開かれた庭園を目指して_水平の庭石と曲線の植栽

新たな庭園入り口の安定的な融雪のため、池を設けます。入り口のシンボルツリーとなる左手のカリンと右手のイトスギの根をかわすように形を決めていきます。既存の池との関係性から新しい池には鳥海石の青系のもので淵をつくりました。冬季の融雪時の池の中では、地下水を放水し、対流が起こるよう設計されています。


YAMAMO GARDEN OPENING PROJECT_Flat Garden Stone and Planting of the Curve

Because of stable snow melting of a new garden entrance, it will provide a pond. The left side of karin as the entrance of the symbol tree, there is a cypress on the right-hand side. To dodge their roots decide the shape of the pond. The new pond from the relationship between the existing pond has created a deep pool with a blue chokai stone. Among the pond at the time of melting snow of winter, and water discharge the groundwater, it has been designed so that convection occurs._GARDENOPENING


以被打開的庭園作為目標_水平園林石和曲線種植

由於新園入口處的穩定積雪融化,它將提供一個池塘。卡琳的左側為標誌樹的入口,有在右側柏樹。道奇他們的根決定池塘的形狀。從現有的池塘之間的關係的新的池塘已經創造了一個藍色的石頭鳥海浩石深潭。間的池塘在熔化冬天的雪的時間,以及水排出地下水,已經設計為使得對流發生。




















カリンの足元には座敷に付随していた“つくばい”を設置し、庭園に注ぎ込む新たな意味を持たせます。ここから仕込水である地下水が流れ、新しい池に入り、小川を流れ、既存の池に溜まります。ヤマモの庭園入り口からは、この水の流れを眺めることができるようになります。


The feet of karin established a "tsukubai" had been attached to the parlor, and to have a new meaning that poured into the garden. Groundwater flow is charged water from here, enter the new pond, flows through the creek, will accumulate to an existing pond. From the garden entrance of Yamamo, you will be able to watch the flow of the water.


卡琳的腳建立了“蹲”已被連接到客廳,並有倒入花園的新的意義。地下水流就是從這裡帶電水,輸入新的池塘,流過的小溪,將積累到現有的池塘。從Yamamo花園門口,你就能看水的流動。




















大型クレーンにより、大きな庭石の移動を行います。上部に水平の面がくるように調整し、複数の石でリズムをつくり出します。既存の池の庭石と植栽のバランスを踏襲していきます。昨年切り倒した松の切り株のある丘は、この機会に抜根し、次のシンボルツリーが備えられるのを待ちます。


The large crane, and move a large garden stone. Adjusted in such a manner that a flat surface on the top, you create a rhythm in more than one stone. We will continue to follow the balance of the garden stone and the planting of the existing pond. Hill with a stump of pine that was cut down last year, and uprooting on this occasion, we wait for the next symbol tree is provided.


大型起重機,移動的大型園林石。調整該頂部平坦的表面,則在一個以上的石創建節律的方式。我們將繼續按照園林石的平衡與現有的池塘種植。山松樹的樹樁被去年砍伐,鏟倒在此之際,我們等待提供下一個符號樹。








ヤマモの庭園は、水平の庭石と刈り込んだ植栽の曲線、その連続が特徴となる庭です。その造形が顕著に現れているのが既存の庭園中央の池となり、それを回遊して眺めることが赴きとされています。この一連の流れに新しい庭園入り口からの動線を結びます。見学により新しく進むルートは、元来の庭園の織り成す和の階層構造に対して、西洋の遠近法を取り入れ、よりいっそうドラマチックにしていきます。
三代目妻・トクが中央に位置し、池の橋を背にした写真からは、82年前、当時の様子が伺えます。緑の植栽が多く、飛び石もはっきりと存在感があります。作庭から100年以上続く現在の庭は、経年経過により石の造作に苔が生え、植栽は要所要所に残り、飛び石には土がかかり馴染んでいます。この状態の何を活かし、何を踏襲していくのか。これからその大切な領域に踏み込んでいきます。このように私たちは伝統と革新の2つの構造を取り入れ、新旧和洋の融合する、次世代型の庭園を生み出したいと考えております。


Yamamo of the garden is a continuation of the garden of the curve of shorn a flat garden stone planting. Of the modeling has appeared remarkably will be the existing garden center of the pond. That look to migration it has become a visited. It signed a flow line from the new garden entrance to this series of flows. New advance directions in visits, to woven layer structure of the original garden, put the structure of perspective, will continue to dramatic.
From the photograph third generation wife Tok is located in the center, it will ask the state at the time. Many green planting, there is a presence also clearly stepping stone. The current garden followed from the garden is made more than 100 years, grows moss to fixtures of stone by the secular progress, planting the rest to strategic locations, the stepping stone we are familiar takes soil. What leverage, what you going to follow in this state. It will depress future in the important area. In this way we incorporate the two structures of tradition and innovation, the fusion of old and new Japanese and Western, we would like to create the next-generation of the garden.


