“Space Gray -クリエイティヴ・インダストリーを日本のローカルへ- ”を終えて

ローカルから世界を見据え、社会変革を起こすプロジェクトSpace Grayのキックオフを東京で終えてきました。 フェシリテーターの大本さん本村さんには今回の東京で多くの方をご紹介いただき、世界的文化を背景にした社会構築を唱えてきた人たちが国内外にいらっしゃることがわかりました。心強く、進むべき道はこの方向性であることに勇気と自信が湧きました。イヴェントの定員は30名から40名となり、会場では総勢55名がローカルから行動を起こすという熱気に包まれました。以下に当日の様子をご紹介したいと思います。


Report that "Space Gray - Creative Industry to Japanese Local -" has ended

We have finished the kickoff of Space Gray, a project to bring about social change from the local perspective, in Tokyo. Ms. Omoto of Fersitator Mr. Motomura introduced many people in Tokyo this time and found that people who have thought about building society against the background of the world culture come home and abroad. I gained courage and confidence that this direction is my way to go. Although the capacity of the event was 30 people, it was 40 people, and at the venue 55 people crowded with enthusiasm for taking action from the local. Below I would like to introduce you on the day.


“太空灰 - 日本的創意產業給當地 - ”報告已完成

從當地世界的眼睛,是太空灰的開球是一個項目,引起社會變革在東京已經完成。在大本本村先生的Feshiriteta是我們在這個時候東京的介紹很多人,人誰一直在想一個社會是反對全球文化背景已經發現,前來國內外。我到他的自己的進步是雨後春筍勇氣和信心是這個方向。事件能力成,但40人30人,在總共55名員工的會場人被包裹在熱空氣中採取行動,從本地。下面想向你介紹你的外表的一天。











第一部では主催のMAKOTOと湯沢市から東北のローカルで活動する旨や都市部とのマッチングである今回の趣旨説明がありました。次に会場のイトーキ東京イノベーションセンター「SYNQA | シンカ」の設立の目的とこれまでの取り組みの事例紹介があり、次世代を見据えた取組みに多くの興味が集まっていました。ファシリテーターの本村さんのプレゼンテーションでは、世界の文化的産業を持つ都市がいかにして社会を変革し、突出した文化を形成しているかを論じていただきました。いずれの場合も発展前段階には「Gray=不確定領域」があり、そこから全てが始まると結論付けられました。会場ではここまで3者のプレゼンを聞き、「クリエイティヴィティとは?」という問いに答えるかたちでワークショップに入っていきます。ファシリテーターの大本さんが皆さんの意見を吸い上げ、まとめ上げていきました。


In the first part, there was an explanation of the purpose of this time that MAKOTO hosted by Yuzawa City and local activities in Tohoku and matching with urban areas are organized. Next, there was the purpose of establishing the Itoki Tokyo Innovation Center "SYNQA" at the venue and case examples of past efforts, and there was much interest in the initiatives aimed at the next generation. Mr. Motomura's presentation by the facilitator discussed how cities with world cultural industries transformed society and formed an outstanding culture. In both cases, it was concluded that "Gray = uncertainty area" exists in the pre-development stage and everything starts from there. At the venue, listen to the three presentations so far and enter the workshop in response to the question "What is creativity?" Ms. Omoto of the facilitator sucks up your opinion and puts it together.


曾經有一段時間精神解釋的事實或市區的匹配,以從MAKOTO和湯澤當地東北主持工作的第一部分。隨後會場東京創新中心的ITOKI |有目的的案例研究,到目前為止,成立了“SYNQA下沉”的努力,他已經說了很多的努力著眼於下一代的興趣。在主持人,如何在城市與世界的文化產業,我們已經討論了是否形成了突出文化的社會,變化的本村的介紹。之前有一個“灰色=不確定區域”,甚至發展階段的任何情況下,它已經結束,一切從這裡開始。聽介紹,到目前為止,在會場的三方,我們將在表單中輸入車間回答“什麼是創意?”。吸了大家大本的主持人的意見,我們將繼續提高到一起。











第二部の私のプレゼンテーションでは、第一部のワークショップの問いである「クリエイティヴィティとは?」に答えるところから始めました。自身にとっての、クリエイティヴィティは「進化する意志」から始まるとお話をさせていただき、その時代の文化形成が人類の歴史にとってかけがえのないものであり、最も有効な社会変革に近いものであると論じました。そしてそれはローカルだからこそ、ある種、中央や世界から目を向けられていない「Gray」の状態であり、進化するに近い状態であると申し上げました。


In my presentation of two copies, I began to answer to the workshop question "What is creativity?" For me, I will tell you that creativeity begins with "willingness to evolve", arguing that cultural formation of that era is irreplaceable to the history of human beings and is closest to the most effective social change It was. And because it is local it is the state of "Gray" which is not aimed at from the center or the world, and I mentioned that it is close to evolving.


