ドイツ渡航を終えて_2015.10.15_vol.2

渡航目的のANUGAの見本市では、ビジネスと同程度の声の大きさの、フランス・ドイツ比較論を聞かされた。地続きの人々の流通や展開についての戦略は、私たちの想像を遥かに超え、欧州での処世術の様相も含んでいる。また今回の出展で珍しく多かったことは、メインの取引の話だけではなく、ブランド展開や私たち自身の考え=フィロソフィ(哲学)に対する質問が多かったことだ。それは情報や流通が瞬時に共有される地続きのヨーロッパ大陸の展開を、今後どのように考えているかの確認であるとも感じた。


Finish Germany voyage_15 Oct. 2015_vol.2

In the trade fair of ANUGA, a France-Germany comparison between business and volume of voice theory at the same level was told. I surpass far our imagination, and the strategy about the circulation and the development of adjoining people includes the aspect of how to get along in life in Europe. In addition, the thing that there was unusually much by this exhibition is that there were many not only the story of the main business but also brand development and questions for thought = philosophy (philosophy) of our own. Even if it was the confirmation matter which how would think about development of the adjoining European Continent where information and the circulation were shared instantly in future, I felt it.


稼⇔考祁訛_2015.10.15_vol.2

在旅行的目的,不僅是工作的故事交易會ANUGA,聽取了法比較理論。分佈和同洲的產品擴張策略都遠遠超出我們的想像。這也是與人在歐洲相處的藝術。此外,這是罕見的許多在本次展會是品牌發展和問題的理念是我們自己有很多的想法。它是歐洲大陸的信息和分配會在瞬間被共享的部署,我們被認為是確認未來如何的想法。


























今回の出展では、シェフや現地の老舗ブランドからのお声掛けをいただくことができた。ドイツは日本と精神性が似ている。そのため国全体というよりも日本人そのものに対して非常に友好な関係を築こうとしているように思える。現在の貿易には、テロや移民問題など様々な国際情勢が影響を与える。それは国際ビジネスを行う上で体感する、世界の事実の一片である。だからこそ、この結びつきをこれからどのように強めることができるのかを考えなければならない。この食による文化の繋がりが、長期的な視野での世界平和に続く道である。現在の貿易は、そのような使命を持っているように感じた。


In this exhibition, we were able to talk to chefs and local long-established brand. Germany is particular trying to build a very friendly relationship with Japan and we share the similar spirituality. The current trade involves a variety of international affairs, such as terrorism and immigration problems. This is another fact of the other side of international business in the world. That's why, it must be considered whether it is possible to make storong commitment in the future. Connection of culture by this eclipse is a world peace followed the road of a long-term view, in fact this is thought that it is the shortest route that we have crossed my mind.


在本次展會上,我們能夠從廚師和當地歷史悠久的品牌得到聲音的功勞。對於國和日本是心理上類似,我認為試圖建立了非常友好的關係對日本。當前的貿易危在旦夕各種各樣的國際形勢下,如恐怖主義和移民問題。有人認為在開展國際業務的是一片天下。這就是為什麼,必須考慮是否有可能加強這種聯繋的未來如何。通過這次日食文化的連接是世界和平遵循長遠的眼光之路,其實這是認為它是一個可我們已經越過我的頭的最短路線。


























2014年、欧州初めての見本市出展はフランス、パリのSIALだった。華やかな舞台に立つことが嬉しかった。伝統を重んじる空気は、古くからの産業である私たちの感覚に通じるものがあった。フランス・ドイツを経験し、欧州見本市は単純なビジネスだけではなく、当事者がこれまでの営みや成し遂げてきた成果、文化そのものを評価する。今を生きる人々の遣り取りが行われている場所である。つまり、創業者の想いやブランド哲学が過去から現在、未来に生きる場所である。


In 2014, for the first time of the trade fair in Europe was SIAL in Paris, France. Standing glamorous stage, I found something in common under the atmousphere that values tradition and share the respect for company's long history. Experiencing France and Germany, the European trade fair is not only for business, we have to evaluate the past life and accomplished it has achievements and culture itself. Living today is where the exchange of people is being carried out. In other words, feelings and brand philosophy of the founder, is the path from the past, present, and to the future.


2014年在歐洲貿易博覽會在法國的第一次,是SIAL巴黎。我們很高興能在迷人的舞台站立。此外氣氛,重視傳統,類似於我們的感覺是這個行業很長一段時間。我們經歷了法,是了解歐洲的貿易展覽會。這是他們不僅是業務,將是評價過去的生活和成就已經成就和文化本身。活今天是,其中的人的價值的交換正在開展的地方。換句話說,感情和創始人的品牌理念是現在從過去的,是生活在未來的地方。


























ヤマモが血を引き継ぎ、「もの=産業」をつくり、異国を訪ね、現地の人々に紹介する。それは“日本のローカルから世界で新たな文化を生み出したい”という想いに基づく。今回の旅は、泥臭くも、自身の辿り着いたその方法論に確信を得たときでもあった。帰りの空港に向かい、森を掻き分けて進む定刻の列車に揺られ、この先の歩みを問う。私はこれまでの経験を思い、その答えはこの文化圏にこそあるのだと思った。
_10月7日から15日まで


