西銘恒三郎経済産業副大臣との意見交換会を終えて:車座ふるさとトーク

昨年末、大曲商工会議所で行われた「車座ふるさとトーク」にて意見交換を行いました。政府高官が定期的に市民と意見交換を行う場で、今回のテーマは「地域未来投資の促進」についてでした。相樂東北経産局長も同席され総勢12名で話が進みました。
市民から発言があり、それらを受けた中でご説明いただいた政府の取組としては、繋がりによって新たな付加価値を産業に生み出すコネクテッドインダストリーとビッグデータを公表する地域経済分析システム(RESAS)、事業承継を進めるための大規模な規制緩和などをご説明いただきました。
会の終了後、西銘副大臣とお話をさせていただいたのですが、非常にフレンドリーで気さくな方で、早い時代の流れの中で何をすべきか考えておられるといった印象でした。


After Finding an Exchange Meeting with Kosaburo Nishime of Deputy Minister of Economy, Trade and Industry : Kurumaza Furusato Talk

At the end of last year, we exchanged opinions at "Arrival town hometown talk" held at the Omagari Chamber of Commerce and Industry. In a place where high-ranking government officials regularly exchange opinions with citizens, this theme was about "promoting regional future investment". Sagara Tohoku Director General of Commerce was also present, and the story proceeded with a total of 12 people.
There are remarks from citizens, and the government's explanation received in the receipt of them is a regional economic analysis system (RESAS), which publishes connected industry and big data that creates new value added to the industry by connection, business succession We explain such as large-scale deregulation to proceed.
After the meeting was over, I was talking with Vice Minister Nishime, but I was impressed that I am very friendly and friendly, thinking what I should do in early times.


與西銘恒三郎經濟產業省副部長找了個交流會:汽車故鄉談話

在去年年底,在在小栗工商會舉行的“到達市鎮故鄉講座”交換了意見。 在一個政府高層官員定期與市民交換意見的地方,這個主題是“促進區域性未來投資”。 商務總監東北愛子也到場了,故事共有12人。
公民有言論,政府在收到他們的解釋是一個區域經濟分析系統(RESAS),發布連接的行業和大數據,通過連接,業務繼承,為行業創造新的值 解釋像大規模的放鬆管制那樣進行。
會議結束後,我正在和西吉副部長談話,但是我非常友善和友善,我很早就想到應該做什麼。





七代目・高橋が発言したこと
私からの活動報告とお願いとしては、産業観光によるインバウンドが国の発展に貢献できること。その先にあるものは、特徴ある広域連携で地域のコンセプトを磨き上げ、中央政府は地方分権や規制緩和などの権限譲渡を行い、その地域に最適化された運営を任せることで持続可能性を追求すること。この流れを進言いたしました。
このような考えに至ったのは、直近の東欧の旅での国や地方の在り方でした。東欧や北欧は国家規模が大国に比べて小さいため、スイスのように国のコンセプトをエッジの効いたものに定めて世界の中で存在感を示しています。またフィンランドでは地方分権が進んでおり、コンセプトをベースに産官学連携がスピーディに進み、各都市ごとにエッジが効いているため北の街オウルと中央のヘルシンキの発展のヴィジョンが異なるのです。
しかしこの状態は健全で、そういったエッジの効いた都市の集合体が国家であるから特徴があり、より良い国へと向かうのです。
東北は積雪もあり日本の他地域に比べ生産性が乏しくなる時期があります。それらを踏まえ、どのような地域が連携しコンセプトを打ち立てていくのか。そして日本のローカルの連携先として東欧や北欧の都市があって良いのです。弊社はその中で産業と観光の両面で機能しながらも、日本のローカルがそのような状態に向かうことを期待しています。


Takahashi of the seventh generation said what he said
As an activity report from me and a request, the inbound by industrial tourism can contribute to the development of the country. The next one will refine the concept of the region with distinctive wide area cooperation and the central government will transfer authority such as decentralization and deregulation and leave it to the area optimized operation to achieve sustainability To pursue. I talked about this trend.
What came to this idea was the way of the country and region in the most recent Eastern Europe trip. Since Eastern Europe and Northern Europe are small compared to large powers, the nation's concept like the one in Switzerland is set to be edge-effective and it shows the presence in the world. Moreover, decentralization in Finland is progressing, the industry-government-academia collaboration advances quickly on the basis of the concept, and the edges of each city are effective, so the vision of the development of Oslo in the north and Helsinki in the center is different.
However, this state is healthy, and the aggregate of cities where such edges are effective is a nation, so it is characterized and goes to a better country.
There is a time when the productivity becomes poor compared with other areas in Japan due to snow cover in Tohoku. Based on those, what kind of areas cooperate to establish a concept? And there are cities in Eastern Europe and Scandinavia as local cooperation partners in Japan. While we work in both industrial and tourism, we hope that the Japanese local will go to such a state.


第七代高橋說了他的話
作為我的一個活動報告和一個請求,工業旅遊入境可以為國家的發展做出貢獻。提前一些什麼,在醂琉菘合作一定的拋光功能區域概念,中央政府執行權限轉移,如分權和放鬆管制,持續在該地區留下優化運行追求。我談到了這個趨勢。
這個想法是在最近的東歐之旅的國家和地區的方式。由於東歐和北歐與大國相比是微不足道的,瑞士這個國家的概念被認為是邊緣有效的,並在世界上呈現出來。此外,在芬蘭進展權力下放,把理念,以基地迅速產業,政府和學術界的合作,在奧盧市和北部中心的願景赫爾辛基的發展,因為它一直在邊緣為每個城市是與你不同。
但是,這個國家是健康的,這樣的邊緣有效的城市的聚合是一個國家,所以它的特點和去一個更好的國家。
由於東北地區的積雪,日本的生產率與日本其他地區相比有所下降。 基於這些,什麼樣的領域合作來建立一個概念? 東歐和斯堪的納維亞的城市是日本的地方合作夥伴。 當我們在工業和旅遊方面工作的時候,我們希望日本的地方會走到這樣一個國家。



HELSINKI_2017




HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com