「第6回 湯沢副市長 月イチトーク」ヤマモ味噌醤油醸造元・七代目 登壇を終えて

地元湯沢で開催したトークイヴェントを無事終えることができました。終了後もお声掛けをいただき、また、壇上でご紹介した見学ツアーのお問い合わせも多数いただいております。この度の機会を得て、地元地域の反響の大きさを改めて実感しました。ありがとうございました。主催の藤井副市長、進行の常子さんはじめ、スタッフの方々には、副市長との対談形式に近い、私に最適化した細やかなサポートをいただきました。それにより私個人の考え方や人類と文化の作用、次世代へ紡ぐためのアプローチなど、活動原理や核心に迫るお話をすることができました。皆様の地元愛とチームワークに感謝しております。
内容は以下の動画でご覧いただくことができます。以降に私が書いた事前アンケートを記載し、当日の内容と合わせてみていただければと思います。清らかな水の伝説が残る、かつての城下町岩崎で高橋茂助が起こしたブランド、“ヤマモ”。そのストーリーはこれからも続いていきます。


Finishing of on Stage of "6th Yuzawa vice mayor month Ichi-talk" Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company / 7th Generation

We were able to finish successfully the talk event was held at the local Yuzawa. After completion, it will enable your voice credit, also, we have received inquiries also many tours that introduce on stage. And the opportunity of this time, we have once again realized the magnitude of the echo of the local area. Thank you very much. Sponsored by Fujii deputy mayor, Tokiko's progress, the members of the staff, we had a delicate support that we optimized for the vice mayor and my talk format. Effect of it by my personal thinking and the human race and culture, such as the approach to spin to the next generation, we were able to speak to approach the activity principles and core. We are grateful to the local love and teamwork of everyone.
Contents can be visit in the following video. Describes a pre-questionnaire I wrote later, I think you'll try together with the content of the day. Pure legend of the water remains, former brand castle town Mosuke Takahashi in Iwasaki cause was, "Yamamo". The story will continue to be followed in the future.


“第六屆湯澤副市長談月”Yamamo味噌醬油釀造商,完成7代領獎台

我們能夠在當地的湯澤完成成功的談話活動隆重舉行。項目建成後,將使你的聲音的信用,還,我們收到的查詢也有許多旅遊團在舞台上介紹。與此時間的機會,我們再次實現了局部區域的回波的幅值。謝謝大家!藤井副市長主辦,常子的進步,員工的成員,我們有我們的副市長和我的談話格式優化的一個微妙的支持。通過我的個人的思維和人類文化,如旋轉到下一代的辦法其效果,我們能夠說話接近活動的原則和核心。我們感謝當地的愛和大家的團隊精神。
內容可以在下面的視頻訪問。描述了預調查問卷我後來寫道,我想你會用一天的內容結合起來試試。水遺體純傳說,前者品牌城下町高橋茂助岩崎原因是,“Yamamo”。故事將繼續遵循的未來。





【事前アンケート】

1.家業を継ぐことについて
--A) 継ぐまでのプロセスを教えてください。

千葉大学デザイン工学科建築系卒業(4年)
東京農業大学短期大学部醸造学科卒業(2年)
大手醸造会社修行(1年)
高茂合名会社入社、家業を継ぐ(10年目)

--B) 節目となったタイミングがいくつかあったと思いますが、そのときの心情を教えてください。

千葉大学のとき
建築の道に進み、本当に家業を継がなくていいのか

東京農業大学のとき
家業を継ぐのだが、東京が楽しく、秋田に帰るのが不安

家業を継いで最初の1年
予想していた環境が現状と異なり、受け入れがたく感じ、心がすさむ

会社の広告(リブランディング)に携わる
顧客から直接反応をいただいたり、社の意思決定できることを理解し、仕事が楽しくなる

--C) 継ぐことの、大変さや面白さを教えてください。

元々いたもの、あったもの(家族や社員、設備など)を否定したり説得したりして新しい物事を進めていくところが大変であり、面白みでもある。その矛盾を抱えながら歩みを進める姿を消費者や世間が潜在的に理解をしているから、代々続くもの(家業や伝統産業)は美しいと感じる。

--D) 継ぐことを決めるまでに経験したことの中で、今の生活や仕事にプラスに働いていることを教えてください。

学生時代にバックパッカーで海外に出ていたこと
社員数10数名の小さな蔵元であるが、世界に出て仕事をしてみたいと実際に経験したリアリティを持って考えることができた。