Yamamo takes over the business over the 150 years. We have been creating a "thing = Industry", visited a foreign country, and introducing to the local people. It is based on the thought that "I want to create a new culture in the world from the local side of Japan". This time of trip, I was able to gain confidence in the methodology that I have found. The way to the airport, asking my self "the next path". Thinking about past experience, I thought the answer is in this cultural sphere.
_ From October 7th to 15th


Yamamo接管血液,開創了“產品=產業”,訪問外國,介紹給當地人民。它是基於“我想從當地的日本世界創造一個新的文化”思想。此行是,泥土也得到了信心,其方法到達自己的時候甚至出現了。對面的機場,回程震撼上通過森林小火車犁的時候,問這個早期的歷史。我覺得過去的經驗,我認為答案是,它在這個文化圈一些什麼。
_10月7日至15日


ドイツ渡航を終えて_2015.10.15_vol.1

2015年の欧州出展はドイツ、ケルンで行われるANUGAであった。その最大の見本市はドイツとフランスをリレーするかたちで行われる。すなわち、隔年でANUGA KOLN MESSE(アヌーガ ケルン メッセ)とSIAL PARIS(シアル パリス)が開催され、双方連続で出展することが食品の国際展開の花形とされている。国をまたぐ華やかな国際舞台の連続性の中で、地方の小さな蔵元が双方を経験できる喜びを感じ、ケルンとパリの空気を得たことは私たちヤマモの大きな自信となった。会社や事業の規模は関係なく、文化や意志を世界に伝えることはできるのだ。


Finish Germany voyage_15 Oct. 2015_vol.1

ANUGA which was held in Cologne,Germany was the European Exbition that we participated in 2015. The largest trade fair is carried out by turns in Germany and France. In other words, ANUGA KOLN MESS and SIAL PARIS are held every other year and continuously participating both exhibitions are considered as a ideal path for globalizing food industry. In the glamorous global stage, I feel pleasure that we as a small brewery in the region can experience and touch the atmosphere of both exhibitions. That experience gave Yamamo the confidence. Regardless of size of the company or business, we can relay the culture and will to the world.


稼⇔考祁訛_2015.10.15_vol.1

欧洲参展商在2015年是ANUGA这是在国进行,在科隆。交易会最大的是中继国和法国的形式进行。换句话说,它是在举行ANUGA KOLN MESSE及SIAL PARIS双年展,在两个连续展出有食品的国际化扩张的渴望。在全国各地的连续性迷人的国际舞台上,该地区的小型啤酒厂已经感觉到,你可以体验到既喜悦。我们知道,科隆和巴黎参展的感觉。这是Yamamo的一大信心。公司或企业的规模,不管了,它可以做传达的文化和意愿,走向世界。

















デュッセルドルフ空港では、案内のサインに独特の空気を感じた。ゴシックな文字とトーンが抑えられながらもカラフルな展開は、これまでにない体験であった。また、フォーマルな身なりの人が目立った。スーツの着こなしや髪型ひとつにしても、装いが丁寧でクラシカルな佇まいだ。大振りなセーター1枚でキャリーケースを引く自分が浮いているように感じる。


In the Dusseldorf airport, I felt a unique atmousphere for the guide board. Gothic characters and also toned down but colorful deployment were unprecedented experience. In addition, people are formaly dressed. Even wearing a suit or the way of setting hairstyle, seems like the polite and classical appearance. At the time, I was wearing an oversized sweater and carrying suit case that set myself off from this environment.


在杜塞尔多夫机场,我觉得一个独特的空气签署指导。哥特式的人物,也多彩的部署,同时音被抑制,是前所未有的体验。此外,正规的突出人穿着。即使在着装,一个西装发型,装束是礼貌的和经典的外观。画一个手提箱用一个回旋的毛衣我觉得他是浮动的。

















当たり前のようにあるベンツのタクシーに乗ると、ドライバーには英語がそれほど通じない。いくらか身振り手振りが必要になる。それは昨年のフランスで感じたものにも近いのだが、国が異なるせいか、体感は別のものであった。かつて渡航経験のある欧州でも、国柄があるのだと実感する。


Riding the Benz taxi in which seems too basic to mention in this country, it is hard to communicate with driver in English. Some required gestures. I actually had similar experience in Paris last year, but not exactlly the same, I felt. Probably it is because the countries are different. Even though I do have travel experience in European countries, however again I realized that each countries have different backgrounds.



当乘坐奔驰出租车当然啦,英语不是通过在驱动程序中这么多。有些人会要求手势。这是接近我在法国的最后一年感觉,但国家是不同的,因为经验是那些另一个。甚至有一次欧洲的旅行经验,认识到他是一个民族性格。

















街に出て散策をしてみる。かつての日本の煙草屋のようなローカルの小売店が目立つ。コンビニの類いは見ることがない。鉄道、地下鉄、路面電車が発達し、諸外国に比べ到着時刻も守られている。親切な乗客が旅人に席を譲り、自転車ごと乗り込む客も目にした。


Try to explore a city. There are many local retail stores just like Japanese style of cigar store. There were no convenience store around. Well developed transportation system with on time schedule, such as Railway, Subway, and Tram. Kind passenger yield its seat to travelers, other passenger was riding railway with the bike.


