春、気になる皮肉。

筍が収穫された。
例年、春の味覚として気になってしまう。
焼き筍*や筍御飯*と、ここでも留まることなく、つらつらと。

その理由は、竹かんむりに旬と書いて「筍」と書くよう、
“竹の子”としていられる食用期間が短いせいもあるだろう。

長い冬を待ち、ようやく収穫した春の食材は、
ふきのとうや山菜同様、旬は短く、下処理まである。
肝心な味には、独特な癖までついてくる。

なんて皮肉な食材!
だから気になってしまうのかな、春。





Bamboo shoot

It is worrisome with irony in spring. 

The bamboo shoot was harvested.
I will always be worried as the taste in spring.
I am using the report also here.
A baked bamboo shoot* and rice cooked with bamboo shoots*.

The character of Japan of a bamboo shoot is written combining a "bamboo" and a "season."
A "bamboo shoot" means "the child of a bamboo."
That will be because the edible period is short.

The spring foods which we waited for a long winter and gathered a harvest have Japanese butterbur and wild grass.
These have a short period eaten and we have to do cooking special to that for eating.
And there is the peculiar taste in these.

They are very ironical foods!
Therefore, will I be worried in spring?


雪の下にんじん


自然の恵みと人の知恵。


多くの商品が開発される昨今、
日本の誠実なモノづくりは健在だ。

風土や歴史に、現代の知恵や科学。
それらを取り入れたものは、なんと魅力的なのであろう。

小振りで甘みの深い、雪の下にんじん。
零下でも生育に耐えられる人参の特性を活かし、
作付けの時期を変え、雪の下で旨味を培わせる。

このちいさな人参は、もはや、
雪国の答えのひとつなのだ。






Yukinoshita carrot

A natural blessing and people's wisdom.

Many goods are developed.
Sincere craftsmanship of Japan continues.

To a climate or history, it is present-day wisdom and science.
What took them in is very attractive!

It is a Yukinoshita carrot with deep sweet taste at small size.
A carrot is grown even if temperature is low.
Therefore, fixed time is changed and the taste of a carrot is made to cultivate under snow.

This small carrot is already one of the answers of a snowy country.


山独活(ヤマウド)


春の声。

五月に入ると食卓に独活が並び始める。
そうすると、家庭の外でも山菜の話を耳にするようになる。

「そろそろ山に入る時期だよね。」とか、
「今年のは見事なんだって。」とか、
「こうやって食べるとおいしいんだよね。」とか。

秋の収穫と同様に、皆、嬉々として話をしている。
沈黙の冬を経るからか、春のそれは、より高らかに聴こえる。





Mountain udo

Voice of spring.

The udo queues up on the table of spring.
It hears of the story of mountain herbs from various points at that time.

"It is time that enters the mountain soon. "
"It is large this year. "
"It is delicious when doing so and eating. "

Everyone talks joyfully as well as the autumn harvest.
Because we passed winter, I hear everyone's voice more happily.

牛蒡の素揚げ


冬の歯ごたえ。

秋田に帰ってきてからは、
古くからの伝統食やシンプルな食べ物が好きになった。

冬は、食べることが他の季節よりも楽しく感じる。
スキーの昼食で食べたカレーも、かまくらで食べた汁物も。
つめたい雪とあったかい食べ物の、温度の記憶が蘇る。

冬の根菜の歯ごたえを感じながら、
懐かしい冬の味覚を思い出していた。



材料
牛蒡・・・・・・・・・・・・・・1本
片栗粉・・・・・・・・・・・・・適量
あま塩しょうゆ・・・・・・・・・適量
酒・・・・・・・・・・・・・・・適量
白ごま・・・・・・・・・・・・・適量

作り方
ゝ辷陲鬚燭錣靴芭匹洗い、5个らいの薄切りにする。
⊃歐紊砲気蕕轡▲抜きをする。
よく水気をきって片栗粉をまぶし、160度の油で少し色付くまで揚げる。
い靴腓Δ罅⊆鬚鯏量まぶし、白ゴマをふりかけて出来上がり。
(同じく冬の根菜、蓮根でもおいしくできます。)



Source deep-frying of burdock

Tasting as it is.

I came to like tradition food from old and simple food after it had come back to Akita.

It is felt that eating are happier than other seasons in winter.
Curry ate after skiing. Soup eats with kamakura. These are my memories.

I recalled the food in childhood while feeling the texture of the root vegetable of winter.

林檎


おいしいカタチ。

秋田の冬には炬燵と林檎が欠かせない。
はたはたを箱買い*するころ、林檎も同様、箱で買う。

ところで、果実は種を遠くに運ぶため、
誰かに食べられる姿をしていると聞いた。
なるほど。
魅惑的な赤もさることながら、グラマラスなフォルムだ。

アダムが口にしてしまうのも、
数々のオブジェやモチーフに用いられるのも、
よくよくわかった気がした。





Apple

Delicious shape.

The kotatsu and the apple are indispensable for the winter of Akita.
When a large amount of fish are bought, a large amount of apples are similarly bought.

By the way, it was heard that the appearance eaten by someone was done so that fruits might carry the seed far away.
Indeed, it is a red, enchant, glamorous form.

I thought that it was very understood that Adam had eaten and the apple was used for a lot of objet and motifs.

新米


白米至上主義。

皆瀬川の麓、岩崎で採れた新米“あきたこまち”が到着した。

主食の米を存分に味わうことのできる、秋一番の贅沢だ。

この時期は、白米が食卓の主役になる。





New rice

The principle of polished rice supremacy.

Produced new rice "Akitakomachi" arrived with foot of Minasegawa, Iwasaki.

It is luxury first in autumn that can fully taste the rice of the staple food.

In this time, polished rice becomes the leading role of the meal.

「ひとつぶ堂」のパン


アンティークな味わい。

宮城県岩出山のパン屋さん「ひとつぶ堂」さんがいらっしゃいました。
ひょんなことで「ひとつぶ堂」さんを知り、突然私が出向いて以来でした。

農機具店を営むお父様と共存するように、
娘さんのAyacoさんがお1人でパンをつくっています。
店内には、使い込んだ農機具への愛情を思わせるような、
年代物の品々が並んでいたのを覚えています。

いただいたパンを机に並べると、
ひとつひとつを大切にする「ひとつぶ堂」さんのモノづくりのように
じんわりと味わい深い、アンティークのように思えるのでした。



ひとつぶ堂
〒989-6436
宮城県大崎市岩出山字ニノ構169-1
TEL&FAX/0229-72-2662
open/10:30〜18:00
close/火・金






Bread of "Hitotubu-dou"

Antique tasting.

"Hitotubu-dou" of bakery in Miyagi Prefecture Iwadeyama came.
After it was of my proceeding suddenly of knowing accidental "Hitotubu-dou".

Bread is made from the house family with father who manages the farm machines and implements shop.
I remember a lot of articles of antiquity the arrangement in the inside of a store.

When the gotten bread was displayed to the desk, it was seen to be antique.
It is because of the method of the work of men who value each one.



Hitotubu-dou
〒989-6436
169-1,Ninokamae,Iwadeyama-aza,Osaki City,Miyagi
TEL&FAX/0229-72-2662
open/10:30-18:00
close/Tuesday and Friday



袋の中いっぱいに、まんまるのパンをいただきました!
I middle fully got bread of the bag!



| 1/6PAGES | >>

HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com