視覚の世界が好きでそれを生業にしたかったこと
学生のときから膨大に建築物やポスターなどのグラフィックを見ていた。それが味覚と視覚の融合を行う取り組みに影響している。また、文化的なものに身を置きたかったためファッションや音楽の流行や傾向など、物事を体系的に捉える癖が付いていた。現在では和食文化や日本の伝統産業は世界の中でどのような立ち位置にあるのか、それらを体系的に捉え、発展の方向を考えている。

2.ヤマモブランドの「継承・融合・進化」について
--A) これまで受け継がれてきたヤマモ味噌醤油醸造元の歴史の中で、高橋さんが特に大事にしていることや興味深く感じていることを教えてください。

過去から現在に続く文脈や転換点を重要視している。そこにはその時代の人間の進化しようとする意志があると考えている。

--B) ヤマモブランドを次世代に伝えていくために、具体的にはどのような取り組みをされていますか?

世界の中で和の調味料の文化的立場を向上させ、次世代に残るものにする。そのためには和の醸造業自体をエンターテイメントに変える。具体的には有料の見学ツアー、ヤマモファクトリーツアーを行い工場(産業)、庭園(歴史)、畑(持続可能性)の現場をリアルに体験してもらう。

--C)これから新たに挑戦したいことがあれば教えてください。

高齢化社会や人口減でも人々の暮らしを豊かにできる新しいテクノロジーと融合を図り、和の伝統産業を進化させたい。

3.高橋さんから見た現在の湯沢市の魅力・セールスポイントは何だと思いますか?

南部の人たちは外の世界を見る傾向にある。外を向き新しいものを求める多様な人そのものに価値がある。また、陸路で秋田に来る方には南の玄関として機能することができるため、その利を活かし独自の発展の方向を設定することができる。

4.今後の湯沢市にどのようなことを期待していますか?また、その実現に向けて、高橋さんご自身はどのように関わりたいと思いますか?

これからは想像を超えるテクノロジーが圧倒的スピードで登場する。それを受け入れる意志を自治体がいち早く表明する。それができれば面白い人が集まり、現状を打破する人たちが現れる。自分もその打破する人たちの一人として機能し、湯沢から世界に通用するブランドをつくりたい。片足は地元地域(ローカル)にもう片方は世界(グローバル)に。小さいからこそ、自分の足でしっかり立っている姿を示したい。


[Pre-questionnaire]

1. For that take over the family business
--A) Please tell us about the process of up to succeed.

Chiba University Design Engineering, architectural graduate (4 years)
Tokyo University of Agriculture College of brewing graduated from the Department (2 years)
A major brewing company training (1 year)
TAKAMO & Corp. joining, take over the family business (10 years)

--B) I think the timing was a turning point there was some, but please tell me the feelings of that time.

When the Chiba University
Proceed on the road of building, it really nice not inherit the family business

When the Tokyo University of Agriculture
I take over the family business, but Tokyo is fun, it is anxious to return to Akita

The first year in the footsteps family business
Unlike expected to have the environment and the status quo, not accepted, and emaciation

Involved in the company of advertising (re-branding)
Or received a direct response from the customer, to understand that you can decision-making of the company, fun work

--C) Of that succeed, please tell me the very of and fun.

Those who were originally, there were those (family members and employees, such as equipment) is a very is a place to promote the new things with or to persuade or deny, is also interesting. Since the appearance to promote the walking while holding a contradiction consumers and the public have a potentially understanding, generation to generation what follows (the family business and traditional industry) feel and beautiful.

--D) Things in that you have experienced before deciding to take over, please tell me that you are working in a positive now live and work.。

That was out overseas in the back packer to student
It is a small brewery employee number 10 a few people, but can be considered to have actually experience the reality and want to come out to the world try to work.

Like the vision of the world that I wanted to make it a living
I was looking at the graphic, such as massively buildings and posters from the time of the student. It is affecting efforts to perform a fusion of taste and visual. In addition, such as fashion and trends of fashion and music because he wanted to put himself in the cultural ones, it had been with a habit to capture the things systematically. Japanese culture and Japan's traditional industries are at present whether there in what Tachii destinations in the world, captured them in a systematic way, believes the direction of development.

2. For the "inheritance, fusion and evolution" of Yamamo brand
--A) In so far inherited of Yamamo miso soy sauce brewing source has been history, please tell me that Takahashi-san have felt it and interesting you are especially important.

It is important to follow in the current context and the turning point from the past. There believes that there is a will to the evolution of human beings of that era.

--B) The Yamamo brand in order to go to convey to the next generation, what have been the efforts to specifically?

To improve the cultural position of the seasoning of the sum in the world, to what remains to the next generation. To do this change the brewing industry itself of the sum to the entertainment. Specifically, the paid tours, factory performs a Yamamo factory tour (industry), garden (history), the site of the field (sustainability) get to experience realistically.