我是一个走出进了城。前当地零售商,如日本的烟草店是明显的。便利店的种类医师都无法看到。铁路,地铁,有轨电车和发展,这是相对于其他国家也保护抵达时间。一种乘客已经割让座位的旅客。客户登上随着自行车过火车。














一方、食事の場面。平日の夜でもパブは盛況で、夜間に下がりきった一桁の気温の下でも、ビール片手に騒ぐ姿が見られる。クラフトビールが注がれた小さなグラスの下にブリュワリーのロゴが入る大きなコースター。その隣にはポテトとマスタード。ザワークラウトの添えられたソーセージの大皿には、渡航前に想像していたドイツ食の姿があった。


On the other hand, the scene of the meal. The pub enjoys even night on weekdays to beer one hand under one column of temperature that reached the bottom with the prosperity in the night. The small glass with craft beer inside, there is the big coaster under it which has a logo of brewery. There are a potato and mustard beside. Also the plate with sausage and sauerkraut just exactly what I imagined before a voyage.


另一方面餐场景。酒吧甚至平日晚上是成功的。即使在个位数的气温在昨夜落下,人的身影骚乱啤酒就可以看出。大杯垫工艺啤酒啤酒的标志进入已被浇了小杯的底部。它是在它旁边有土豆和芥末菜。我看到与酸菜香肠送达一盘。有,我曾前往那里之前想象的景观国餐。


Germany Voyage_vol.2へ続く
Continues to Germany Voyage_vol.2
繼續Germany Voyage_vol.2


ドイツ渡航について_2015.10.07

ドイツのケルン国際食品技術専門見本市Anuga FoodTec 2015(アヌーガ・フードテック)に出展のためドイツへと渡航します。春先に国内出展企業の選考を通過し、この度の出展に至りました。昨年のフランスのSIAL PARIS 2014の出展に引き続き、食品会社としては花形の出展ルートと考えております。地方の小さな蔵元でも世界に挑戦することができ、その価値観や意志を共にする仲間を見つけてきたいと思います。


About Germany voyage_2015.10.07

For exhibitors in Cologne, Germany international food technology trade fair Anuga FoodTec 2015 and then travel to Germany. It passes through the selection of domestic exhibitors in early spring, and came to exhibitors of this time. Following the exhibition of the last year of the French SIAL PARIS 2014, as a food company I have been thinking and exhibitors root of the star. It can be a challenge to the world even a small brewery local, I would like to have to find a companion to understand the values and the will.


對於國旅遊_2015.10.07

然後前往國科隆,國國際食品技術貿易博覽會ANUGA食品技術2015年參展商。它經過國內參展商在早春的選擇,來到參展的這個時候。繼法國SIAL巴黎2014年的最後一年的展覽,作為一家食品公司我一直在想與明星的參展根。它可以是一個挑戰,對世界,甚至一個小型啤酒廠地方,我想必須找一個同伴了解的價值觀和意願。





ポートランドについて_2015.06.14

一年前、渡航したブルックリンで土地や生活に根差したライフスタイルを体感し、その後、東西今昔入り交じるイスタンブール、美と歴史を追求するパリの経験を得た。この経験を受け、私は長い間アメリカ西海岸の文化の起点・ポートランドカルチャーの経験欲に駆られていた。幸運にも参加が認められた今年6月のシアトル渡航のプログラム中、私は一泊二日のポートランド行きを決め、Amtrak列車を手配し、短い旅の経路設計をはじめた。


About Portland_2015.06.14

A year ago, I had to experience the life style rooted to travel the land and living in Brooklyn. Then, I experienced the Istanbul mingle the east and west and the past and present, have experienced Paris to pursue the beauty and history. In response to this experience, I have been driven by the origin Portland Culture experience greed for a long time the American West Coast culture. During Fortunately participation is recognized Seattle travel of June this year program, I decided to Portland to go in one night two days to arrange the Amtrak train, began the path design of the short journey.


關於波特蘭_2015.06.14

一年前,我曾經歷植根前往布魯克林的土地和生活的生活方式。然後,我經歷了伊斯坦布爾交融的東,西,過去和現在,都經歷過巴黎追求的美麗和歷史。為了應對這樣的經歷,我一直在推動的起源波特蘭文化體驗貪婪很長一段時間的美國西海岸文化。在今年六月計劃的幸運參與被認為是西雅圖的旅行,我決定波特蘭去了一晚兩天安排美鐵火車,開始了短途旅行的路徑設計。























シアトルのKING STREET STATIONからは列車で約4時間。秋田ー東京間の時間と変わらない列車は、どこか慣れ親しんだ感覚があり、車窓から眺める景色は飽きることがなかった。道程では湖畔に停泊するヨットやキャンピングカーが横付けする住宅など、日本と異なる旅のスケールが自分を虜にし、異なる場に身を置くことの幸せを感じた。列車から眺める夕日は次第に赤さを増し、UNION STATION到着の頃には、通りの人影もまばらとなっていた。


About 4 hours by train from Seattle KING STREET STATION. Time and unchanged train between Akita over Tokyo, there is somewhere a familiar feeling, scenery to look at from the window of the train had never get bored. Such as housing yachts and campers anchored on a lake is alongside, I felt the scale of Japan and different journey. And I felt the happiness of putting myself in a different place. Sunset to look at from the train gradually increase the redness, the time of the UNION STATION arrival, people of the street was small.


