願いの灯り 点灯式 2011を終えて

多くの方のご来場、ご協力をいただき、点灯式は予想以上の盛況振りで終わることができました。イヴェントの手応えや実感は、時間の経過とともに訪れ、いま正に噛みしめているところです。また駅通り商店街の皆様には献身的な協力をしていただき、感謝しております。僕たちだけでは、ここまでくることはできませんでした。本当にありがとうございました。以下に当日の様子を綴ります。 


Lighting ceremony 2011 of the light of the wish is finished.

Many of that coming and cooperation were gotten, and our lighting ceremony succeeded. Response and actually feeling the event are visited with the time passage. Moreover, we wish to express our gratitude for everybody in the station street shopping street doing devoted cooperation. It was not possible to come here only by us. Thank you really. It introduces the appearance on that day as follows.




自分は点灯式と同時に放送されていたFMのオリジナル番組を持ち回りとしていました。いよいよ式の準備のために外に出ると、様々な世代の嬉しい人だかりができていました。
I was taking charge of an original program of broadcast FM simultaneously with the lighting ceremony. Various generations' crowd glad were made when going out for the preparation for the expression.




FMスタジオのUSTREAM*のカメラからも式を待つ人たちの様子が伺えました。複数のカメラの存在は、同一の物事を視るいくつかの視点です。僕の目では追うことのできなかった式の様子が分かってきました。井川さん*、配信いつもありがとうございます。
It was able to know the appearance on the outside. It can know it from not only my eyes but also cameras of USTREAM* in FM studio. The appearance of the expression has been understood from various sides. Always thank you for the delivery Mr. Igawa*.



七夕の願いと街興しへの願い。その両方の願いの灯りが小町娘によってもたらされます。暗転した商店街に現れた小町娘の厳かな登場は、想像以上に幻想的な光景となりました。
Wish for the Star Festival. Wish for development of town. The light of the wish of both parties is brought by the Komachi daughter. Solemn appearance of the Komachi daughter who showed up in the darkening shopping street became more than the imagination with a fantastic spectacle.



リレー形式で世代の灯を繋いだ後は、小さなお子様が花火を楽しみに来てくれました。自分も七夕まつりの思い出として、家族の花火の風景が蘇ってきます。そういった体験が世代を超えて紡いでいくことも、このイヴェントの目的です。そして3.11以降、こういったことが最大の財産なのだと思っています。
A small child came to enjoy fireworks after generation's light had tied by the relay form. I revive the scenery of family's fireworks as memories of the Star Festival, too. It is a purpose of this event that such an experience spins it exceeding the generation. And, it is thought that this is the maximum property since 3.11.



式の後には商店街と行政の方からあたたかいお言葉をいただきました。たくさんの団体を巻き込み、ここまでこれるとは、正直僕たち三人は思ってもいませんでした。あらためて、快く協力していただいたことに感謝致します。ありがとうございました。
I got a warm word from the shopping street and the administration after the expression. We did not think that it cooperated in a lot of groups, and we became big events. Again, I wish to express my gratitude for having pleasantly cooperated. Thank you.




パーソナリティの高橋あきよさん*とは魁新聞社や湯沢市報の記者の方とのメディアミックス対談をしていただきました。これからのメディアの在り方は、秋田にいても中央に劣らない早さや効果を生み出すことができることだと思います。
The media mix talk with the journalist of the Sakigake newspaper and the Yuzawa City report was done for Akiyo Takahashi* of the personality. I think what should be of media in the future is to be able to invent earliness and an effect not inferior to the center by me even if it is in Akita.



ペア宿泊チケットの抽選会も盛り上がりを見せました。仕掛けが機能していくことに、楽しみや遣り甲斐を感じています。そしてそれを効果的に機能させてくれた司会の佐藤みなみさん*に本当に感謝しています。これからもよろしくお願いします。
The lot association of the pair staying ticket also showed the upsurge. I feel the enjoyment and the giving effect in the function of beginning. And, we wish to express our gratitude really for Minami Sato* of the chairperson who effectively makes it function. My best regards in the future.




SABARの店内も横手の友人たちの力で何とか運営することができました。湯沢の仲間も横手の仲間も、みんなでできたことが本当に嬉しい。とても幸せな時間でした。ありがとう!
The inside of a store of SABAR was able to be managed by power of friends in Yokote. It is really glad that the companion in Yuzawa and the companion in Yokote were able to do all. It was very happy time. Thank you.



