事業承継を目指して

秋田に戻り7年が経ちました。私が家業を継ぐという個人の領域だけではなく、会社としての「事業承継」にしっかりと取り組むことを決意しました。社員との対話や外部の方々との交流。これまで私なりに、その回数を重ねてきました。志を新たにした弊社では、インターンシップを含めた社会人のはじまりから、社会で成熟し、かつ、人生をいいものにできるところまでの制度設計を新たにしていきたいと思います。今年から数年をかけて、新しいヤマモを皆様にお示しするつもりです。私は現在日本の外に居るからこそ、この決意を発信したいと思います。これからも弊社ヤマモをよろしくお願いいたします。

初夏のNew York Cityより
2014年6月13日

ヤマモ味噌醤油醸造元
高茂合名会社
七代目 高橋泰


My company aims at a global company.

It has been 7 years since I came back to Akita. Today, I determined to take down Yamamo from my father not only the title as the 7th but also DNA of the company such as its ideal and belief. I discussed with my staff and people around the company about how the business should be over and over again. I want all my staff to live better lives. For make it real, we have started to build up new institutional design. We will show you new Yamamo from now on. Even though I am outside of Japan, I felt that my decision should be shared with our customers. So please be looking forward to seeing our revolution. 

Best regards, 

New York City of early summer
June 13, 2014

Yasushi Takahashi The 7th Generation of Mosuke Takahashi
TAKAMO & Corp.
Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company


我的公司作為全球的企業目標


返回秋田七年過去了。決心了好好地致力於作為公司的「事業繼承」的。與公司職員的對話和與外部的各位的交流。反復了那個回數。我在重新做志向的敝社,想人生為好東西重新做能的制度設計。打算從今年到數年,對大家表示新的Yamamo。我現在正因為在日本外邊,考慮這個決心正是發信重要。今後請多關照敝社Yamamo。

比初夏的紐約
2014年6月13日

高茂合名會社
Yamamo味噌醤油釀造商
第七代傳人 高橋泰












インターン生もとい海外事業部、鈴木 晴日よりメッセージ

インターンを始めて一ヶ月。先ごろ、海外事業部に私の名がある名刺をいただきました。常務をはじめ、社の皆様からは、まるで正社員のように接していただいています。事業承継を目標に掲げる常務と仕事関係者の方々を廻り、お話を聴かせていただきました。様々な経営者の方にお会いするうち、地方の中小企業が直面する最大の問題は後継者問題であると感じるようになりました。
会社が後世に残るよう、新しい人材に事業を継承していく為には、ある程度の環境が必要だと思います。環境というのは、地域外出身の学生が入社しても安心して一人暮らしをしていけるような手助けという事です。私が言いたいのは、金銭的なことではありません。見知らぬ土地で一人暮らしする者にとって、住居(家の間借り)や食料(食事の提供や農産物のおすそ分けなど)など、コミュニティの存在は些細な事でも大変助かることだと実感しました。
学生が就職先を決める際に会社の条件で選びすぎだという経営者の方がいらっしゃいますが、私はそのような学生は、本質的ではないと思います。企業にとって必要な人材は、会社の理念・理想を追求しようという、これからを承継する人間です。条件で会社を選ぶような人材が入社しても続かないでしょうし、そういうことが起こらないように事前に何度も話し合いを重ねる必要があるのではないでしょうか。
地元秋田の経営者の方が会社や現状のありのままの姿を伝え続ければ、動かされる人はいると思います。私でよろしければ何度でも言いたいと思います。みなさんは素晴らしい経営者です。だからこそ、その思いに共感する人は必ずいらっしゃいます。
私は先日まで就職活動をしていました。そして、学生が県内企業の経営者の方と接する機会は多くありません。大学の合同説明会で話を聞ける企業は少ないですし、自分で本気で探そうと思わなければ情報に辿り着く事すらできません。今はこうして県内でインターンをしている私ですが、就活をしていたころは関東への就職を考えていました。それは、県外に出る事が当たり前だと思っていたからです。県内には就職先が無い。そう考えている学生が少なからずいると思います。
私が就活生に伝えたい事は「本気で何がしたいのか考えろ、視野を狭めるな」という事です。たくさんの方に言われていると思いますが 、どうしてその会社がいいのかよく考えてください。そして県内の民間企業の事を知ってください。もしかして、理由もなく選択肢から排除していませんか?ものすごくもったいない事をしているかもしれません。「経営者のすぐそばで彼らの思いを感じる事ができ、自分のスキルアップができる」それがおもしろいと思うのなら、秋田の企業を視野に入れるべきではないか、と思います。  