大約4個小時從西雅圖KING街車站的列車。時間和超過東京秋田之間不變的火車,還有的地方熟悉的感覺,景色看從火車的窗子永遠不會覺得無聊。如住房遊艇,露營停泊在湖旁邊,我覺得日本和不同的旅程的規模。我覺得把自己在不同的地方的幸福。夕陽看著從火車逐漸甓窒す函の合站到達時間,街上人很少。





























到着したポートランドは意図せずハレの日。Portland Pride Festival and Paradeが行われていた。路上をジャックしたライヴイヴェントやLGBTによるPride Paradeも盛大に街を彩る。ACE HOTELもPOWELL'S BOOKSもポートランドを代表するカルチャー発信地としてそこにあった。ポップでウィットに富んだアメニティ、街や店舗のデザインされたサインの分かりやすさ。それらはサブカルチャーと混在し、共生する新しいかたちに見え、その発揮する効果に驚かされた。


And arrived Portland had a terrible day of the festival. Portland Pride Festival and Parade has been carried out. Pride Parade due to the live Event and LGBT have Jack on the street also grand to decorate the city. ACE HOTEL and POWELL'S BOOKS was there as a cultural epicenter representative of Portland. Amenities witty pop, Ease of understanding of the sign, which is the design of the town and shops. They are mixed with subculture, it appeared in a new form to be symbiotic, I was surprised to the effect that the exhibit.


抵達波特蘭有一個節日的可怕的一天。波特蘭驕傲節遊行一直進行。驕傲遊行,由於現場活動和LGBT有傑克在街上也盛大裝飾城。 ACE酒店和鮑威爾書店在那裡波特蘭的文化震中代表。設施詼諧的流行,輕鬆的標誌,這是該鎮和商店的設計的理解。它們與亞文化混合,它出現在一個新的形式是共生的,我很驚訝,大意是展覽。





























実質、ポートランドの街で行動できるのは数時間。見たいものを挙げればキリがないのだが、大型家具とセレクトショップ、食事体験とマイクロブリュワリーを中心に見て廻ることにした。“ネイティヴ”、“トライバル”に象徴されるキーワードから、ものづくりのクラフトマンシップや売り場のセレクトには土地の人間のルーツと生活そのものを見ることができる。一方、フードカルチャーでは超主観的とも言える趣味文化と食の融合がユニークな食体験を生み出していた。


It's a few hours can be action in the city of Portland, but there are many things that I want to see. I decided to go around and look at the center large furniture and select shop, the dining experience and a micro-brewery. From keywords that are symbolized by the "native" or "tribal", the craftsmanship and the department of the select of manufacturing, it is possible to see the life itself and human roots of the land. On the other hand, in the food culture fusion of hobby culture and food that can be called super-subjective it had created a unique eating experience.


這是幾個小時,可在波特蘭市的作用,但也有我想看的東西。我決定去走一走,看中心的大型家具和選擇店,餐飲經驗和微型啤酒廠。從由“本土”或“部落”,在工藝和製造的選擇系象徵的關鍵詞,就可以看到了生活本身和土地的人的根。而另一方面,在愛好文化和飲食的飲食文化的融合,可以稱為超級主觀的,它已創造了一個獨特的飲食體驗。



































BEAM&ANCHORで勧められたMISSISSIPPI AVE.では90年代の渋谷原宿を思わせるような若者とストリートカルチャーが力強く、自由を形成する空気を味わうことができた。それは、ルールや秩序が守られ、落ち着いたシアトルのものと異なり、溢れるほどの若いエネルギーが文化や経済活動を通じ、西海岸の今現在を推し進めているような気がした。


Strong youth and street culture, such as reminiscent of Harajuku, Shibuya of the 90s in the Mississippi Avenue that has been recommended in BEAM&ANCHOR, had made a free atmosphere. It is the rule and order are protected, different from those calm of Seattle. Through a lot of young energy cultural and economic activities, and I feel like is working now for the current reform of the west coast.


強大的青年和街頭文化,如讓人聯想到原宿,90年代在密西西比大道已在BEAM&ANCHOR內被推薦的澀谷,做了一個免費的氛圍。這是規則和秩序的保護,從那些平靜西雅圖不同。通過大量的年輕活力的文化和經濟活動,我覺得自己像現在工作為西海岸的目前的改革。























ミュージック、ファッション、アート、スポーツ、アウトドア、フード…。ポートランドの街を形成する多くのカルチャー。それらは誰がどこから入ってきても、この街にあるものは優しく、簡素でいて丁寧。それは旅行者にとってみてもだ。遊ぶように働き、働くように遊ぶ。老若男女が文化を遊び倒す街。人々が地域に誇りを持ち、だからこそ、その姿が魅力に溢れ、世界から目を向けられる。文化が旅をし、それを求めて旅人が来る。生活と文化と旅とが入り交じる世界に、私自身も当事者として居続けたいと思った。
_6月14日から15日まで