在我的兩部分的介紹,從哪裡開始的答案車間“什麼是創意?”的問題。對我來說,創意是樂於交談,從“發展的意願”開頭的,是那些文化形成的時代是不可替代的人類的歷史,它認為是靠近最有效的社會變革直接描述。它是,我們提到,接近國家演變未從中心朝向和世界正是因為它是當地的眼睛導演的“灰色”的狀態。











第三部では、スピーカーと参加者の方々に本村さんが問いを投げ、それぞれの立場からそれに答えていくようなワークショップ、パネルディスカッションを行いました。大企業、投資家、金融業、行政、デザイナー、ローカルの産業等、社会変革にはすべてのポジションが必要であり、強い意志を持つプレーヤーの存在が不可欠であると導かれました。会場ではローカルに主眼を置くプレーヤーが多い中、それはこの結論だけではなく、意志が有りながらもローカルから社会変革を望めなかった事例を皆が共有し、云わばヴァージョンアップした社会変革の意志を問われたものでした。


In the third part, Mr. Motomura threw questions to speakers and participants, and we held a workshop to answer them from each standpoint. All positions are necessary for social change, such as large enterprises, investors, finance industry, government, designers, local industries etc. It was led that the existence of a player with a strong will is indispensable. Not only this conclusion, but also those who knew about it but shared examples from the local who could not hope for social change, in other words, was asked the will of social change that was versioned up.


在第三部分中,本村揚聲器和參與者的人扔的問題,給了一個車間,比如去從各自的立場回答。大公司,投資者,金融服務,政府,設計師,地方工業等,在社會變革是必要的,所有的位置,被領導的,因為它是玩家以堅強的意志存在是必要的。它不僅是這個結論,做了什麼,也通過所有沒有忽視來自本地,而不知社會轉型的情況下共享,被要求社會變革的那個版本了,如果說的意願。














文化や社会変革に意識ある方々とローカルと世界を対比しながら、クリエイティヴを共通言語にした意見交換を繰り返していく。このような場のあり方は、イヴェントの全体が意思を持ち、熱が加わりました。私はいちスピーカーでありながら圧倒的な高揚感と空間体験をし、「Gray=カオス」から「導く者=パイロット」を生み出す瞬間を体感しました。


While contrasting local and world with people who are conscious of culture and social change, we will exchange views exchanging creatives as common language. The way of such a place, the whole of the event has intention, the fever has been added. Although I am a loudspeaker, I experienced the moment of creating an overwhelming sense of euphoria and space and creating a "guiding person = pilot" from "Gray = chaos".


雖然比較人與本地和全球有在文化和社會變革的意識,就會重複的意見交換中創造性的共同語言。這樣一個地方的方式,在整個事件中是有這個意向,熱已被添加。雖然我是位置的揚聲器和壓倒性的興奮和空間體驗,我們所經歷的時刻,創建了“灰色=亂”“牽頭人=試點”。














マンハッタンに隣接するブルックリンが文化を背景に超スピードで構築され、地域産業というブランドをつくりあげ、世界を巻き込む文化を形成しました。この在り方は、日本を広域に捉えると、関東に隣接する東北を再構築する地域と捉え、世界にインパクトを与える地域産業と文化形成ができるのではないかという思考が芽生えてきました。そしてこの新しい捉え方と文脈を東北の仲間と共有していく未来が見えます。
弊社の産業である味噌醤油は、“島国で独自の発展を遂げ、塩分などの保存性を考慮し、地域に最適化された発酵物”と捉えると、その文化的背景から産業を再構築し、世界の中で人々によりよい生活をもたらす潜在能力があると考えています。私たちはそのような意志を持ち、プロジェクトを進めていきたいと思います。イヴェントの素晴らしいキックオフであったことと仲間の皆様に感謝しております。同じ時間と意志を共有した皆様、ありがとうございました。


Brooklyn adjacent to Manhattan was built with super speed on the backdrop of culture, creating a brand called regional industry and forming a culture involving the world. When thinking about Japan in a wide area, this way of thinking as a region to rebuild the Tohoku adjacent to the Kanto region, the thought has come to think that regional industries that can impact the world and culture can be formed. And we can see the future that we share this new way of thinking and context with our friends in Tohoku.
Miso and soy sauce which are our industry are rebuilt the industry from its cultural background when it is regarded as "a fermented material optimized for the region considering conservation of salinity, etc., by developing original development in the island country" I believe that there is a potential to bring better lives among people in the world. We have such a will and want to advance the project. I am grateful to everyone of my colleagues that it was a wonderful kick-off. Thank you to everyone who shared the event.


毗鄰曼哈頓布魯克林構造與對文化背景的超速度,創造了一個品牌的區域產業,已形成吞噬世界的文化。這樣,當捕捉日本在很酖區域,被視為一個區域來重建東北毗鄰關東,想著也許能比當地產業和文化形式的影響,世界已經發芽了。而未來繼續分享這一新的觀念和上下文同胞長相東北。
我們的醬和醬油是一個行業,“做出這個島國獨特的發展,考慮到儲存穩定性,如鹽,這是該地區最優化的發酵產品”,並認為,從它的文化背景重建行業並且,我們認為是有潛力帶來由世界各國人民更好的生活。我們有這樣的意願,我想推進項目。我們感謝大家的是,同伴是一個偉大的開球。每個人分享你的事件,謝謝。




HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com