中北米渡航を終えて_CITY No.1_DETROIT_DAY2_2017.04.24-26

「荒廃した摩天楼が残るデトロイトは、アメリカが抱えた唯一の遺産都市だ」。アメリカ人がデトロイトをこのように評価し、今ではそれに共感した先駆者が集まる場所となっている。そしてその一部には、アート作品や新たな店舗が入り、過去の産物に現代性がミックスされていた。多様性を謳うアメリカで、この重厚長大な産業遺産によるデトロイトの街の方向性は、他の都市に類を見ないものだった。この街の治安の悪化は、皆が想像するような健全な成長からは遠のくのだが、その反面、独自性が生み出される。世界規模でもこの稀な事例をデトロイトは携え、次の時代を体現しようとしている。


YAMAMO VOYAGE REPORT_CITY No.1_DETROIT_DAY2_2017.04.24-26

"Detroit, where a devastated skyscraper remains, is the only legacy city that the US had." Americans have evaluated Detroit like this and now it is a place where pioneers who sympathize with it gathered. And part of it, art work and new store entered, the past product was mixed with modernity. In the United States which says diversity, the direction of the city of Detroit with this heavy long and long industrial heritage was unparalleled in other cities. The deterioration of public security in this city is far away from the sound growth that everyone imagines, but on the other hand, identity is created. Detroit carries this rare case on the world scale and is trying to embody the next era.


北美旅遊報告_CITY No.1_DETROIT_DAY2_2017.04.24-26

“底特律滿目瘡痍摩天大樓仍然存在,唯一的遺產城市在美國已經有”。美國人評價底特律這樣,但現在已成為其中的先鋒誰用它收集同情的地方。而在部分,它包含的藝術作品和一個新的商店,現代已經在產品中混過去。在美國聲稱的多樣性,通過煙囪工業遺產底特律市的方向,是前所未有的事情在其他城市。這個城市裡,每個人的安全的惡化,但他從健康成長移開,如想像,而另一方面,唯一性生產。即使是很少的情況下底特律在全球範圍內帶來,試圖體現一個時代。


|SPECIAL THANKS|
TAKUTO MOTOMURA_GRANMA
HIROKI HORIE_MAKOTO

































街に産業が失われることは悲観すべきことではあるが、それは未来の街の持続性からすると必ずしも悪いことではないのかもしれない。世の中に移り変わらないものはないし、衰退しないものはない。むしろその状況からどのように立ち上がっていくのかが重要である。再び立ち上がり持続可能な社会形成を目指すならば、都市に於ける産業の役割はどこに主眼があるのだろう。僕は渡航前に心配をされた旅先のデトロイトに来て、そのようなことを考えはじめていた。


It is a pessimistic thing that the industry is lost in the city, but it may not necessarily be a bad thing from the sustainability of the city of the future. There is nothing that does not change in the world, and there is nothing that will not fade away. Rather it is important how to get up from that situation. If we aim to rise again and aim for a sustainable society, where will the role of the industry in the city be? I came to Detroit where I was concerned before traveling and began thinking about such things.


但是,該行業是失去了在城市有它應該是悲觀的,它可能不一定是壞事,當你從未來城市的可持續發展。不要的東西,這並不能改變這個世界,沒有什麼不下降。或者說要站起來,從這種情況什麼是重要的。如果上升的可持續發展社會的目標再次,產業在城市的角色是我不知道有一個焦點。我來到底特律之旅,這是出行前一種擔心,已經開始考慮這樣的事情。


























これまでの事例紹介のように、デトロイトの復興の最たるエンジンはゲリラとも云える有機的なアーティストの存在だった。彼らは自由な活動を求めて安価で規制のない土地を求めている。自身の作品のため、半ば欲望の追求ために行動を起こす。それが結果として街の復興に繋がるのだが、それにより生活費が上がり、自由度がなくなると活動場所を変える。そのような欲望のノマド的な生き方が復興の起爆剤となっている。それを生活者を含め皆が理解し、デトロイトはアートのショーウィンドウとなり、投資対象となる。高度経済成長とは違う人間の欲望が再び社会をつくりあげているのだった。


As in case examples so far, Detroit's best engine to revive was the existence of an organic artist who can be called a guerilla. They are seeking cheap and unregulated land for free activities. Because of his own work, it causes action to pursue mid-desire. As a result, it leads to the reconstruction of the city, but as a result, the cost of living rises, changing the place of activity as the degree of freedom gets lost. The nomadic way of living of such desires has become a detonator for reconstruction. Everyone, including the people, understands it, and Detroit becomes a show window of art and becomes an investment target. Human desires different from high-speed economic growth are creating society again.


像這樣,直到案例研究,重建底特律的主要動力是它的游擊隊的存在,可以說有機藝術家。他們正在尋求與在搜索的免費活動,低成本的沒有監管土地。對於自己的工作,採取行動,為追求中期慾望。這是導致城市作為結果的重建,而是通過生活上漲的成本,改變自由的活動和位置度被消除。渴望的生活這樣的游牧生活方式已經成為了雷管的重建。據了解,每個人,包括消費者,底特律成為展示櫥窗,投資目標的藝術。從慾望的經濟高當紘堝嬰人類似乎已經再次創造了一個社會。




HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com