Music, fashion, art, sports, the outdoors, food .... Many of culture that form the city of Portland. Also came in who they are from somewhere, some are friendly in this town, polite as had simpler. It's also try to take in travelers. Acting as to play, play to work. City where young and old can defeat play culture. Pride is the regional people, that's why, the figure is full of charm, I directed an eye on the world. Culture is a journey, travelers will come in search of it. I wanted to continue to stay in a location that journey and life and culture mingle.
_ June 14 to 15


音樂,時尚,藝術,運動,到戶外玩,食品....許多文化的形成波特蘭市。也進來了,他們是從什麼地方誰,有些是友好的在這個城市,客氣了簡單。它也試圖採取的旅客。作為玩,玩的工作。城市,年輕人和老年人可以打敗遊戲文化。驕傲是區域的人,這就是為什麼,這個數字是充滿魅力,我執導注視世界。文化是一個旅程,遊客會來尋找它。我想繼續留在一個位置,旅程,生活和文化交融。
_年6月7-14到15個


シアトル渡航を終えて_2015.6.19_vol.2

地域(local)でありながら、持続可能(sustainable)な産業を続けること。それを市民の消費行動にしたものが、成熟したファーマーズマーケットであった。つくり手は必要とされる人に対して持続可能な商品を生産し、買い手は必要なものを直接購入することでつくり手を支える。単純な仕組みのように思えるが、役割が特化した現代では、この引き合わせがうまくいかない。驚くべきはその規模で、年々マーケットは拡大し、出店者も購入者も通りから常に溢れている。小さな出店スペースは、企業のCSR活動やストーリーを紹介し、ショーウィンドウ効果さえ果たしていた。青空のもと、「必要なもの」を散策し、幸せに次世代の社会に関わる喜びを感じ取ることができるものであった。


Finish Seattle voyage_2015.6.19_vol.2

It is important to continue a sustainable industry in the region. That it was in the consumption behavior of citizens, was a mature Farmers Market. Growers produce sustainable products to a person that is required, consumers support the growers to buy what you need directly. It seems like a simple mechanism, in the modern role is specialized, it is difficult to this argument alignment. Surprising in its scale, every year the market will expand, I have always overflowed from the even street merchants also purchaser. A small opening space introduces the CSR activities and stories of companies, even had played shop window effect. Under the blue sky, we can feel the joy involved in Looking "thing necessary" and happy the next generation of society.


西雅圖旅遊結束_2015.6.19_vol.2

它继续可持续(sustainable)工业区内(local)是很重要的。这是公民的消费行为,是一个成熟的农贸市场。种植者生产可持续的产品所需要的人,消费者支持种植者买什么需要直接。这似乎是一个简单的机制,在现代角色是专门的,也很难这样的说法一致。令人惊讶的规模,每年的市场将扩大,我一直在街上,甚至还有商家购买溢出。一个小开口空间引入了企业社会责任活动和公司的故事,甚至起到了商店的橱窗效应。蓝天下,我们可以感受到参与展望“必要的事情”快乐下一代社会的喜悦。





























プログラム中では、シアトルのメディア「ジャングルシティ」と共同でイヴェントも行われた。参加者自身が現在の日本での活動を説明し話を進めていくトークセッションや、商品やサーヴィスの紹介も行われた。イヴェントは日本人コミュニティの多くの方にご来場いただき、活発な意見交換のもと、盛況なまま幕を閉じた。長くシアトルの社会変化をキャッチし、現地でご活躍する諸先輩方と交流ができたことは、世界を目指そうとする自分にとって、大変嬉しいものだった。


In the program, the event was held in collaboration with the "Jungle City" in the Seattle media. Participants themselves the current activities and talk sessions to proceed description to talk in Japan, were also made introduction of the goods and services. The event had you coming to many people of Japanese community. Source of lively exchange of views, we were able to finish remains success.Long to catch the social changes of Seattle, I was able to interact with seniors who are active in the field. It was those very happy because I want to know the world.


在节目中,事件举行了合作的“丛林之城”西雅图媒体。参与者自己当前的活动和谈话会议进行描述,讲的日本,也作了介绍的商品和服务。本次活动有你来日本社会的许多人。活泼的交换意见的来源,我们能够完成仍成功。长抓西雅图的社会变化,我能够与前辈谁是活跃在该领域进行交互。这是那些非常高兴,因为我想知道的世界。

















プログラムの最後にはブルーベリー農園や牡蠣の漁場、ワシントン大学をまわり、食の体験を通じ、現代社会と個人や消費の在り方を考える機会を得た。一泊の民宿体験では、人の気配が全くなくなるほどの環境に身を投じることができた。その夜には、参加者各々が自主的にプログラムへ参加できたことの意義や自身のこれからのことを振り返り(relrection)として話をした。他者を受け入れることを徹底して行ってきた私たちは、話を聞き入れる土壌が出来上がっていた。それは他者を通じて本来の自分が社会のリーダーとして芽吹き、成長し、成し遂げたいことを考えるようになっていた。


We are at the end of the program visited blueberry farms and oyster fishing grounds, the University of Washington. Through the experience of food, considering the nature of modern society and the individuals and consumption. In one night of the inn experience, I was able to experience a completely disappear environment people of the sign. On that night, we were talking about the significance of that participants each was able to participate in the voluntary program. In addition, it was the story as a look back on things from this of itself (relrection). We were able to soil to grant the story since has been carried out thoroughly to accept others. It is through the others, which means that they have grown as a leader of society. We had been to think that want to achieve their own.


