井上景三_営業


粋な職業人。

「飄々と職をこなす男」それが彼の第一印象だった。私が年端もいかないときからヤマモの営業として務め上げ、現在も多くのファンを抱える。彼は名実共に最も実積ある営業職となった。「地元を歩いている時も『あ、ヤマモさん!』と声を掛けられる時がある」と言う彼は、もはや社の看板の域に達している。口数が多いほうとは云えないかもしれないが、ゆえに話に聴き入る場が多い。彼は雰囲気という言葉に留められないほど、オーラを発するときがあるのだ。
古くから続く地域食というものは、街の大衆食堂にこそあるのだと思う。大切な地域労働者の胃袋を安価で気軽、かつ安定して満たしてきたものは、それだからこそ次世代に紡がれていく。そういった粋な心意気の連続で地域性・地域食は成り立ってきたはずだ。私は弊社ヤマモの地域理念を含め、そこに最大限の敬意を表するべきだと思う。そしてそこには、地域の文化を伝える粋な職業人が居たはずだ。彼はヤマモに居ながら、その正統派の血脈を地でいく男なのだと思う。
少々大袈裟かもしれないが、彼は土地に根付く人々の心理を知っているのかもしれない。「井上さんが行くとモノが売れる、お客の気持ちを分かってる」と他の営業が口々を揃えて言う。この土地に生き練度を増した職人は、地域を支え時代を超し、このようなかたちで存在していくのだろう。


Keizo Inoue_Sales Manager

Stylish occupation man.

“Calm” is the first impression that I had towards Keizo Inoue, Sales Manager of Yamamo. Since I was a child, he has been working for Yamamo and has many fans. He is the person of proven worth. “People call me Mr.Yamamo when I was in town.” Said Inoue. He is Yamamo’s human billboard. Listening is the way he communicates. Words are too limited to describe his atmosphere.
I think local food remains “doughnut factory”. It has been filling workers’ stomach with cheap and casual food. That is the reason why local food is taken over from generation to generation. Localness and food should be respected because there are always professionals that loved by the community. Inoue is the man in Yamamo.
This sounds may too much, but he seems to know local mind. Coworkers says “People buy things when Inoue goes.” The craftsman born and grow up in this land exists and supports local meal at dining table.  


井上景三_營業

漂亮的職業人。

「輕飄飄地處理工作的男人」那個是他的第一印象。我也不從去時開始作為Yamamo的營業擔任提高年齡,現在也僱傭多的愛好者。他成為了名實都最有實際面積的營業工作。奔走時在本地『啊,也Yamamo先生!和』能打時招呼存在」的他,已經達到著社的招牌的階段。說不定與話語的數量多的一方雲不得,不過,所以對話聽進入的場多。他不被氣氛這個言詞留下的那樣,發生時光環有。
我想從以前繼續的地域食,正是街的大眾餐廳有。廉價穩定滿足東西,是正因為那個被下一代紡的重要的地域工人的胃心情輕,且。以那樣的漂亮的氣質的連續地域性·地域食應該成立。我想我應該包含敝社Yamamo的地域理念,向那裡表示最大限度的敬意。並且傳達地域的文化的漂亮的職業人應該在那裡。他坐在家裡,與在地去男人想為Yamamo那個正統派的血脈。
稍稍說不定誇大,不過,他說不定知道在土地生根的人們的心理。「井上先生去的話明白東西暢銷,客人的心情」和其他的營業弄齊每個口叫。生活於這個土地裡�・加練每次的手藝人,支撐地域越過時代,這個那樣以中們存在吧。