--C) Please tell me if there is a thing that you want to from now on a new challenge.

Aims to fuse with new technology that can enrich the lives of people in an aging society and population decline, we want to evolve the traditional industries of the sum.

3. What do you think is attractive sales point of the current Yuzawa viewed from Takahashi?

Southern part of the people who tend to see the outside world. There is a value to a variety of people themselves to find the outside orientation new ones. In addition, for those who come to Akita by land is to be able to function as a gateway to the south, it is possible to set the direction of their own development taking advantage of that interest.

4. Do you expect any such thing in Yuzawa of the future? In addition, towards its realization, do you think you want involved in how Takahashi yourself?

From now on technology that exceeds the imagination is to appear in the overwhelming speed. Municipalities quickly express a willingness to accept it. Interesting people gathered if it is it, people who break the status quo appears. I want to create a brand that they also function as one of the people who make the break, world-class from Yuzawa. The other in the world (global) to foot the local region (local). Precisely because small, want to show the form that are firmly standing on their feet.


[預問卷]

1.對於接管家族生意
--A) 請介紹一下到成功的過程。

千葉大學設計工程,建築學專業畢業(4年)
醞釀農學院的東京大學從系畢業(2年)
一個主要的釀酒公司培訓(1年)
高茂合名会社加盟,接手家族生意(10年)

--B) 我認為,時機是一個轉折點是有一些,但請告訴我當時的感受。

當千葉大學
繼續建設的道路上,它真的很好不是繼承家業

當農業東京大學
我接手家族生意,但東京是有趣的,它是歸心似箭秋田

的腳步家族企業的第一年
不像預期具有環境和現狀,不被接受,和消瘦

參與公司的廣告(重塑品牌)
或接收來自客戶的直接回應,要明白,你可以在公司的決策,充滿樂趣的工作

--C)這成功的事,請告訴我,非常的有趣。

這些誰最初,有那些(家庭成員和僱員等設備)是一個很是推動新事物或勸說或拒絕的地方,也很有趣。由於外觀推動走一邊拿著矛盾的消費者和公眾一個潛在的理解,代代相傳接下來(家族企業和傳統產業)的感覺和美麗。

--D)在這件事情你決定接手之前都經歷過,請告訴我,你是在一個積極的工作,現在生活和工作。

這是出在海外背包族學生
這是一個小型啤酒廠的員工人數10幾個人,但也被認為具有實際體驗的現實,想出來的世界嘗試的工作。

像世界的眼光,我想使它成為一個活生生
他觀看圖形,例如從學生的時間大規模建築物和海報。它是影響努力執行的味覺和視覺的融合。此外,如時裝及時尚和音樂是因為他希望把自己在文化方面的發展趨勢,它已經用習慣系統捕捉到的東西。日本文化和日本的傳統產業是目前是否有什麼世界Tachii目的地,抓獲了他們以系統的方式,認為方向發展。

2.對於“繼承,融合與演變”的Yamamo品牌
--A)在迄今為止繼承Yamamo味噌醬油釀造源一直歷史,請告訴我,高橋山覺得它和有意思嗎尤為重要。

它在當前上下文中,並從過去的轉折點,遵循的是重要的。這裡被認為是願意嘗試到那個時代的人類進化。

--B) 該Yamamo品牌為了傳達給下一代,是什麼一直努力具體?

為了提高在世界上的總和的調味料的文化位置,以剩下到下一代。要做到這一點變化釀酒行業本身的總和的娛樂。具體來說,旅遊支付,工廠執行Yamamo參觀工廠(工業)園(史),場(可持續性)的現場體驗到逼真。

--C) 請告訴我,如果有,你想從現在開始,一個新的挑戰的事情。

旨在以新的技術,它可以豐富人們的生活在一個老齡化社會,人口下降融合,我們要發展和的傳統產業。

3.你認為什麼是有吸引力的銷售點從湯澤高橋看當前的?

誰往往看到外面的世界各國人民的南部。有一個值,以各種各樣的人自己找到外部取向新的。此外,對於那些誰的土地來秋田是能夠充當網關到南部,它是可以設置的利息自身發展趁勢方向。

4.你希望在未來的任何湯澤這樣的事情?此外,朝它的實現,你覺得你想參與到如何高橋自己呢?

從現在的技術,超出了想像是出現在鋪天蓋地的速度。各市迅速表態願意接受它。有趣的人聚集,如果是,誰打破的人出現的現狀。我想創建一個品牌,他們也可作為誰使從湯澤的突破,世界一流的人之一。在世界上(全局)其他到腳的局部區域(本地)。正因為小,想證明堅定地站在自己的腳的形式。




HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com