我们在程序访问蓝莓农场和牡蛎渔场,华盛顿大学的结束。通过食品的经验,考虑到现代社会和个人消费的性质。在的酒店体验一晚,我能体验到完全消失的符号环境的人。那天晚上,我们都在谈论的每一个参与者能够参与志愿计划的重要意义。此外,它是故事本身(relrection)一回头的东西来源于此。我们能够从土壤已经进行了彻底地接受别人给予的故事。它是通过别人的,这意味着他们已经成长为社会的领导者。我们一直认为,想要实现自身。
























































この渡航記をまとめることに、多くの時間がかかった。シアトルでの教育プログラムを終えた今では、人生の師と思えるBrittと泉さんに強く感銘を受けたからだ。言葉では言い表すことのできない、大きな愛をお二人から学ぶことができた。人生の転機に訪れる人の成長には、計り知れない可能性がある。彼らはそこに焦点を当て、個々の気付きを与えてくれた。社会を変えていくためには自身が変わる必要がある。そのきっかけとなる気付きを得るためには、まず他者を徹底的に受け入れることが必要である。


I took a lot of time to put together this travel-mentioned. Now we have completed the education program in Seattle, it's from strongly impressed with Britt and Izumi-san that seems life mentor. That can not be express in words, it was possible to learn from two people a big love. The growth of visitors to the turning point of my life, there is a possibility that the immeasurable. They focused on there, gave me an individual notice. To go to change the society, it is necessary to own changes. In order to obtain a conditioned gas to be its trigger is firstly necessary to accept others thoroughly.


我花了很多时间放在一起这旅行提及。现在,我们已经完成了在西雅图的教育计划,这是从较深的印象布里特和泉,似乎生活的良师益友。这不能用言语表达,有可能从两个人的大爱学习。游客到转折点我人生的成长,有可能是无法估量的。他们集中在那里,给了我一个单独的通知。去改变社会,这是对自己的变化有必要的。为了得到一个调节气体是其触发是首先必要彻底接受他人。



































「食と農がこれから大きく社会を変えていくことになる」。当初、私は彼らの意図をプログラム中で感じることができずにいた。しかし、参加者がチームとして成長していく姿に自身が助長され変化をもたらした。それは次第に大きな流れとなり、内面の全てを巻き込み、次世代のリーダーたる自覚を持たせてくれた。そして生活の場、変革を起こす大地、東北へと私自身に目標を返してくれた。


"It is a food and agriculture going to change the future big society". Initially, I had to not be able to feel their intent in the program. However, it is promoted its own to figure which participants grow as a team I brought a change. It gradually becomes a large flow, to involve all of the inner surface, and let me have a consciousness of the next generation of leaders. And I thought to try to cherish the Tohoku region that cause is a place of my life change.


“这是一个粮食和农业将改变未来的大社会”。起初,我不能够感受到他们的意图在程序中。然而,提升了自己的推测,与会者成长为一个团队我带来了一个变化。它逐渐成为一个流量大,涉及到所有的内表面,并让我有下一代领导人的意识。而且我认为,试图珍惜东北地区,导致一个地方我的生活改变。


























土を耕し、種を植え、雑草を抜き取り、収穫をする。人類が農耕をはじめてから続くこの一連の流れは、現代社会においても人生の歩みにおいても、変わることはない。私たちはこの理解を経て、個々に歩みを進めて行く。このプログラムで私たち自身の変化が、社会を変える可能性があることを実感した。だからこそ私たちが変革の当事者として、改革を実行していこうと心に決めている。この内面の実りこそが、このプログラムの成果物であった。皆がシアトルで得た大きな成長と感謝、そして奥底にある大きな愛。その恩を胸に、私たちは歩みを進める。その大きな愛に、応えていくためにも。
_6月6日から19日まで


People are plowing the soil, planting the seeds, to pull out the weeds, the harvest. It is a series of operations that follow from the beginning of the human race is farming. It even also walks of life in modern society, and does not change. We went through this understanding, we proceed with individual to walk. We change in itself this program has realized that there is a possibility to change the society. So, we have decided to mind If you do reform as a party. What fruitful of this inner surface, it was a product of this program. Everyone was thanks to strong growth in Seattle, and you understand the great love in the deep. We are feeling the favor to them, promote the history. Also for us to go in response to the big love.
_From June 6 to the 19th


人们翻耕土壤,种植的种子,拔出杂草,收获。它是一系列从人类开始按照务农操作。它甚至还各行各业在现代社会,并且不会改变。我们通过这种认识去了,我们继续单独行走。我们改变本身这个程序已经意识到,有可能改变社会。所以,我们决定不介意你做的改革作为一个政党。什么这个硕果累累的内表面的,它是这一计划的产物。每个人都得益于在西雅图的强劲长,以及你了解在深的大爱。我们都感到青睐他们,推动历史。也为我们去应对大爱。
_從6月6日到19日













