KAKUSHIN 2017 第6回VEアジア大会 兼 第50回VE全国大会の登壇を終えて

多くのエンジニアリングや学術の成果が発表される中で「不便益」のプログラムが2つ組み込まれていたことは、その注目度の高さが伺えました。午前中に「不便益」の方法論としてIHIの松沢さんのプログラムがあり、実践と応用としてのディスカッションは午後のプログラムとなっておりました。会場の席はいっぱいとなり、多くの方に聴いていただくこととなりました。以下にその様子をご紹介したいと思います。


Report That KAKUSHIN 2017 SAVE International & SJVE Conference Has Ended

While the results of many engineering and academic achievements were announced, it was noted that the two "Fuben-eki" programs were incorporated. Morning Mr. Matsuzawa's program of IHI as a method of "Fuben-eki" in the morning, the discussion as practice and application was an afternoon program. The seats in the hall became full and it was decided to listen to many people. Below I would like to introduce the situation.


KAKUSHIN 2017“第六屆VE亞運會和第五十屆VE國家大會通知召開

雖然宣布了許多工程和學術成果的結果,但有人指出,這兩個“無利可圖”的方案已經被納入。 早上松島先生的IHI計劃是早上“無利可圖”的一種方法,作為實踐和應用的討論是一個下午的方案。 大廳的座位變得滿滿,決定聽許多人。 下面我想介紹一下這個情況。











主観が伴う学術は定量化し辛いため評価が難しくなります。しかしそういった曖昧さが学術に入っていくことが新しく、イノベーションを導く方法論だと思います。主観を取り入れているところが「不便益」は本当に素晴らしいのです。問いとして興味深かったのがジェネレーションZ世代がテクノロジーとの寄り添い方や便利や不便と捉える主観の問題をどう考えていくのかというものでした。私は、我々がどれだけ技術が進歩しても原始的な衝動や興味が無くなることはなく、そこにテクノロジーとの付き合い方や便利快適の主観を改めて認識し直すのではないかとお答えしました。主観を包含した学問から未来予測をすることで良いディスカッションになったと思います。学術機関や大企業、ローカルの中小企業の様々な方向からの議論、非常に楽しかったです。不便益VEの皆さま、本当にありがとうございました。


Academic accompanied by subjectivity is difficult to quantify and difficult to evaluate. But such a ambiguity is new is that going into the academic, I think that it is a methodology to guide the innovation. Where you incorporate subjectivity, "Fuben-eki" is truly wonderful. Interesting was the the Generation Z generation as the question is was that how we think snuggle styles and subjective problems regarded as a convenient and inconvenience of the technology. I, we are not primitive impulses and that interest is eliminated even if the progress is how much technology, was to answer and there or not than re-again recognize the relationship styles and convenient comfort of the subjectivity of the technology. I think that was supposed to be a good discussion to a future prediction from the study that were included subjective. Discussions from academic institutions, large companies, local small and medium enterprises in various directions, it was fun. Thank you very much for everyone who is unfriendly VE.


伴隨主觀性的學術難以量化,難以評估。然而,將這種模糊性納入學術是新的,我認為這是引導創新的一種方法。在何處納入主體性,“不友好”是真正的美好。作為一個問題,有趣的是如何看待第Z代人認為的技術,便利和不便的人群的主體性問題。我回答說,無論技術進步多少,我都會再次認識到與技術和舒適主體性相關聯的方式,而不改變原始的衝動或興趣。我認為這是一個很好的討論,通過預測包括主體性在內的學術課題的未來。來自學術機構,大公司,地方中小企業各個方面的討論,很有趣。非常感謝所有不友好的VE的人。











◎バリューデザインフォーラム
「不便益」から導く価値創造 〜地方発イノベーションの試み〜


・澤口 学 | さわぐち まなぶ
バリュー・イノベーション研究所 代表
早稲田大学 招聘研究員・兼担講師
博士(工学) CVS

・川上 浩司 | かわかみ ひろし
京都大学 デザイン学ユニット 特定教授
不便益システム研究所 所長
博士(工学)

・盒 泰 | たかはし やすし
ヤマモ味噌醤油醸造元 七代目

・西山 聖久 | にしやま きよひさ
名古屋大学 工学部 工学研究科 講師
博士(工学)

・宮田 仁奈 | みやた にな
株式会社IHI 航空・宇宙・防衛事業領域
民間エンジン事業部 技術部 技術グループ
CVS


◎Value Design Forum
Value creation derived from "Fuben-eki" - attempts of regional innovation -


・Manabu Sawaguchi
Representative of Value Innovation Research Institute
Waseda University invited researcher · co-teacher
Doctor (Engineering) CVS

・Hiroshi Kawakami
Kyoto University Design School Unit Professor
Director of Fuben-eki system research laboratory
Doctor (Engineering)

・Yasushi Takahashi
Yamamo miso and soy sauce brewing company seventh generation

・Kiyohisa Nishiyama
Lecturer, Faculty of Engineering, Nagoya University
Doctor (Engineering)

・Nina Miyata
IHI Corporation Aerospace & Defense Business Area
Technology Engineering Department, Private Engine Division
CVS


◎價值設計論壇
價值創造來源於“無利可圖” - 區域創新嘗試 -


・澤口 學
價值創新研究所代表
早稻田大學邀請研究員·共同教師
醫師(工程)CVS

・川上 浩司
京都大學設計學院單位教授
低效系統研究實驗室主任
博士(工程)

・盒 泰
Yamamo味噌醬油釀造商 第七代

・西山 聖久
名古屋大學工學系講師
博士(工程)

・宮田 仁奈
IHI公司航空航天與國防業務領域
私人發動機部技術工程部
CVS







HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com