佐藤清隆_蔵人


“現役”の職人。

彼こそヤマモ最古参の蔵人、いわゆる“杜氏”である。私自身も“つくり”に重点を置くからこそ、彼とは親父と息子ほどの歳の差はあれど、意見交換を続けてこれた。
彼は豊富な技術と経験がありながら、新しい物事に柔軟に対応できる人だ。私が例年の仕込で新たに仕掛ける技術にも返事ひとつで快諾する。そして何より“つくり”に真摯な人なのだ。故に私がいなされる場面もあった。ゆっくりと時間のかかる発酵熟成だからこそ“つくり”の過程は、蔵人自身が正直でなければならない。多くの歳月を費やした日本の発酵技術には、つくり手の主義主張や議論が必要以上に伴うものなのだ。それと同時に、彼はムードメーカーでもある。元来の寡黙な職人の在り方とは異なる。「自分が教わったころは先輩方が怖かった」と云う彼は、培ったものの大切さと若年者の間に立ち、未来に紡いでいくことの大切さを諭しているように思えた。
私はおこがましくも、最古参の蔵人が現在の環境で更なる未来を描けるような場所にしたいと思っている。新たな風を嬉々として受け入れる彼は、そういった素養を誰よりも持ち合わせ、だからこそ私たちの職人として続けてこれたのだ。彼の過去の多大なる功績を讃える一方で、それを更に変革できる職人として、大いに期待したいと思う。そう、彼はいつも“現役”が似合う男なのだ。


Kiyotaka Sato_Chief Brewer

The man of "active service." 

He is a craftsman of a Yamamo senior and is a "chief brewer." I think that it is important for "brewing." Therefore, I and he can continue exchange of opinions, even if there is a difference of the age like parent and child. 
He has abundant technology and experience. And he can respond to things new flexibly. Every year, I try new technology on brewing. He consents it readily. And he is a person who brews seriously. Therefore, I might be scolded by him. The craftsman of the process of "brewing" itself must be honest just because it is fermentation maturing which takes time slowly. Fermentation technology of Japan progressed over much time. A craftsman's ideas and principles and the argument with a friend are important more than needed. Simultaneously with it, he is a mood maker. It differs from an old silent craftsman's appearance. I explain new technology to him and brew. He works by respecting my idea then. He said, "Seniors were fearful when I learned brewing." He understands a youth's uneasy feeling to be the importance of experiencing. He seemed to have admonished the importance of continuing with future. 
I would like to make an old craftsman into the place which can consider the further future in the present environment. Since he is pleased with it and accepts new work, he has such knowledge rather than whom. And he was continued as our craftsman until now. We praise the distinguished services in which his past is great. On the other hand, we expect him as a craftsman who can reform it simultaneously. Yes, "active service" always suits him. 


佐藤清隆_藏人

"現役"的男人。

他是是Yamamo最老手的手藝人"杜氏"。我對"釀造"考慮重要。因此我和他存在父母和子女那樣的歲的差,也能持續意見交換。
他豐富的有技術和經驗。並且他能柔軟地對應為新的事物。每年,我用釀造試驗新的技術。他欣然允諾那個。並且他是認真地釀造的人。所以我被他發火。是慢慢地正因為花費時間的發酵成熟必須"釀造"的過程,手藝人自己老實。日本的發酵技術在很多的時間關於進步了。因此與手藝人的主義主張和朋友的議論向(到)必要以上重要。與此同時,他是氣氛製造廠。與從前沉默寡言的手藝人的情況有差異。我對他說明新的技術釀造。那個時他尊重我的考慮,工作。他稱為了「我學釀造的時候,先輩們可怕」。他理解著經驗的最後一幕村落青年者的不安的心情。他認為告戒著未來繼續重要。
我想舊的手藝人在在現在環境能考慮更到未來的地方穿(戴)。他對新的工作感到高興因為接受,比誰都擁有著那樣的素養。並且他作為我們的手藝人到現在繼續能來了。我們稱讚他的過去很大的功績。另一方面我們,他作為同時變革那個能的手藝人期待著。那樣,他總是和"現役"相配。