シアトル渡航を終えて_2015.6.19_vol.1

自身にとってアメリカ西海岸の旅は、約2週間というここ数年では比較的長いものだった。食と農のリーダーを育成するというプログラムへの参加は、嬉しくもあるが、長期の団体行動に不安を抱く部分もあった。それは会社の責任者として自分の感覚に従い、舵を切ってきた自負があるからだ。そのような期間が長くなったせいか、大所帯で過ごす期間を慮る自分がいた。しかしだからこそ、このプログラムに参加し、未知の自分を見つけることの必要性を感じていた。出発の成田空港では、「はじめまして」となる参加者の皆と顔を合わせた。私がこれまでに経験したことのない旅がはじまろうとしていた。


Finish Seattle voyage_2015.6.19_vol.1

About two weeks in the United States west coast of the journey for me, was relatively long in the last few years. I was delighted to be able to participate in the program to nurture a leader of food and agriculture. But I felt uneasy to long-term collective action. It is in accordance with their own sense as a manager of the company, because has been determined by one person. I for such period is longer, I was worried about the period of time to spend at all. But why, I participated in this program, I felt the need to find an unknown myself. I first met with people of the participants at Narita Airport of departure. I began the journey never ever experienced.


西雅圖旅遊結束_2015.6.19_vol.1

大約兩個星期的旅程對我的美國西海岸,是比較長的,在過去的幾年裡。我很高興能夠參與到該計劃培育糧食和農業的領導者。但我感到不安長期的集體行動。它是按照自己的意識作為公司的管理者,因為已經由一個人決定的。我對這樣的週期較長,我擔心時間花費在所有的時期。可是為什麼,我參加了這一方案,我覺得有必要找一個未知的自己。我第一次會見了與會的出發成田機場的人。我開始的旅程從來沒有經歷過的。


























成田からおおよそ7時間で到着するシアトル。天候に恵まれ、青い空が広がる港町は開放感に溢れ、時差ボケの頭でもすぐにプログラムへと参加することができた。iLEAPまでの公園では多くの人が子供や動物たちと戯れている。団体の主催であるBrittと泉さん夫妻やスタッフの恵さん。私たち参加者11名は多くの方に迎えられ、いよいよのシアトル生活が開始した。


Seattle to arrive at approximately 7 hours from Narita. Blessed with weather, the port city where the blue sky spread was full of open feeling. We were able to participate and to immediately program also at the beginning of jet lag. In the park until iLEAP a lot of people are playing with children and animals. We met a group of organizers Britt and Izumi-san and the staff of the Kei-san. Our participants 11 people are greeted by many people, living in Seattle has started finally.


西雅圖,從成田機場到達約7小時。得天獨厚擁有氣候,港口城市,蔚藍的天空蔓延充滿了開放感。我們能夠參與並立即還以編程時差的開始。在公園裡,直到iLEAP很多人都在玩兒童和動物。我遇到了Britt和泉惠和組織的工作人員發起的。我們的學員11人被很多人打招呼,住在西雅圖已經開始最後。




















この時期のシアトルは陽が長い。日没は夜の9時であるほどだ。それにかまけた私は、プログラム終了後はシアトル中心市街地のダウンタウンへと繰り出した。この街にはマイクロソフト、アマゾン、スターバックス、ボーイングがある。大企業が名を連ねる街。一方ストリートでは、ヒッピーカルチャーにあるよう、アメリカ西海岸の自由を感じ取ることができた。全体的に生活時間はゆったりとしているが、そこには土地に根差した文化があるように思えた。


This time of Seattle sun long. Sunset's about a 9 o'clock at night. After the end of the program I was feeding into downtown Seattle center city. In this town there is Microsoft, Amazon, Starbucks, Boeing. City that large companies enter one's name. On the other hand in the street, so that it is in the hippie culture, I was able to feel the freedom of the American West Coast. Overall life time are spacious, but it seemed to be a culture rooted in the land there.


這次西雅圖太陽長。日落的大約9點鐘的夜晚。該方案我送入西雅圖市中心的中心城市結束後。在這個小鎮有微軟,亞馬遜,星巴克,波音公司。城市,大型企業進入一個人的名字。就在街上另一方面,使其在嬉皮文化,我能感受到美國西海岸的自由。整體續航時間很釐函っ它似乎是植根於那裡的土地文化。









































快晴が続き、一足先にヴァカンスシーズンに入ったようだと皆が言う。湿気なくカラッとした街は歩きやすく、治安の良さもあり、平日の夜でも賑わいがあった。散策を続けると、西海岸のモノづくりの現場や醸造業界の新しいコンセプトを体験することができた。彼らは業界の常識に捕らわれることなく、個人の持つ文化を存分に発揮していた。ダイナミックな工業と繊細な商品の融合や、よりよく商品を体験するための生活の仕方の提案。どれも「食」を通じた豊かさを提案したもので、エッジが利いていて、かつ、楽しめるものであった。


Sunny continued, everyone says that it seems to have entered a little earlier in Vacances season. Moisture comfortable town, not easy to walk, there was a bustle even weekday night.. Continuing the walk, we were able to experience a new concept in the field and the brewing industry in the manufacturing of the West Coast. They can not be bound to the common sense of the industry, a culture that has the individual had been fully demonstrated. Fusion of dynamic industrial and delicate commodity. Proposal of way of life for you to experience a better commodity. Which is also something that has proposed a richness through the "food". They have nice edge, and was intended to enjoy.


