、地域課題解決の達成により自由を手にした豪雪地域の人々が、新しい幸福を謳う世界を夢想します。だからこそ、その特殊性が世界に競争力を生み、次世代の幸福論をもたらすのではないかと申し上げました。


The solution of regional problems by snow is not something that can be managed by individuals and companies but it can be solved with the platform, everyone who is the subject. Like the Detroit that I once visited, the place where the collapse specifically in the world was creativity and worked on the path of new regeneration. We dream of a world where people in heavy snow areas who learn from the road and gain freedom by achieving local problem solving are expressing new happiness. That is why I mentioned that its specialty will create competitiveness in the world and bring about the next generation of happiness theory.


雪地區問題的解決不是可以由個人和公司來管理,而是可以通過平台,每個人都能解決。 就像我曾經去過的底特律一樣,這個世界上特別是崩潰的地方是創造力,並在新的再生道路上努力。 我們夢想有一個世界,在這個世界上,大雪紛飛的人們從路上學習並通過實現本地解決問題獲得自由,這些地方正在表達新的快樂。 這就是為什麼我提到它的專業會在世界上創造競爭力並帶來下一代幸福理論。




















多くの方にお越しいただき、またCockpadの小竹貴子さんとbiotopeの佐宗邦武さんの聡明なお二方とお話しさせていただく機会をいただき、ありがとうございました。創造性を切り口に、これからも有機的な発酵食文化を基軸にした取り組みが広がっていくことに期待しております。


Thank you very much for coming to many people and for having the opportunity to talk with Takako Kotake of Cockpad and two brilliant people of Kunitake Sasami of biotope. I hope that efforts based on organic fermented food culture will be expanded from the perspective of creativity.


非常感謝您接觸到許多人,並有機會與Cockpad的小竹貴子以及biotope的佐宗邦武兩位傑出人物交談。 我希望基於有機發酵飲食文化的努力將從創造性的角度擴大。




HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com