高橋嘉彦_社長


腹を据えた戦士。

高橋嘉彦、彼は“ヤマモ味噌醤油醸造元 / 高茂合名会社”の社長であり、僕の父である。いつからか父親と呼ぶことは無くなり、終日「社長」と呼んでいる。
本当の彼は言葉数が多くはない。いやいや、近所の人や、たわいもない会話に於いては、無尽蔵に話していると思う。それこそ、その言葉が何処から出たのか解らないほど流暢に。しかし、やはり違うのだ。社長たるもの、やはり腹に何かを据えている。未熟な僕には伺い知ることができないほどに。だからこそ、初見では八方美人に映る彼は、実は、場を繕い相手方のことしか言葉にしていないのだと気付く。そして腹に据えたことは、察するものだと教えられる。そう、「察する」という概念は、ここに帰ってきてから“社長”に教えられたものだ。そしてそれは、かけがえの無いものだと信じている。
僕はいつからか社長を尊敬している。それは大切な人の大切な場での立ち居振る舞いや所作に、今更に驚くことがあり、何より“優しい人”として、とてつもなく大きいと思うからだ。社長として過ごしてきた時間は平坦ではない。幼い頃から、そのことは薄々感じてきた。しかし、彼が弱音を吐いたところを一度たりとも見たことが無い。そして、これからも見ることはないだろう。家族という眼鏡を外してみても、彼には度量や器の大きさを感じる。彼は打たれ強く、何が何でも皆を護ってくれるのだ。
家族であることの気恥ずかしさ、それは善くも悪くも付き纏うのだが、家族と仕事をすることは、尚更一筋縄ではいかないもの。だからこそ、敢えてこの機会に「彼の喜ぶ顔が見たくて仕事をしている」、なんて今までの文脈からしたら「察しろ」なんて言いたいところだが、穿った勇気を振り絞って、毅然とした態度で言っておく。僕は「社長と一緒に仕事ができて、シアワセだ!」、と。


Yoshihiko Takahashi_Representative Director

Determined soldier.

He is a Representative Director of "Yamamo miso soy sauce brewing former / TAKAMO & Corp.", and he is my father. After it takes over one's family's business, I am calling him not father but a president.
He true doesn't have a lot of numbers of words. I think that he is speaking unlimitedly in neighbors and the daily conversations. Only it is fluent not to understand where the word to was derived. However, it is still different. The president has still installed something in the belly. So that it visits for me immature and it is not possible to know. He seems by diplomatic person in seeing for the first time. Actually, we notice that he is making remarks on the other party sympathizing. And, it is taught that having placed in the belly is what it guesses. The concept "Guess" is the one taught to "President" after it comes back here so. And, I believe that it is very important.
I respect the president. It is because the geniality is felt in the deportment and conduct in an important place of an important person. I think the above all extraordinary and largeness as "Gentle person". The time that he has spent as a president is not smooth. I have vaguely felt that in the childhood. However, I have not thought his whine to be worth once. And, it will not see in the future. Even if glasses of family are removed, I feel the size of mensural and the container in him. He is stricken and defends everyone by all means strongly.
Ashamed of the family it is shadowed also even of where. It is more difficult to work with the family. I dare to say, "I am working to see the face with which he is pleased" at this chance. "Guess" will be said by someone if it does from the current context. However, I strain courage and say. "I want to work with the president. "




社長の書斎は、いつも書類だらけ。それにげんなりする自分にも慣れたが、今となっては社長らしい雰囲気だと思える。そしてこの空気感は誰かにつくれるものではない。ここが社長そのもの、今はそう思い、どこかに“格好良さ”さえ感じている。絶対に意図していないであろうセロハンテープの朱色の台座や広告の裏紙を切ってつくったメモ紙の束、茶葉の缶を利用したペンケース、色褪せた座布団と座椅子。彼は淡いベージュ色の襖を背にし、ランニング姿に老眼鏡を掛け直し、毎日ここで売り上げを数えている。男の書斎とは、そういうものなのかもしれない。

Representative Director's study is only the usual document. I think that atmosphere who seems to be the president now though it became accustomed to it fed up with it. And, this air feeling can not be made for someone. It is thought that here is a president very thing and I feel "Suitable good" somewhere. Bunch of the memo paper that cuts the backing sheet of the plinth and the advertisement of the vermilion of the Scotch tape and makes it and the pen case using the can of the tea leaf, and square cushion and seat chairs of which it fades away. He tries to multiply spectacles for the aged by the undergarment appearance against the backdrop of the light beige color sliding door, and counts sales here every day. Man's study is as such. Here is a really wonderful place when thinking like this.

| 1/1PAGES |

HOMEPAGE
ONLINE STORE
SELECT SHOP
FEATURE
HAPPY EVENT
WORLD VOYAGE
SUSTAINABLE FIELD
GARDEN OPENING PROJECT
RECRUIT

CONTENTS

ABOUT ME


© yamamo1867.com