陽光明媚的繼續,大家都說它似乎已經進入了假期季節跳躍前進。防潮舒適鎮,不容易走,有一個熱鬧甚至平日的夜晚。繼續走,我們能夠體驗到在該領域的新概念和釀造業在西海岸的製造。他們不能被綁定到該行業的常識,有個人已經充分展示文化。融合活力的工業和微妙的商品。的生活方式建議你來體驗更好的商品。這也是通過“食品”提出了一些豐富。他們有很好的優勢,並打算享受。












































iLEAPのプログラムは座学と外部視察の二つで構成されていた。前者では外部講師を招く場合と参加者全員で個々の内面を見つめ直すというものだ。後者は庭園や農場、スーパー、レストランが紹介され、アメリカの抱える社会問題をそれぞれの環境、教育、政治的立場から解決に向かわせていた。だからこそ、どれも政府の補助金や寄付により財政面が支えられており、善意による金銭の流れが社会構造を正すものとなっていた。


iLEAP program was composed of two lectures and external inspection. The thing that reconsider the individual of the inner surface in all participants as if you invite an external lecturer in the former. Gardens and farms in the external inspection, supermarkets, restaurants are introduced, the United States of facing social problems each of the environment, education, had directs the resolution from the political standpoint. That's why, none has been financially is supported by government subsidies and donations, it had been assumed that the money flow by good intentions is correct the social structure.


iLEAP方案由兩個講座和外部檢查。該重新考慮內表面的個體所有參與者,如果你邀請前外部講師的事情。花園和農場的外部檢查,超市,餐館都推出了面對社會問題的每一個環境,教育的,美國的,有引導從政治的角度來看的分辨率。這就是為什麼,沒有被財政支持的政府補貼和捐贈,它已被假定由好心的錢流是正確的社會結構。












































そこにはシアトルを代表する大資本の支えもあり、市民や企業を巻き込み、大きなうねりとなって街の社会構造に変革をもたらそうとしていた。また、海も山もある食材豊富な土地だからこそ、地域(local)であることを大切にし、将来持続可能(sustainable)な取り組みを促すことができる社会の空気が醸成されていた。これこそがシアトル、ワシントン州の最大の特徴であり、次世代の社会構造を考える鍵となるものであった。


There is also support for the large capital to represent Seattle, and to involve citizens and companies, and were trying to bring about the transformation of the social structure of Seattle to become a big swell. In addition, sea precisely because also a mountain also ingredients rich land, and to cherish that it is a "local", social air that can promote the future "sustainable" efforts had been building. This is what Seattle is the greatest feature of Washington, it was intended to be the key to think about the social structure of the next generation.


酒店還為大量的資本來代表西雅圖支持,並讓公民和公司,並試圖把有關西雅圖的社會結構的轉型,成為一個大的膨脹。此外,海正因為山也食材豐富的土地也珍惜它是一個區域(local),社會空氣,可以促進未來的可持續發展(sustainable)行動已經建設。這是西雅圖是華盛頓最大的特點,它的目的是考慮下一代的社會結構的關鍵。




















Seattle Voyage_vol.2へ続く
Continues to Seattle Voyage_vol.2
繼續Seattle Voyage_vol.2


シアトル渡航について_2015.06.06

日本の今、食と農、そして新しい働き方、生き方について考える「食と農のソーシャル・イノベーション」。このようなワクワクする活動を展開中の起業家10人、グローバルに活躍するリーダーを集めて教育を行うというプログラムに参加するため、シアトルへと向かいます。来たるべき未来を見据え、地方の伝統産業は何をすべきなのか。同じ時代に生き、次世代へと方向を打ち出した人たちは、何を見ているのか。その答えのひとつがシアトルにあると思います。この経験は自分を新たなステージへと押し上げ、目指す場所へ導くものとなるでしょう。人生の様々な出逢い素直に、新たな旅に出る心意気でアメリカ西海岸の文化に触れてきたいと思います。


About Seattle voyage_2015.06.06

Of this time travel, in order to participate in the internship program to foster global human resources, it will head to Seattle. The anticipation of the coming age, whether such should be what local traditional industries. To live in the same era, who announced a direction to the next generation, what you're seeing. I think one of the answers is in Seattle. This experience pushed me to a new stage, it will be a thing that leads me to where I aim. I would like to have touched on the American West Coast culture.


西雅圖旅遊_2015.06.06
 
這一次的旅行,為了參加教育方案,以促進全球的人力資源,將前往西雅圖即將到來的時代期待,無論這種應該是什麼地方傳統產業。生活在同一個時代公佈了方向給下一代你看到了什麼我認為,答案之一在西雅圖。這方面的經驗把我推到一個新的階段這將是導致的地方,我的目標的事情我想已經觸及美國西海岸文化。












iLEAP x Junglecity 食と農のソーシャル・イノベーション


| 1/7PAGES | >>

HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com