Message from Internship_Haruhi Suzuki

It has been 1 month since I have started internship in Yamamo. My business card says “overseas division”. Co-workers treat me as a member of the company. I had quite a few chances to talk with business owners in Akita. Then I realized that the biggest issue they face is the successor problem.
I think company needs to provide environment for new comers on some level in order to maintain business. The environment, which students could live by themselves should be provided. What I meant to say is not about money but some sort of support such as renting room and sharing food. As I am new in Yuzawa, Akita, where Yamamo locates, the existence of a community I can rely on is very encouraging.
Some business owners say that students choose company by its terms. However, the kind of students is not constitutive.Company wants people who willing to pursue its philosophy and ideal. To meet ideal people company needs to have conversation over and over again. People would be moved if business owners in Akita keep carrying down their situation. I am the one who was moved and started internship. Please keep sending message.
I was doing job hunting until March. While I was doing it I did not have chance to see business person in Akita. Only few companies make presentation in the university and information that I could reach was very limited. I am working Yamamo as an internship now, but I was thinking going outside of Akita for work. This is because I thought it is natural. Akita does not have place to work. I believe that I was not the only one thought that way. 
Message to students who are job hunting from me is “Think what you really want to do, do not limit potential to meet perfect matching company.” Many people say to you but you really need to think why you attract to the company. And please understand situation in which companies in Akita are facing. 
If you eliminate small businesses from your choices, it is so wasteful. You can learn from managers next to you. If you think this is interesting, you definitely should check business in Akita.


感想_鈴木晴日

開始實習生一個月。領受了海外事業部有我的名的名片。承蒙簡直象正式職員一樣接觸。迴轉常務和工作有關人員的各位,請給聽話。感到地方的中小企業面臨的最大的問題是繼任者問題。 
我後世留有公司的那樣,為了到新的人材繼承事業,想需要某種程度的環境。是所謂環境,地域外出身(生)的學生進公司放心也能象做去單身生活一樣的幫助這個事。我想說的,不是金錢的的事。對在未見過的土地單身生活做的人來說,住所和食品等,團體的存在體會到了是細微的事也非常得救。 
由於公司的條件是選出過多為學生決定就業處的時候這樣的經營者在,不過,我那樣的學生,牽掛不根本。對企業來說需要的人材,是說打算追求公司的理念·理想,承襲今後的人。由於條件象選出公司一樣的人材也會進公司不跟隨,像不發生那樣的事一樣地不是會需要在事前好多次重疊協商嗎? 
我想如果本地秋田的經營者持續傳達公司和現狀實事求是的身姿,被動的人在。諸位是極好的經營者。正因為如此,對那個所想同感的人必定在。 
我到前幾天做著求職。大量地沒有學生與縣內企業的經營者接觸的機會。在大學的聯合說明會能聽話的企業少,如果自己當真想找不即使為信息好容易走到的事也不能。是現在這樣在縣內做實習生的我,不過做,求職的時候考慮向關東的就業。對於縣內沒有就業處。我想那樣考慮的學生很多地在。 
我想給(對)求職生傳達的事是「別縮短考慮當真想做什麼,視野」這個事。怎麼那個公司很好地請考慮好。請知道縣內的民營企業的事。理由也沒有從可供選擇的方案沒排除嗎?說不定做著非常非常可惜的事。如果我想「經營者馬上在旁邊能感到他們的所想,自己的能提高熟練程度的」那個有趣,應該把秋田的企業不放入視野想嗎。  









〈 追記 〉

「VERY 6月号」にてヤマモの商品が取り上げられております。クリーミーごま味噌ドレッシングのレシピに「雪解け」がご紹介されております。その他のレシピもおいしそうなものばかりです。ぜひ書店にてお買い求めいただきたいと思います。


〈 postscript 〉
Yukidoke is featured on Very July edition. Our product is used as an ingredient of creamy sesame-miso dressing. Other recipes looks delicious too. You should get one at book store. _mediainfo



〈 補記 〉

「VERY 六月号」雪融被介绍。被奶油芝麻酱调味汁的菜谱使用。只有其他的菜谱看起来也好吃东西。无论如何书店考虑请购买,謝謝。










HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com