花園Yamamo是剪一台園林石種植曲線園林的延續。的造型已經出現明顯將池塘的現有花園中心。那樣子遷移它已成為一個訪問。它從簽訂新花園入口的流線這一系列流。新進展方向上考察,織原花園層結構,把視角的結構,將繼續顯著。
從照片第三代妻子托克位於市中心,它會問當時的狀態。許多竸Ъ鐃◆ね一個存在也明確敲門磚。目前跟著花園從花園由超過100年,由世俗進步成長苔石夾具,其餘種植到戰略位置,敲門磚我們熟悉需要的土壤。槓桿是什麼,你會在這種狀態下遵循什麼。它會在重要領域壓低未來。這樣,我們結合傳統與創新的兩種結構,日本新老與西方的融合,我們希望創造新一代的花園。







[ 追記 ]

「DISCOVERKAMENOCHO Vol.4 服部滋樹氏登場!」のパネリストとして七代目・高橋が登壇します。蔵人として造りをしながらもヤマモブランドのリブランディングを行う経営者の立場からお話できればと思います。ぜひ、ご参加ください。


「DISCOVERKAMENOCHO Vol.4 服部滋樹氏登場!」

今回のDISCOVERKAMENOCHOは服部滋樹さん来秋!トークイベント「ものをつくる その先を考える」です。
オリジナル家具のデザイン・製作、販売から、ショップ・デザイン、ホーム・リフォームまで、人々の暮らし、衣食住すべてにかかわるものづくりを行なっているだけでなく、時にはアーティストと共にパフォーマンスにも参加するなど、何をしている会社か一言では言い表せないほどの幅広い活躍をしているクリエイティブユニット「graf」。その創設者のひとりであり、代表を務める服部滋樹氏に登壇いただき、創設以来続けてこられた協働によるものづくりへの思い、「graf」としての哲学を語っていただきます。
モノづくりに関わる多くの方にお越しいただきたい講演です。終了後は直接講師の方と語り合う交流会も予定してい<ます。

【場 所】秋田市南通亀の町ヤマキウ倉庫
【日 時】 2016 年 5 月 7 日(土)18:00〜20:00 
    ※終了後交流会開催
【参加費】 1,500 円(ワンドリンク付き)
    終了後 交流会参加費 1,500 円ドリンク別
    ※いずれも消費税込

服部滋樹|HATTORI Shigeki
1970年生まれ大阪府出身。「graf」代表、クリエイティブディレクター、デザイナー。インテリアショップ、デザイン会社勤務を経て、1998年にインテリアショップで出会った友人たちと「graf」を創設。建築、インテリアなどにかかわるデザインや、ブランディングディレクションなどを手がける。近年では地域再生などの社会活動にもその能力を発揮している。京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。


[ Postscript ]

The seventh generation Takahashi as a panelist of "DISCOVERKAMENOCHO Vol.4 Mr. Shigeki Hattori appearance!" Will be on stage. I think that if you can talk from management's position to carry out the Yamamo brand of re-branding, while the build as brewers. By all means, please join us.


"DISCOVERKAMENOCHO Vol.4 Mr. Shigeki Hattori appearance!"

This time of DISCOVERKAMENOCHO Shigeki's next autumn Hattori! Talk Event "Given its destination to make things".
Design and production of original furniture, from sales, shop design, to the home renovation, people's lives, not only carried out a manufacturing those involved in all food, clothing and shelter, and sometimes to participate in the performance along with the artist, what to creative units that have a wide range of activities of beyond description in the company or a word you're "graf". The founder of the One, We podium to Shigeki Hattori to serve as representative, I think to the development by cooperating with this little continued since its founding, we will tell the philosophy as a "graf".
This lecture you want come to many people involved in manufacturing. After the completion is scheduled also exchange meeting to talk with people directly instructor.

[Place] Akita Minamidorikameno cho Yamakiu warehouse
[Day when] May 7, 2016 (Sat) 18:00 to 20:00
    ※ after the end of exchange meeting held
[Entry fee] 1,500 yen (with one drink)
    After the completion of exchange meeting participation fee 1,500 yen drink another
    ※ both consumption tax

Shigeki HATTORI
Born in 1970 Osaka born. "Graf" representative, creative director, designer. Interior shop, through the design company work, founding the "graf" with friends who met in the interior shop in 1998. Architecture, such as the design and involved in the interior, such as branding direction maker. In recent years it has also demonstrated its ability to social activities, such as regional revitalization. Kyoto University of Art and Design Faculty of Arts, Department of Information Design Professor.


[ 後記 ]

七代高橋作為小組成員“DISCOVERKAMENOCHO服部茂樹先生VOL.4外觀!”將在舞台上。我認為,如果你可以從管理層的位置開展Yamamo品牌重塑品牌的交談,而作為構建釀酒商。通過一切手段,請加入我們的行列。


“DISCOVERKAMENOCHO服部茂樹先生VOL.4外觀!”

這一次DISCOVERKAMENOCHO茂樹的明年秋季服部!對話事件“由於其目標,使事情”。
設計和生產的原創家具,從銷售,店鋪設計,家庭裝修,人們的生活,不僅進行了製造那些參與所有食品,衣服和住所,有時與藝術家,有什麼沿著參加演出創意單位具有廣泛的活動超出了公司的描述或一個單詞你“格拉夫”。壹的創始人,我們領獎台茂樹服部作為代表,我認為發展與自成立以來這個小的持續合作,我們會告訴理念為“格拉夫”。
想這個講座來參與製造了很多人。完成預定後也交換會議與人直接教官說話。

[地方]秋田市南通亀町Yamakiu倉庫
[日時]2016年5月7日(星期六)18:00至20:00
    ※交流會結束後舉行
[報名費]1500日元(有一飲料)
    的交流會參加費建成後1500日元喝另一
    ※無論消費稅

服部滋樹|HATTORI Shigeki
出生於1970年大阪誕生。 “格拉夫”的代表,創意總監,設計師。室內裝飾店,通過設計公司上班,轉攻“格拉夫”與誰在室內鋪在1998年遇到了朋友。建築,如設計和參與內部,如品牌方向機。近年來,它也展示了它的社會活動,如區域振興的能力。藝術的京都大學藝術設計學院,信息設計系教授。




 


HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com