若い人たちでまわしていくこと。若い世代の感性でつくりあげていくこと。歴史ある祭りのなかであるからこそ、それは光り輝くのだと思います。世代間で譲り、譲られ、僕たちは成長していくのです。
They are young people and loincloths. Make it up of the sensibility of the young generation. I think that it shines in the festival with the history. It transfers among generations, it is transferred, and we grow up.
 


バタバタと忙しなく動いている実行委員の僕たちをサポートしてくれたのはこの方たちです。何度も打ち合わせを重ね、ここまで来れました。最後まで付き合ってくれてありがとう。
It is these people that supported us of the execution committee who was moving restlessly. Meeting was able to be piled up, and to come here many times. Thank you for associating to the last minute.




WEBを介して僕たちの活動の拡声器のような役割をしてくれるのが麻生孝一郎*です。彼はプログラマーではありますが、そこにとどまらず、新しい概念を常に取り込んでいます。いちはやく情報を手に入れ、既存の概念から脱し、新たな取り組みをはじめる。そのフットワークの軽さが、彼の最大の魅力なのです。
It is Koichiro Aso* to do the role like the loudspeaker of our activity through WEB. He is a programmer, and not only there but also a new concept is always taken. It gets a piece of information promptly, it escapes from an existing concept, and a new approach is started. The lightness of the footwork is his maximum charm.



イヴェント翌日の夜、ひとりで商店街を歩いてみました。僕たちの活動は一体どのように見られているのだろうか、と。今では7店舗の協力を得て、かつてシャッターがあったところには絵どうろうが明々と灯り、街を照らしていました。
I walked alone in the shopping street on the night of the event morrow. How our activity is on earth seen. The cooperation of seven stores was received, and the picture lantern compared the light and the town with the place with the shutter before brightly now.



湯沢三大祭り、七夕絵どうろう祭りの行われる駅通りに空き店舗が増え、かつての灯りが灯らなくなったのはいつからなのでしょう。それを誰よりも危惧していたのが商店街に住む、飯塚康*という男だと思います。この活動やイヴェントがひとまずの成功を収めることができたのは、彼の熱意以外の何者でもありません。通りに並ぶ絵どうろうがこんなにも素晴らしく、僕たちの住む街の進むべき道を照らしてくれるとは、想像ができませんでした。この活動を期に、他の空き店舗や、商店街に願いの灯りが飛び火していくことを期待しています。
そしていま、僕たちはこの活動の終着駅を考えています。それは、絵どうろうを今まで以上に大切にすることによって利益が生まれ、街に活気が戻ってくる仕組みをつくることです。この点灯式は、はじまりであり、街興しへの狼煙でもあります。 これからも僕たちでできることを、自分たちの歩みでしっかりとつくりあげていきたいと思います。たくさんの方のご来場、ご協力、本当にありがとうございました。そしてこれから行われる七夕絵どうろう祭りを、街のみなさんで楽しみましょう。
Did the vacant store increase according to the station where a Yuzawa three major festival and the Tanabata picture lantern festival were held, and when will the light have been lost?Yasushi Iizuka* who belonged to the shopping street always worried about it. It is not who that this activity and the event succeeded other than his zeal. It was not able to be imagined that the picture lantern that lined up on the street was such wonderful, and a road in the town where we lived that had to be advanced was shone on. This activity is expected and it is expected to influence other empty stores and shopping streets at the period.
And, we think about the terminal station of this activity now. It is for the profit to arise by valuing the picture lantern more than before, and to make the mechanism that vigor returns to the town. This lighting ceremony is a start to the development of the town. I want to make up doing in the future by we of those walking firmly. Thank you really for coming and your cooperation a lot. And, let's enjoy the Tanabata picture lantern festival by everybody in the town in the future.



絵どうろうの街*実行委員 / 企画、デザイン_高橋泰*

Town of Garden Lantern* execution committee / Planning and design_Yasushi Takahashi*








〈 追記 〉

ノンアルコール・バー SABAR*を七夕絵どうろう祭りでもOPENします。空き店舗の活用例として広く知っていただくために、営業することにしました。点灯式のときとは異なり、ボックス席を2つ、外席もご用意しております。駅間近のメインストリートで、ゆったりとした時を過ごしていただきたいと思います。


〈 postscript 〉

Non-alcohol bar SABAR* is done and OPEN is done in the festival. To know widely as an example of using the vacant store, it decided to do business. It differs from the time of the lighting ceremony, and 2 and the outside seat also prepare the booth. I would like you to spend the time done in the Main Street at a close station in a relaxed manner.












HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com